*

山本あきが第2の故郷、大田区の蒲田駅前で3回目のマンスリーライブ

今年でデビュー10年目を迎え、第11弾シングル「十六夜化粧」(詞・田久保真見、曲・四方章人、発売・キングレコード)がロングセラー中の演歌歌手・山本あき(39)が30日、東京・大田区の蒲田駅前、西口広場でマンスリーライブを開いた。

山本あきマンスリーライブ1
 6月20日の東京・錦糸町のセキネ楽器店特設ステージからスタートしたデビュー10周年企画第1弾「マンスリーライブ」で、この日が3回目。

 今回は、出身地・石川県から上京して、今日までの11年間にわたって住んでいる第2の故郷ともいえる「大田区」の池上線沿線の蒲田駅前で歌うことになったもの。

 小雨が降る中、熱烈なファンや買い物客らが大勢詰めかける中、金髪とジーパン姿というロック歌手さながらのスタイルで登場し、「私は生まれが石川県でして、11年前に上京してきて以来、いまも大田区のこの池上沿線に住んでいます。キングレコードからデビューして今年で10年になりますが、これまでにいろんな歌を出させていただいています。

 ふだんは和服姿で歌っていますので、この格好を見て皆さんは驚かれたと思いますが、今日は『キャサリン山本』(笑)として歌わせていただきます」と笑顔であいさつ。

山本あきマンスリーライブ2

 アコースティックギターの弾き語りで、カバー曲から井上陽水の「夢の中へ」をはじめ、西島三重子の「池上線」、プリンセス・プリンセスの「Diamons」、それに新曲「十六夜化粧」、同カップリング曲「琵琶湖哀歌」の全5曲を熱唱した。

 観客の間から「あきちゃん、きれいだよ!」という熱い声援も掛けられ、ご機嫌の彼女は「この大田区は大好きな街でして、この蒲田にはしょっちゅう遊びに来てはお買い物や食事をしています。私の夢がかなうならば、ずっとこの蒲田でライブをやりたいなと思っています。『アイ・ラブ・蒲田!』」と目を輝かせていた。

山本あきマンスリーライブ3

 その中で、次回(4回目)のマンスリーライブを9月19日に東京・錦糸町のセキネ楽器店前で行うことを発表し、「よろしかったらまた遊びに来てくださいね」と呼びかけていた。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
原田悠里(その2)
■原田悠里が「台湾フェスティバル」でミニコンサート。「台湾ライチ種飛ばし親善大使」にも任命

新曲「萩しぐれ」(発売・キングレコード)が好調の演歌歌手・原田悠里(6

人仁の会(その2)
■渥美二郎が主宰の「人仁の会」で角川博、走裕介ら7アーティストが共演。昭和39年、東京五輪の年にヒットした曲などを熱唱

ベテラン演歌歌手・渥美二郎(66)が主宰し、今年で25回目を迎える震災

山本あき(その2)
■山本あきが「キャサリン山本」に変身してマンスリーライブ。昭和歌謡のカバーなど18曲熱唱

6月2日に北海道・千歳市で開催された「第39回千歳JAL国際マラソン」

船村徹巡礼(その2)
■鳥羽一郎、静太郎、天草二郎、走裕介、村木弾の船村徹内弟子五人の会が師匠の故郷、栃木県で「演歌巡礼」コンサート

村田英雄の「王将」、美空ひばりの「みだれ髪」、北島三郎の「風雪ながれ旅

永井裕子(その2)
■永井裕子が20周年カウントダウン記念コンサートを開催。なでしこ姉妹としての新曲も披露

最新シングル「ねんごろ酒」(詩・荒木とよひさ、曲・浜圭介、発売・キング

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる