*

八代亜紀がブルーノートでスペシャルライブ。初のブルースアルバム「哀歌―aiuta―」の曲を披露

公開日: : ニュース

今年でデビュー45周年を迎え、初のブルースアルバム「哀歌―aiuta―」を日本コロムビアから10月28日に発売した演歌歌手・八代亜紀(65)が17日夜2回、東京・南青山のブルーノート東京で「AKI YASHIRO〝AIUTA〟Special Night」と銘打った一夜限りのプレミアムライブを開いた。

八代亜紀(その1)

今回のアルバムは、彼女がこれまで歌い続けてきた「歌謡ブルース」と、アメリカの心を歌い継いできた「BLUES」というジャンルを超えた2つのブルースのカバー曲にTHE BAWDIES、横山剣(CRAZY KEN BAND)、中村 中が提供した新曲を加えた初のブルースアルバムで、寺岡呼人がプロデュース。

 ブルーノート東京は、ニューヨークに「Blue note」を本店に持つジャズ・クラブで、同所でのライブは、2012年11月9日以来、2回目。 

八代亜紀(その2)

この日は、そのアルバム発売を記念して行ったスペシャルライブで、2回のステージに合わせて約800人のファンが詰めかける中、「3年前、ジャズでこのブルーノート東京のステージに立ちました。今日は、ブルースを歌います」とあいさつし、同レコーディングメンバーでもある豪華ミュージシャンの演奏をバックに、同アルバムから「St.Louis Blues」「フランチェスカの鐘」「夢は夜ひらく」、THE BAWDIESが提供した「Give You What You Want」、中村 中が提供した「命のブルース」などをブルースのサウンドに乗って披露。

八代亜紀(その3)

 また、〝演歌歌手・八代亜紀〟の代表曲をスペシャルアレンジした「もう一度逢いたい」「雨の慕情」、それにアンコールで「舟唄」など全12曲を熱唱した。

 その中で「このアルバムを引っ提げてニューヨークに行き、ニューヨーカーたちに日本のブルースを聴かせたい」と話していた。

 なお、同アルバムのハイレゾ通信が11月17日からスタート。高音質な24bit/96kHz・ハイレゾ音源が体感可能だ。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
夜桜演歌まつり(その1)
■長良グループ主催「第20回夜桜演歌まつり」が東京・杉並区で開催。山川豊ら全11組が競演、全24曲を熱唱

毎年恒例の演歌の一大イベント「第二十回・長良グループ 夜桜演歌まつり~

山内惠介(その1)
■山内惠介が47都道府県コンサートツアーを4月11日の東京・中野サンプラザからスタート。公開リハーサルを

昨年は、「NHK紅白歌合戦」に4年連続出場を果たし、今年3月6日発売の

山川-豊(その3)
■山川豊が「三重テラス」来館者350万人達成記念ご愛顧感謝キャンペーンのコンシェルジュに就任

自身初となる故郷・三重県を舞台にした最新シングル「今日という日に感謝し

坂本冬美(その2)
■坂本冬美が51歳最後の日に恩師・猪俣公章さんの生誕80周年記念作品を全10曲熱唱。マルシアとデュエットも

最新シングル「熊野路へ」がロングヒット中で、3月30日に52歳の誕生日

辰巳ゆうと(その3)
■辰巳ゆうとが東京・赤羽会館で初のワンマンコンサート。600席のチケットはわずか1分で完売

「力いっぱい、演歌です!」をキャッチフレーズに昨年1月17日「下町純情

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる