*

■山川豊が7月25日を「山川の日」と制定し、チャレンジシリーズ第1弾として「ボルダリング」に初挑戦

公開日: : ニュース

デビュー35周年記念曲「再愛/蜃気楼の町から」(両A面シングル)=ユニバーサルミュージックから3月16日発売=が好セールス中の演歌歌手・山川豊(57)が25日、東京・四谷のエイペックスクライミングジムで「ボルダリング」に初挑戦した。

山川-豊(その1)

ボルダリングとは、フリークライミングの一種で、最低限の道具(シューズとチョーク)で岩や石を登るスポーツ。2020年の東京オリンピックで、スポーツクライミングの一種目として正式競技の候補にもなっているいま人気のスポーツだ。

 今年から8月11日が「山の日」として施行され、新しい国民の祝日として制定。7月7日は「川の日」で、その間の7月25日を「山川の日」と名付けた形だ。その山川は、演歌界でも屈指のスポーツマンとして知られているが、これまでボクシング、社交ダンスをプロ並みにこなし、それに続く新たなスポーツにチャレンジしようという企画として、「スポーツチャレンジシリーズ第1弾」と銘打ち、ボルダリングに挑戦することになったもの。

山川-豊(その2)

 この日、初めてボルダリングに挑んだ山川は、同ジムで決められた8級から2段までの10段階コースの中からまずは8級に挑戦。それは軽々とクリアし、次の7級も難なくクリア。そして、次の6級も見事クリアし、同ジムの指導員から「初心者でここまですぐにクリアできる人はあまりいません」と評価され、次の5級にも挑戦。

 ところが、さすがに難易度も急激に増してきたためか、1回目は失敗。続く2回目も失敗し、今度こそはと、少しインターバルをおいてから3度目に挑んだが、残念ながら5級をクリアすることはできなかった。

山川-豊(その3)

 悔しそうな顔を見せながら「『山川の日』というのは正式なものではありませんが、スポーツ好きな私としては、年に1回や2回は、いろんな競技にチャレンジしたいと思いまして、その第1回目としてボルダリングを初めてやらせていただきました。テレビなどで見ていると、簡単そうに登っていますが、実際にやってみると結構きついですね。人生と一緒で、大中小、いろんな山がありますが、それを乗り越えていかないといけない。これは歌にも通じるものがあります」。

 3月に発売した両A面シングル「再愛/蜃気楼の町から」のほうも好調で、「(山に例えると)やっと3合目ぐらいまできたかなという感じでしょうか。大きな目標に向かっていかなければいけないということで、今回、このボルダリングに挑戦させていただきました。今度は5合目を目指して、久しぶりに始めたキャンペーンにもさらに力を入れていきたいですね。この両A面の新曲は、お陰さまでどちらも調子がいいので、今年は年末の方も狙っていきたいと思っています」と意欲を燃やしていた。

山川-豊(その4)

 7月20日には、35周年記念曲である「再愛/蜃気楼の町から」を含むヒット曲全32曲収録の2枚組ベストアルバム「山川豊 35周年記念ベストアルバム」が発売。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
市川由紀乃(その4)
■市川由紀乃が川崎市の新城神社の「納涼盆踊り大会」にゲスト出演。25周年を祝う470個の提灯を見て大感激

デビュー25周年を迎え、最新シングル「うたかたの女」(発売・キングレコ

中村美律子(その2)
■中村美律子が新曲「弥太郎鴉」発売イベントで夏の風物詩・風鈴づくりに挑戦

86年に発売したデビュー曲「恋の肥後つばき」以来、70枚目となるニュー

氷川きよし(その6)

■氷川きよしがプロ野球「ヤクルト×広島戦」で始球式。新曲「勝負の花道」

最上川司(その2)
■最上川司が東京・烏森神社で新曲「司の冷たい肉そば音頭」ヒット祈願。自らプロデュースの「冷たい肉そば」を8月下旬に発売

山形県河北町出身の世界初のビジュアル系演歌歌手・最上川司(年齢非公表)

五木ひろし(その3)
■「歌謡ポップスチャンネル」が五木ひろしの大特集を4カ月連続で放送。五木の魅力を堪能できる大特集

WOWOWプラスが運営するCS放送「歌謡ポップスチャンネル」が、7月か

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる