*

キングレコード歌謡選手権全国決勝大会で川上真裕美さんがグランドチャンピオン受賞。角川博と水城なつみがゲスト出演

公開日: : ニュース ,

大手レコード会社のキングレコードが、カラオケ文化の普及と音楽文化の向上発展を目指して平成13年2月1日に開講して今年で15年目を迎えた「キングレコード歌謡文化アカデミー」(略称・KBA、会長・大澄雅人)が主催の「2015年キングレコード歌謡選手権 全国決勝大会」が25日、東京・港区のメルパルクホールで開かれた。

KBA決勝大会(その2)

今年で連続15回目を数える全国規模のカラオケ大会で、年齢別に若いコースから「プラチナコース」(45歳以下)、「ルビーコース」(46~57歳)、「エメラルドコース」(58~63歳)、「ダイヤモンドコース」(64~69歳)、「ゴールドコース」(70歳以上)の5部門に分かれ、全国の地区大会を勝ち抜いてきた全107人がこの日の決勝大会に臨んだ。

作曲家・山田年秋さん、同・四方章人さん、キングレコードの竹内涼ディレクターの3人が審査員を務める中、ゴールド(31人)、ダイヤモンド(26人)、エメラルド(21人)、ルビー(17人)、プラチナ(12人)の順に各コースの出場者たちが優勝を目指して自慢のノドを競い合った。

その結果、各部門での優勝者の中から選ばれる最高位のグランドチャンピオンには、プラチナコースで椎名佐千子の「早春慕情」を歌って優勝した音楽大学1年生の川上真裕美さん(19)=東京都在住=に決定。川上さんは「このKBAの大会は今年が6回目の出場で、昨年は準優勝をいただきましたが、今回初めて優勝できてすごくうれしいです。しかもグランドチャンピオンになれて大感激です。将来の夢は、歌手になることです」と満面の笑顔を見せていた。

KBA決勝大会(その1)

また、審査発表・表彰前にキングレコード所属の演歌歌手・角川博(61)と、同大会で2012年度のグランドチャンピオンに輝き、デビュー3年目を迎えた演歌歌手・水城なつみ(21)の2人がゲスト出演。

最初に水城が、デビュー曲「泣いてひとり旅」と新曲「曽々木海岸」の2曲を歌い、「3年前にこの大会でグランドチャンピオンをとらせていただいて、それをきっかけにデビューさせていただきました。私も3年ぶりにこのステージに立たせていただいて、あのころを思い出してすごく緊張しました」と話していた。

続いて角川が、新曲「蒼い糸」(五木ひろしプロデュース)をはじめ、「雨の函館」「伊豆の雨」、故・美空ひばりさんのものまねで「悲しい酒」など全8曲を熱唱。その中で「KBAの大会に全国から集まっていただき、今日は何人かの方が私の曲を歌ってくださいましたが、角川博も皆さまのお陰さまで40年目を迎えさせていただきました。音楽は音を楽しむものでして、音苦になってはだめです。歌は楽しみながら笑顔で歌ってください」と話していた。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
夜桜演歌まつり(その1)
■長良グループ主催「第20回夜桜演歌まつり」が東京・杉並区で開催。山川豊ら全11組が競演、全24曲を熱唱

毎年恒例の演歌の一大イベント「第二十回・長良グループ 夜桜演歌まつり~

山内惠介(その1)
■山内惠介が47都道府県コンサートツアーを4月11日の東京・中野サンプラザからスタート。公開リハーサルを

昨年は、「NHK紅白歌合戦」に4年連続出場を果たし、今年3月6日発売の

山川-豊(その3)
■山川豊が「三重テラス」来館者350万人達成記念ご愛顧感謝キャンペーンのコンシェルジュに就任

自身初となる故郷・三重県を舞台にした最新シングル「今日という日に感謝し

坂本冬美(その2)
■坂本冬美が51歳最後の日に恩師・猪俣公章さんの生誕80周年記念作品を全10曲熱唱。マルシアとデュエットも

最新シングル「熊野路へ」がロングヒット中で、3月30日に52歳の誕生日

辰巳ゆうと(その3)
■辰巳ゆうとが東京・赤羽会館で初のワンマンコンサート。600席のチケットはわずか1分で完売

「力いっぱい、演歌です!」をキャッチフレーズに昨年1月17日「下町純情

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる