*

八代亜紀がブルーノートでスペシャルライブ。初のブルースアルバム「哀歌―aiuta―」の曲を披露

公開日: : ニュース

今年でデビュー45周年を迎え、初のブルースアルバム「哀歌―aiuta―」を日本コロムビアから10月28日に発売した演歌歌手・八代亜紀(65)が17日夜2回、東京・南青山のブルーノート東京で「AKI YASHIRO〝AIUTA〟Special Night」と銘打った一夜限りのプレミアムライブを開いた。

八代亜紀(その1)

今回のアルバムは、彼女がこれまで歌い続けてきた「歌謡ブルース」と、アメリカの心を歌い継いできた「BLUES」というジャンルを超えた2つのブルースのカバー曲にTHE BAWDIES、横山剣(CRAZY KEN BAND)、中村 中が提供した新曲を加えた初のブルースアルバムで、寺岡呼人がプロデュース。

 ブルーノート東京は、ニューヨークに「Blue note」を本店に持つジャズ・クラブで、同所でのライブは、2012年11月9日以来、2回目。 

八代亜紀(その2)

この日は、そのアルバム発売を記念して行ったスペシャルライブで、2回のステージに合わせて約800人のファンが詰めかける中、「3年前、ジャズでこのブルーノート東京のステージに立ちました。今日は、ブルースを歌います」とあいさつし、同レコーディングメンバーでもある豪華ミュージシャンの演奏をバックに、同アルバムから「St.Louis Blues」「フランチェスカの鐘」「夢は夜ひらく」、THE BAWDIESが提供した「Give You What You Want」、中村 中が提供した「命のブルース」などをブルースのサウンドに乗って披露。

八代亜紀(その3)

 また、〝演歌歌手・八代亜紀〟の代表曲をスペシャルアレンジした「もう一度逢いたい」「雨の慕情」、それにアンコールで「舟唄」など全12曲を熱唱した。

 その中で「このアルバムを引っ提げてニューヨークに行き、ニューヨーカーたちに日本のブルースを聴かせたい」と話していた。

 なお、同アルバムのハイレゾ通信が11月17日からスタート。高音質な24bit/96kHz・ハイレゾ音源が体感可能だ。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
水森かおり(その1)
■水森かおりが亡き恩人・徳間康快元社長の墓前に「NHK紅白歌合戦」15年連続15回目の出場を報告

今年でデビュー23年目を迎え、最新シングル「早鞆ノ瀬戸」(徳間ジャパン

伊藤美裕(その3)
■歌謡曲の歌姫・伊藤美裕が東京では2017年を締めくくる冬のワンマンライブ

「コロムビア創立100周年記念歌謡曲アーティスト」として2011年4月

原田悠里(その3)
■原田悠里が1年に一度のコンサート。歌謡浪曲の師匠・二葉百合子と7年ぶりの共演で、二葉の十八番「湯島の白梅」を熱演・熱唱

今年でデビュー36年目を迎え、新曲「佐原雨情」(発売・キングレコード)

舟木一夫(その2)
■舟木一夫が新橋演舞場12月公演のゲネプロ公開。尾上松也、里見浩太朗ら豪華キャストで12月2日から上演

今年で芸能生活55周年を迎え、1月の新橋演舞場でのコンサートからスター

中村雅俊(その3)
■中村雅俊が東京・中野サンプラザホールでコンサート総本数1500回突破記念公演。ステージ上で鏡割りも

通算54枚目となる両A面の最新シングル「どこへ時が流れても/まだ僕にで

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる