*

■水森かおりが新潟・阿賀野市の「第13回ふるさとだしの風まつり」でミニコンサート。猛暑の中で全5曲熱唱

公開日: : ニュース

今年でデビュー21年目を迎え、新曲「越後水原」(発売・徳間ジャパンコミュニケーションズ)が大ヒット中の演歌歌手・水森かおり(42)が24日、同曲の舞台になっている新潟・阿賀野市の城ノ内野球場で開催された夏祭り「2016ふるさとだしの風まつり」にゲスト出演し、ミニコンサートを開いた。

水森かおり(その1)

今年で13回目を数える夏祭りで、民謡・神楽舞など地元団体による芸能発表をはじめ、プロレス試合、魚のつかみ取り、のど自慢大会、だんごまき、大民謡流しなど盛りだくさんのプログラムが組まれ、そこに同地を舞台にした新曲を発売し、「阿賀野市観光親善大使」(阿賀野市の第1号)を務める水森がゲスト歌手として招かれたもの。

 30度を超える炎天下の会場にもかかわらず1500人を超える地元ファンや観光客らが詰めかける中、「暑い中、皆さん、ありがとうございます。今日は、『ふるさとだしの風まつり』というすてきなステージにお招きいただきましてありがとうございます。『越後水原』という曲を歌わせていただいているご縁で、また阿賀野市におじゃまさせていただきました。私は『阿賀野市観光大使』の第一号でして、これからもしっかりと阿賀野市のPRに努めさせていただきます」と笑顔であいさつ。

水森かおり(その2)

 「かおりちゃーん!」という熱い声援も飛び交う中、「松島紀行」をはじめ、「島根恋旅」「五能線」「鳥取砂丘」、それに新曲「越後水原」の全5曲を熱唱。

 途中、阿賀野市長・田中清善さんが花束を持って駆けつけ、「水森かおりさんには、いつも阿賀野市をPRしていただいていますので、市民を代表して花束を贈呈させていただきます」とあいさつし、花束をプレゼント。「「新曲『越後水原』がいま大ヒットしていますが、今日の『のど自慢大会』でも、出場者15人中、7人の方が『越後水原』を歌われました。それは歌っている方が素晴らしいからです」と絶賛。

水森かおり(その3)

 また、同ミニコンサート前に行われた「のど自慢大会」(全15人出場)で入賞した人たちに水森がプレゼンターとしてトロフィーなどを手渡した。

 最後に「新曲が、お陰さまで大変ご好評をいただいていますが、これからも初心の気持ちで、発売したときの真っ白な気持ちで、白鳥にも届くように、今年、寒くなって来たら白鳥が『越後水原』を聴きに瓢湖に集まってくれるように、また阿賀野市がさらに盛り上がるように心を込めて歌っていきたいと思います。そして、年末に向けて『越後水原』で14回目の紅白を目指して頑張っていきますので、皆さんもぜひ応援してくださいね」と話していた。

水森かおり(その4)

 7月6日に「越後水原~特別盤~」を発売。初回限定盤は、「越後水原」のミュージックビデオと字幕入りカラオケを収録したDVD付セット。カップリング曲に「ふるさとほっこり村」(テレビ東京系のアニメ番組「ふるさと再生 日本の昔ばなし」オープニング曲)と「大糸線」の2曲を収録(新録)。通常盤のジャケットは、「ふるさと再生 日本の昔ばなし」の担当アニメ作家による水森かおり初のイラストのジャケットデザイン。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
氷川きよし(その2)
■氷川きよしが東京・池袋サンシャインシティで「勝負の花道」G,H.Iタイプ発売イベント

最新シングル「勝負の花道」が20万枚突破と大ヒット中の演歌歌手・氷川き

藤原-浩(その3)
■藤原浩がデビュー25周年記念リサイタル。ゲスト歌手の水田竜子、岩出和也とコラボも披露

1994年5月21日に師匠・遠藤実さんが作曲した「真情」でデビューして

オルリコ(その2)
■中国・内モンゴル出身のオルリコ が新曲発表会&バースデーライブ。 100人のファンとお祝いを

中国・内モンゴル出身、今年デビュー9年目を迎える女性歌手・オルリコ(3

原田悠里(その3)
■原田悠里が新曲「恋女房」カラオケコンテスト決勝大会。三重県の福井久富さんが優勝

今年でデビュー37年目を迎え、最新シングル「恋女房」(詞・木下龍太郎、

氷川きよし(その2)
■氷川きよしが銀座山野楽器本店でのクリスマスツリー点灯式にサプライズゲストで登場。初めての体験に大感激

最新シングル「勝負の花道」(発売・日本コロムビア)が20万枚突破とロン

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる