*

■歌手・米良美一が奇跡的な復活を遂げ、デビュー20周年記念ベストアルバムの曲を公開レコーディング

公開日: : ニュース

「もののけ姫」(映画「もののけ姫」主題歌)の大ヒットで知られるカウンターテナー歌手・米良美一(めら・よしかず、45)が2日、東京・文京区のキング関口台スタジオでCDデビュー20周年記念ベストアルバム「無言歌」(発売・キングレコード)の公開レコーディングを行った。

米良美一(その3)

これまで多才な音楽家として人気を博してきたが、2014年末にクモ膜下出血で倒れ、生死の境をさまよったが、奇跡的に回復し、音楽活動を再開。そして、今年のCDデビュー20周年の節目に約3年ぶりのリリースが決まり、キングレコードから4月5日に発売される。

 同CDは、デビュー盤「母の唄~日本歌曲集~」から世界の名歌を歌った「ロマンス」(1997年、第12回日本ゴールドディスク大賞受賞)、歌謡曲の名作たちに新たな命を注いだ「かれん」(1998年)、日本歌曲集「この道」(1998年)、シングル盤でしか入手できなかった秘蔵楽曲など、これまで米良が発表してきた数々の名盤の中から選りすぐりの曲を収録した2枚組ベストアルバムだ。

米良美一(その2)

 その中に今回、ヨーロッパで親しまれている作品「無言歌」(曲・ヴァージャ・アザラシヴィリ)に許瑛子さんが日本語の歌詞を付けて米良が新録音することになったもの。

 大勢の報道陣が詰めかける中、「無言歌」を心込めて歌い上げた後、「皆さんの支えのお陰で、20年間もCDを出させていただいて本当に幸せです。山あり、谷ありで、なかなかコンスタントに作品を作り続けることができていなかったのですが、こうしてまた新しいチャンスを与えていただいて、幸せ者だなと思っています」と、約3年ぶりのリリースを喜んだ。

米良美一(その1)

 新録音の「無言歌」は「2年前にクモ膜下出血という大病を患いまして、一時、生死の境をさまよって、お医者さまから『命がなくなってもおかしくない状態ですから』と言われ、家族も呼び寄せられて、みんなで覚悟を決めたときもありました。ですから私にとっていまは、第二の人生みたいな感じです。この『無言歌』は、老成した一人の人が自分の人生を振り返るような内容の詞ですので、その気持ちが、私自身、理解できるような体験として少しでも歌に乗せられたらなあと、新しく生き直す思いで、その決意表明みたいなものも持ちながら録音させていただきました」。

 体調のほうも順調に回復しているそうで、「一つの病気を乗り越えた経験を絶対無駄にしないで、歌に生かしていきたいと思います。ファンの皆さんにはいろいろとご心配をおかけしましたが、いろんな経験を経て、以前よりもさらにまた落ち着いて自分のやるべきことと向き合えるようになりましたので、いままでになく喜んでいただけるような、また皆さんの心を少しでも楽しませることができるような活動をしていきたい」と話していた。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
水森かおり(その1)
■水森かおりが亡き恩人・徳間康快元社長の墓前に「NHK紅白歌合戦」15年連続15回目の出場を報告

今年でデビュー23年目を迎え、最新シングル「早鞆ノ瀬戸」(徳間ジャパン

伊藤美裕(その3)
■歌謡曲の歌姫・伊藤美裕が東京では2017年を締めくくる冬のワンマンライブ

「コロムビア創立100周年記念歌謡曲アーティスト」として2011年4月

原田悠里(その3)
■原田悠里が1年に一度のコンサート。歌謡浪曲の師匠・二葉百合子と7年ぶりの共演で、二葉の十八番「湯島の白梅」を熱演・熱唱

今年でデビュー36年目を迎え、新曲「佐原雨情」(発売・キングレコード)

舟木一夫(その2)
■舟木一夫が新橋演舞場12月公演のゲネプロ公開。尾上松也、里見浩太朗ら豪華キャストで12月2日から上演

今年で芸能生活55周年を迎え、1月の新橋演舞場でのコンサートからスター

中村雅俊(その3)
■中村雅俊が東京・中野サンプラザホールでコンサート総本数1500回突破記念公演。ステージ上で鏡割りも

通算54枚目となる両A面の最新シングル「どこへ時が流れても/まだ僕にで

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる