*

■歌手・米良美一が奇跡的な復活を遂げ、デビュー20周年記念ベストアルバムの曲を公開レコーディング

公開日: : ニュース

「もののけ姫」(映画「もののけ姫」主題歌)の大ヒットで知られるカウンターテナー歌手・米良美一(めら・よしかず、45)が2日、東京・文京区のキング関口台スタジオでCDデビュー20周年記念ベストアルバム「無言歌」(発売・キングレコード)の公開レコーディングを行った。

米良美一(その3)

これまで多才な音楽家として人気を博してきたが、2014年末にクモ膜下出血で倒れ、生死の境をさまよったが、奇跡的に回復し、音楽活動を再開。そして、今年のCDデビュー20周年の節目に約3年ぶりのリリースが決まり、キングレコードから4月5日に発売される。

 同CDは、デビュー盤「母の唄~日本歌曲集~」から世界の名歌を歌った「ロマンス」(1997年、第12回日本ゴールドディスク大賞受賞)、歌謡曲の名作たちに新たな命を注いだ「かれん」(1998年)、日本歌曲集「この道」(1998年)、シングル盤でしか入手できなかった秘蔵楽曲など、これまで米良が発表してきた数々の名盤の中から選りすぐりの曲を収録した2枚組ベストアルバムだ。

米良美一(その2)

 その中に今回、ヨーロッパで親しまれている作品「無言歌」(曲・ヴァージャ・アザラシヴィリ)に許瑛子さんが日本語の歌詞を付けて米良が新録音することになったもの。

 大勢の報道陣が詰めかける中、「無言歌」を心込めて歌い上げた後、「皆さんの支えのお陰で、20年間もCDを出させていただいて本当に幸せです。山あり、谷ありで、なかなかコンスタントに作品を作り続けることができていなかったのですが、こうしてまた新しいチャンスを与えていただいて、幸せ者だなと思っています」と、約3年ぶりのリリースを喜んだ。

米良美一(その1)

 新録音の「無言歌」は「2年前にクモ膜下出血という大病を患いまして、一時、生死の境をさまよって、お医者さまから『命がなくなってもおかしくない状態ですから』と言われ、家族も呼び寄せられて、みんなで覚悟を決めたときもありました。ですから私にとっていまは、第二の人生みたいな感じです。この『無言歌』は、老成した一人の人が自分の人生を振り返るような内容の詞ですので、その気持ちが、私自身、理解できるような体験として少しでも歌に乗せられたらなあと、新しく生き直す思いで、その決意表明みたいなものも持ちながら録音させていただきました」。

 体調のほうも順調に回復しているそうで、「一つの病気を乗り越えた経験を絶対無駄にしないで、歌に生かしていきたいと思います。ファンの皆さんにはいろいろとご心配をおかけしましたが、いろんな経験を経て、以前よりもさらにまた落ち着いて自分のやるべきことと向き合えるようになりましたので、いままでになく喜んでいただけるような、また皆さんの心を少しでも楽しませることができるような活動をしていきたい」と話していた。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
長良演歌まつり(その2)
■10回目の「長良グループ 演歌まつり2017」の東京公演で、山川豊、田川寿美、水森かおり、氷川きよしの4人が共演

今年で10回目を迎える「長良グループ演歌まつり2017」が19日昼夕2

キング歌謡パレード(その3)
■「キングオールスター歌謡パレード」でペギー葉山、大月みやこら演歌・歌謡曲系アーティスト全39人が競演

今年で創業125周年を迎えた山野楽器と、創業85周年を迎えたキングレコ

水森かおり(その3)
■水森かおりが「越後水原」カラオケ決勝大会開催。1500人超が応募。優勝は岩手県の三本木智子さん

昨年3月29日発売の最新シングル「越後水原」(発売・徳間ジャパンコミュ

石川さゆり(その3)
■石川さゆりが39年ぶりに熊本・水俣市でコンサート。イチロー選手のバットをプレゼント

今年でデビュー45周年を迎え、最新シングル「恋しゅうて」(発売・テイチ

みんかよ音楽祭(その1)
■「みんかよ音楽祭」で金沢明子、朝倉由美子、津吹みゆら全11アーティストが3時間超にわたって競演

「みんかよ」の愛称で親しまれている演歌・歌謡曲の月刊フリーペーパー「み

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる