*

■歌う保険マン・南部なおとが元宝塚の紫吹淳とデュエット曲を公開レコーディング。作詞は湯川れい子さん

公開日: : ニュース ,

シンガー・ソングライターと生命保険営業職の二足のわらじを履き、「歌う保険マン」の異名をとる南部なおと(66)が、元宝塚歌劇団トップスターの女優・紫吹淳(48)とデュエット曲「この愛よ、いつまでも」(詞・湯川れい子、曲・南部直登)を徳間ジャパンコミュニケーションズから3月1日に発売することになり6日、東京・芝公園のサウンドシティ・アネックスT1スタジオで公開レコーディングが行われた。

南部&紫吹(その1)

軽快なリズムに乗った大人のラブソングで、レコーディングではときおりお互いに目と目を見つめ合いながら歌った南部は「紫吹さんとデュエットできるなんて、幸せで胸がいっぱいです。とても魅力的な方なので、歌いながら顔を合わせると顔が赤くなって、ドキドキしてしまって、歌詞を忘れそうになりました。うれしくて、ますます若返りそうです(笑)」。

紫吹は「このような種類の曲は初めてでしたので、私に歌えるのかしらとちょっと心配していましたが、素晴らしい楽曲と湯川先生が書いてくださった歌詞に魅了されまして、これを歌うことによってこんな(歌の世界に出てくるような)すてきな方が現れたらいいなという願いを込めて歌わせていただきました。この曲がたくさんの方に愛されればいいなと思います。南部さんとはこれまでに何度かお目にかかっていますが、いつも気遣いの素晴らしい方でして、今日も逆チョコをいただきました。バレンタインデーには倍にしてお返ししなくては…」。

南部&紫吹(その2)

 今回のデュエットソングが誕生したのは、昨年、南部がFM番組で作詞家の湯川れい子さんと共演したのがきっかけで、「打ち上げの席で、いま新曲を考えているので、ぜひ湯川先生に作詞をお願いしたいというお話をさせていただいたところ、後日、『あなた、ラブソングよ。デュエットをやりなさい』と言われ、ミリオンセラーを何曲も書いていらっしゃる先生の言うことならそれに従おうと思いまして、先生が書いてくださったデュエットの歌詞に私が曲をつけさせていただきました」。

南部&紫吹(その4)

 そして、「誰とデュエットしたらいいかなと考えていたところ、私は昔から紫吹淳さんの大ファンでしたので、すぐに紫吹さんの顔が浮かんだのですが、僕なんかとデュエットしてくれるわけはないなと思っていました。ところが私の知人が紫吹さんと知り合いで、声をかけていただいたら紫吹さんが快く引き受けてくださったので、もう万々歳ということになったわけです」。

 現在、紫吹はバレンタインのチョコをプレゼントする意中の男性はいないそうで、「そうなったらいいなと妄想で歌っていますので、それが真実になったらいいですね。これを歌ったらいい人と出会える、そんな恋が叶う歌になったらうれしいです」と話していた。

南部&紫吹(その5)

 作詞した湯川さんからは「今の時代にぴったりの生涯最高の記念曲。そして幸せの金字塔になるかも知れないのです。私はそのつもりで創っています。どうぞぜひ!あなたも今夜から歌ってみて下さい。本当に良い歌です」というメッセージを寄せている。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
水森かおり(その1)
■水森かおりが亡き恩人・徳間康快元社長の墓前に「NHK紅白歌合戦」15年連続15回目の出場を報告

今年でデビュー23年目を迎え、最新シングル「早鞆ノ瀬戸」(徳間ジャパン

伊藤美裕(その3)
■歌謡曲の歌姫・伊藤美裕が東京では2017年を締めくくる冬のワンマンライブ

「コロムビア創立100周年記念歌謡曲アーティスト」として2011年4月

原田悠里(その3)
■原田悠里が1年に一度のコンサート。歌謡浪曲の師匠・二葉百合子と7年ぶりの共演で、二葉の十八番「湯島の白梅」を熱演・熱唱

今年でデビュー36年目を迎え、新曲「佐原雨情」(発売・キングレコード)

舟木一夫(その2)
■舟木一夫が新橋演舞場12月公演のゲネプロ公開。尾上松也、里見浩太朗ら豪華キャストで12月2日から上演

今年で芸能生活55周年を迎え、1月の新橋演舞場でのコンサートからスター

中村雅俊(その3)
■中村雅俊が東京・中野サンプラザホールでコンサート総本数1500回突破記念公演。ステージ上で鏡割りも

通算54枚目となる両A面の最新シングル「どこへ時が流れても/まだ僕にで

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる