*

福田こうへい 岩手・宮古市で復興支援ライブ!2年連続紅白を目指す

公開日: : 最終更新日:2015/03/06 ニュース

10月12日、人気歌手・福田こうへいさんが、岩手・宮古市の「宮古街なかUltra復興祭」会場特設ステージで「がんばろう三陸 復興支援『福田こうへい』三陸ツアー2014」と銘打った復興支援ライブを開きました。

201410140002

岩手・雫石町出身、盛岡市在住の彼は、歌謡界デビュー前の2011年4月、ワゴン車1台で30カ所以上の避難所を回り、プロ歌手になってからは、昨年9月、久慈市、田野畑村、宮古市、釜石市、大船渡市の岩手県5カ所を回る復興支援のための無料ライブを開き、「三陸ツアー」2度目の今回は、前日11日とこの日の両日、岩手県の陸前高田市、大船渡市、宮古市、山田町の4カ所で開催。
その3カ所目の宮古市では、中央通商店街に設置された特設ステージ=トラックの荷台をステージにして各所を回ってライブを行うというスタイル=前には、同ツアー最大となる動員数、約3000人が詰めかけ、「こうへいさ~ん!」という地元や県外からやって来た熱烈なファンの熱い声援で迎えられる中、

「皆さん、ようこそお越しくださいました。やっと帰って来ました。やっと宮古のほうにも来ることができました。久々に帰って来ましたが、皆さんの笑顔が一番です。全国では、皆さんに喜んでいただける笑顔ですが、皆さんのこのお顔というのは、地元の皆さんが自分をわが子のように可愛がってくださる笑顔です。今日も最後まで皆さんに元気を、そして魂のある歌声を届けたいと思います」

とあいさつし、新曲「峠越え」をはじめ、同カップリング曲「南部のふるさと」、大ヒットしたデビュー曲「南部蝉しぐれ」、それに第2弾アルバム「煌 きらめき」からカバー曲「門出」など全7曲を熱唱しました。

201410140001

1曲1曲、魂を込めながら歌い、

「日本一を獲らずにあの世に逝った(民謡歌手の)おやじには、日本一を自分が獲って返して、おふくろの夢だった演歌歌手は、自分がいま代わりにやらせてもらい、52歳の息子を亡くしたおじいちゃんとおばあちゃんには、初めて紅白の会場に呼ぶことができました。本当に孝行させていただきました。そして、これからは皆さんのために福田こうへいは一生懸命歌っていきたいと思っております」

と話し、最後に

「何と言っても第2弾の『峠越え』で年末を超えたいなと思っております。2年連続の紅白を目指して皆さんのために頑張っていきたい」

と力を込めました。

201410140003

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
水森かおり(その1)
■水森かおりが亡き恩人・徳間康快元社長の墓前に「NHK紅白歌合戦」15年連続15回目の出場を報告

今年でデビュー23年目を迎え、最新シングル「早鞆ノ瀬戸」(徳間ジャパン

伊藤美裕(その3)
■歌謡曲の歌姫・伊藤美裕が東京では2017年を締めくくる冬のワンマンライブ

「コロムビア創立100周年記念歌謡曲アーティスト」として2011年4月

原田悠里(その3)
■原田悠里が1年に一度のコンサート。歌謡浪曲の師匠・二葉百合子と7年ぶりの共演で、二葉の十八番「湯島の白梅」を熱演・熱唱

今年でデビュー36年目を迎え、新曲「佐原雨情」(発売・キングレコード)

舟木一夫(その2)
■舟木一夫が新橋演舞場12月公演のゲネプロ公開。尾上松也、里見浩太朗ら豪華キャストで12月2日から上演

今年で芸能生活55周年を迎え、1月の新橋演舞場でのコンサートからスター

中村雅俊(その3)
■中村雅俊が東京・中野サンプラザホールでコンサート総本数1500回突破記念公演。ステージ上で鏡割りも

通算54枚目となる両A面の最新シングル「どこへ時が流れても/まだ僕にで

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる