*

■山本あきが今年初のマンスリーライブを蒲田のライブハウスで。アコースティックな昭和歌謡熱唱

公開日: : ニュース

キングレコード創業75周年記念アーティストとして2006年6月21日に「哀しみ本線」でデビューして今年で11年目を迎え、現在、13枚目の最新シングル「たそがれ本線」(詞・石原信一、曲・聖川湧)がロングセラー中の演歌歌手・山本あき(40)が5日、東京・蒲田のライブハウス、CATFISH TOKYO(キャットフィッシュ東京)でマンスリーライブを開いた。

山本あき(その2)

マンスリーライブをスタートしてから若いファンも増えてきたそうで、そんな新しいファンも含めて、幅広い年齢層の熱烈なファンで満席の中、「おととしの6月からマンスリーライブを始めてまいりまして、今回が21回目です。いままでは、錦糸町駅前や蒲田駅前など路上でのライブが主だったのですが、外ですと雨が降ったり、寒かったりと、天候にも左右されて長時間のライブができなかったりしますので、今回からは、私が住んでいる池上線沿線の蒲田駅近くにあるこのキャットフィッシュ東京で月に一度、『キャサリン山本』としてマンスリーライブをやらせていただくことになりました。今日はいつもの(路上での)マンスリーライブとは違って、時間の許す限りいっぱい歌います」と笑顔であいさつ。

山本あき(その1)

最新シングル「たそがれ本線」をはじめ、アコースティックギターの弾き語りで、昭和のヒット曲のカバーから、りりィの「私は泣いています」、井上陽水の「心もよう」、ちあきなおみの「紅とんぼ」、西島三重子の「池上線」、森山加代子の「白い蝶のサンバ」、ファイナルは客席と全員で「蒲田行進曲」など全10曲を熱唱し、最後までファンを存分に楽しませた。

山本あき(その4)

 今年のマンスリーライブはこの日が初めて。通常のコンサートとは趣を異にし、ギターの弾き語りが基本のライブで、山本あきの音楽のルーツともいえるスタイルでファンに歌を聴いてもらいたいとして始めたスペシャルライブだ。

山本あき(その3)

 マンスリーライブのコンセプトは「アコースティックな昭和歌謡を歌う」で、それに合わせて同ライブのときだけ「キャサリン山本」という名前で、ラフなコスチュームと金髪姿という演歌歌手とは思えないスタイルで歌って毎回人気を博しているが、「このマンスリーライブは、オリジナルの世界とはまた違う一面も見ていただくために始めたライブでして、昭和の名曲のカバーを自分なりに表現して聴いていただくという山本あきのチャレンジの場でもあるんです。これからも『演歌歌手・山本あき』の世界とは別に、新たな一面も見ていただくためのマンスリーライブを定期的にやっていきたい」と話していた。
 次回のマンスリーライブは、3月26日と4月23日に同会場で開催決定。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
夜桜演歌まつり(その1)
■長良グループ主催「第20回夜桜演歌まつり」が東京・杉並区で開催。山川豊ら全11組が競演、全24曲を熱唱

毎年恒例の演歌の一大イベント「第二十回・長良グループ 夜桜演歌まつり~

山内惠介(その1)
■山内惠介が47都道府県コンサートツアーを4月11日の東京・中野サンプラザからスタート。公開リハーサルを

昨年は、「NHK紅白歌合戦」に4年連続出場を果たし、今年3月6日発売の

山川-豊(その3)
■山川豊が「三重テラス」来館者350万人達成記念ご愛顧感謝キャンペーンのコンシェルジュに就任

自身初となる故郷・三重県を舞台にした最新シングル「今日という日に感謝し

坂本冬美(その2)
■坂本冬美が51歳最後の日に恩師・猪俣公章さんの生誕80周年記念作品を全10曲熱唱。マルシアとデュエットも

最新シングル「熊野路へ」がロングヒット中で、3月30日に52歳の誕生日

辰巳ゆうと(その3)
■辰巳ゆうとが東京・赤羽会館で初のワンマンコンサート。600席のチケットはわずか1分で完売

「力いっぱい、演歌です!」をキャッチフレーズに昨年1月17日「下町純情

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる