*

■走裕介が東京では1年7カ月ぶりのソロコンサート。この日のために猛特訓した長台詞「外郎売り」に初挑戦

公開日: : ニュース

第9弾シングル「北の傷歌(しょうか)」(作詞・石原信一、作曲&編曲・蔦将包)を日本コロムビアから3月23日に発売し、オリコン演歌・歌謡曲ランキング初登場7位を獲得して好スタートを切った演歌歌手・走裕介(はしり・ゆうすけ、42)が11日、東京・文京区の文京シビックホールで「走裕介 RUN RUNコンサート」と銘打ったコンサートを開いた。

走-裕介(その1)

今度の新曲は、蔦将包さんが「北国街道・日本海」以来、3作ぶりに曲を手がけたフォークタッチの歌謡演歌で、心の傷を癒やしに北へ旅する男の哀愁を歌った作品。2月14日には地元・北海道網走市で開催された「第51回あばしりオホーツク流氷まつり」にゲスト参加し、そこでも歌った新曲が人気上昇中だ。

 開演前、「東京でこういった大きなコンサートを開くのは久しぶりですので、ドキドキ感満載ですね。出し物も初めてのものが多いからですが、それだけ『やるぞー!』という気持ちも大きいですね」と、緊張しながらも意欲十分。

走-裕介(その2)

今回の東京都内でのソロコンサートは1年7カ月ぶりで、370席の会場は、デビュー当時からの熱烈なファンらで満席の中、デビュー曲「流氷の駅」をはじめ、「北国街道・日本海」「呼人駅」「北国フェリー」「昭和縄のれん」、新曲「北の傷歌」、それに尾崎豊のカバー曲「I LOVE YOU」、師匠・船村徹さんの大ヒットメドレーから「別れの一本杉」「矢切の渡し」「風雪ながれ旅」など、アンコールを含めて全15曲を熱唱。

 その中で、この日のために特訓してきた「外郎売り」と呼ばれるアナウンサーなどの訓練でも使われる滑舌の訓練のための長台詞に初挑戦。

走-裕介(その3)

「寸劇『外郎売りのせりふ』」と題して、袴姿で、身振り手振りで演じながら同長台詞を約10分間にわたって披露し、客席を驚かせ、感動させた。

 また、同公演の中で文京区防災課の協力による「走裕介と学ぶ防災教室」を開催。そのステージ上で走から同公演の売り上げの一部が「文京区社会福祉士協議会」に寄付され、文京区長・成澤廣修さんがあいさつした。

 東京では久しぶりのコンサートだったが、「これからもいろんな土地に行って一人でも多くの方に私の歌を聴いていただきたいですし、機会があったらまた『外郎売り』も披露させていただきたいですね」と笑顔を見せた。

 今回、「外郎売り」に挑戦したのは「以前から応援してくださっている元舞台女優の方から『他人がやってないことをやったほうがいいよ』と言われ、こういう歌舞伎の十八番で『外郎売り』があるということを知りまして、挑戦させていただくことにしました。ただ、最初、台詞を見た瞬間、『これは絶対覚えられないな』と思いましたが、1ページ目を覚えると、次も覚えようとやっていくうちに1カ月半ぐらいかかりました。振りもご指導いただきました。台詞として抑揚をつけたり、手の動かし方が難しかったですが、挑戦しがいがありました」と話していた。

7月6日に東京・中野サンプラザホールで開催される「コロムビアうたまつり2016」に出演。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
北川裕二(その3)
■デビュー35周年の北川裕二が新曲「やめとくれ!!」カラオケ決勝大会。福島県の大波利春さんが優勝

 デビュー35周年を迎えた演歌歌手・北川裕二(65)が、キングレコード

バブリーたまみ(その3)
■ママ界のエンターテイナー、バブリーたまみがデビューCD発売前に親子たち50人の前でお披露目ライブ

いまインスタで大人気のママ界のエンターテイナー、バブリーたまみ(30)

ビリー・バンバン(その1)
■兄弟デュオ、ビリー・バンバンが50周年記念コンサート。浜口庫之助夫人・真弓さん、せんだみつお、石坂浩二らがお祝いに

1969年、大ヒット曲「白いブランコ」でデビューして今年で50周年を迎

森山愛子(その3)
森山愛子が東京・深川不動堂で新曲「尾曳の渡し」ヒット祈願&フリーライブ。ご当地ソング第2弾

今年でデビュー16年目を迎える演歌歌手・森山愛子(34)が、5月8日に

北川裕二(その3)
■北川裕二がデビュー35周年記念ディナーショー。師匠の作曲家・弦哲也さんとデュエットも披露

21枚目の最新シングル「やめとくれ!!」(詩・かず翼、曲・弦哲也、発売

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる