*

八代亜紀がブルーノートでスペシャルライブ。初のブルースアルバム「哀歌―aiuta―」の曲を披露

公開日: : ニュース

今年でデビュー45周年を迎え、初のブルースアルバム「哀歌―aiuta―」を日本コロムビアから10月28日に発売した演歌歌手・八代亜紀(65)が17日夜2回、東京・南青山のブルーノート東京で「AKI YASHIRO〝AIUTA〟Special Night」と銘打った一夜限りのプレミアムライブを開いた。

八代亜紀(その1)

今回のアルバムは、彼女がこれまで歌い続けてきた「歌謡ブルース」と、アメリカの心を歌い継いできた「BLUES」というジャンルを超えた2つのブルースのカバー曲にTHE BAWDIES、横山剣(CRAZY KEN BAND)、中村 中が提供した新曲を加えた初のブルースアルバムで、寺岡呼人がプロデュース。

 ブルーノート東京は、ニューヨークに「Blue note」を本店に持つジャズ・クラブで、同所でのライブは、2012年11月9日以来、2回目。 

八代亜紀(その2)

この日は、そのアルバム発売を記念して行ったスペシャルライブで、2回のステージに合わせて約800人のファンが詰めかける中、「3年前、ジャズでこのブルーノート東京のステージに立ちました。今日は、ブルースを歌います」とあいさつし、同レコーディングメンバーでもある豪華ミュージシャンの演奏をバックに、同アルバムから「St.Louis Blues」「フランチェスカの鐘」「夢は夜ひらく」、THE BAWDIESが提供した「Give You What You Want」、中村 中が提供した「命のブルース」などをブルースのサウンドに乗って披露。

八代亜紀(その3)

 また、〝演歌歌手・八代亜紀〟の代表曲をスペシャルアレンジした「もう一度逢いたい」「雨の慕情」、それにアンコールで「舟唄」など全12曲を熱唱した。

 その中で「このアルバムを引っ提げてニューヨークに行き、ニューヨーカーたちに日本のブルースを聴かせたい」と話していた。

 なお、同アルバムのハイレゾ通信が11月17日からスタート。高音質な24bit/96kHz・ハイレゾ音源が体感可能だ。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
■ムード歌謡の貴公子・タブレット純がデビュー20周年記念リサイタル。5月11日に20周年記念シングル「百日紅」発売

 ムード歌謡の伝説的グループ〝和田弘とマヒナスターズ〟の最後のボーカ

■田川寿美が東京・花園神社でデビュー30周年記念曲「雨あがり」のヒット御礼詣で&さらなる飛躍を祈願。7月6日には新曲「白秋」も発売

 1992年に「女…ひとり旅」でデビューして今年で31年目を迎えた演

■門松みゆきが出身地・小田原市で3年ぶりに復活した市内最大の観光イベントの「武者隊パレード」に足軽に扮して参加。

 デビュー4年目を迎え、5月25日に第4弾シングル「彼岸花咲いて」(

■おかゆがニューシングル「赤いひまわり」発売を記念して東京・池袋でミニライブ配信。自ら出演のMVフルバージョンも同時公開

 メジャーデビューして4年目を迎える平成のおんなギター流し&シンガー

■水森かおりが福井・若狭町に4月21日オープンの桂由美記念館のオープニングセレモニーにサプライズで登場。6月発売の「九十九里浜」タイプC・Dのカップリング曲に福井県が舞台の曲と初のブライダルソングを収録

 今年でデビュー27年を迎え、千葉県を舞台にした最新シングル「九十九

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる