*

■73歳の石塚ひろしと13歳の女子プロレスラー・あずみが共同で歌手デビュー発表会

公開日: : ニュース ,

昨年12月23日にキングレコードからシングル「越冬(ふゆ)の酒」(詞・峰崎林二郎、曲・四方章人)でデビューしていまマスコミ界で話題になっている新人演歌歌手・石塚ひろし(73)と、今年3月23日に同社から発売されたアルバム「STARDOM new generation」で歌手デビューした女子プロレス団体「スターダム」所属のプロレスラー・あずみ(13)の2人が7日、東京・文京区のキングレコード本社で共同デビュー発表会を開いた。

石塚&あずみ(その3)

同アルバム「STARDOM~」は、人気女子プロレスラーたちが所属している「スターダム」の最新テーマ曲&選手の歌を全15曲収録。その中であずみは、日本人選手9人で歌唱した「In Dream」で女子プロレスラーのメジャー歌手として最年少デビューを果たした。

 そんな異色の2人が同じ日に所属レコード会社を訪問することがわかり、それならばいいタイミングなので、新人歌手同士で共同デビュー発表会を開こうということになったもの。

石塚&あずみ(その1)

 この日、初対面した石塚は「13歳でこんなに過激なことをするのかと思うと驚きましたが、時代は変わったな、大和撫子も強いなと思いました」、あずみは「背が大きい人だな、73歳で歌手デビューするなんてすごいなと思いました」と、お互いの第一印象を語った。

 石塚は180㌢の長身で、作曲家・四方章人さんが発掘した個性的な声の満ち主。一方、あずみは負けず嫌いの闘争心と大人顔負けのマイク・パフォーマンスが得意だ。

 石塚は「58年間にわたって歌手になる夢を抱いてきましたので、デビューが決まったときは信じられなくて、感無量でした。新人歌手として、まずは新人賞をとりたいですし、レコード大賞、NHK紅白歌合戦という大きな目標に向かって頑張りたい」。

石塚&あずみ(その2)

 あずみは「プロレスの世界に入って歌手になるとは思ってもいなかったので、すごくびっくりしましたし、うれしかったです。最初はキッズファイターとしてやってきて、まだいろんな人と試合をしていないので、もっともっといろんな人と試合をして、強いプロレスラーになりたい」と話していた。

 この日のデビュー発表会の模様は、「ニコニコ生放送」で放送された。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
水森かおり(その1)
■水森かおりが亡き恩人・徳間康快元社長の墓前に「NHK紅白歌合戦」15年連続15回目の出場を報告

今年でデビュー23年目を迎え、最新シングル「早鞆ノ瀬戸」(徳間ジャパン

伊藤美裕(その3)
■歌謡曲の歌姫・伊藤美裕が東京では2017年を締めくくる冬のワンマンライブ

「コロムビア創立100周年記念歌謡曲アーティスト」として2011年4月

原田悠里(その3)
■原田悠里が1年に一度のコンサート。歌謡浪曲の師匠・二葉百合子と7年ぶりの共演で、二葉の十八番「湯島の白梅」を熱演・熱唱

今年でデビュー36年目を迎え、新曲「佐原雨情」(発売・キングレコード)

舟木一夫(その2)
■舟木一夫が新橋演舞場12月公演のゲネプロ公開。尾上松也、里見浩太朗ら豪華キャストで12月2日から上演

今年で芸能生活55周年を迎え、1月の新橋演舞場でのコンサートからスター

中村雅俊(その3)
■中村雅俊が東京・中野サンプラザホールでコンサート総本数1500回突破記念公演。ステージ上で鏡割りも

通算54枚目となる両A面の最新シングル「どこへ時が流れても/まだ僕にで

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる