*

北川・藤原・岩出の3人ユニット、ザ・キングボーイズが新曲「涙のロンリーボーイ」発売記念イベント

8月8日、キングレコードに所属の北川裕二さん、藤原浩さん、岩出和也さんの男性演歌歌手3人が昨年7月に結成した新ユニット“ザ・キングボーイズ”が、第2弾シングルを発売したのを記念して東京・六本木のケントスで新曲発売記念イベントを開きました。

201408080003

昨年7月24日に発売された第1弾シングル「渚のムーンライト」に続く新曲「涙のロンリーボーイ」は、「音楽は楽しい!」をテーマに、団塊世代に贈る懐かしいオールディーズの香りあふれる軽快なサウンドに乗って楽しく聴かせるご機嫌な楽曲です。
同ライブハウスには約100人の熱烈な中高年ファンが詰めかける中、北川さんは

「3人そろいますと『ザ・キングボーイズ』でございます。昨年に続きまして第2弾を発売させていただきました」

藤原さんは

「ちょうど1年前、『渚のムーンライト』の発表会をこちらでやらせていただいて、あれから1年がたち、第2弾を発売させていただきました」

岩出さんは

「今回の『涙のロンリーボーイ』も素晴らしい作品でして、海のイメージが強い楽曲です」

とあいさつ。

201408080001

終始、熱い声援が飛び交う中、新曲「涙のロンリーボーイ」をはじめ、同カップリング曲「夢でいいから」、第1弾シングル「渚のムーンライト」、懐かしいグループサウンズのヒットメドレーからスパイダースの「あの時君は若かった」、タイガースの「僕のマリー」、オックスの「スワンの涙」、ヴィレッジ・シンガーズの「バラ色の雲」、ゴールデン・カップスの「長い髪の少女」など全16曲を熱唱。

201408080002

歌い終わって北川さんは

「今回で2回目の発表ライブになりますが、お客さんと一体となって、前回よりは肩の力が抜けてお客さんにも喜んでいただけたかなと思います。これからも継続して全国に広めていきたい」

岩出さんは

「先輩方と和気あいあいと楽しく歌わせていただきました。これから後半は、東京も含めて全国でライブがありますが、楽しく面白く歌っていきたいなと思っています」

藤原さんは

「前作に引き続いてとても好楽曲をいただきました。多くの方々に聴いていただきたいのですが、なかなか3人がそろって動ける機会が少なくて…。でも、今年は各地でゲスト出演のお話もいただいたりしていますので、もっともっとこのユニットを浸透させていきたいですね。今回の曲は懐かしさもあって、皆さまにも歌っていただけるような作品ですので、ぜひ応援していただきたい」

と話していました。
今度は、9月の島根県をはじめ、福島県、香川県など全国各地でライブを予定しており、大都市では、10月10日に大阪・ORC200オークホール、同27日に東京・マウントレーニアホール渋谷で開催。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
岩佐美咲(その3)
■岩佐美咲が東京・三軒茶屋の太子堂八幡神社で新曲「恋の終わり三軒茶屋」ヒット祈願。絵馬に大ヒットの願いを

 昨年2月27日発売の第7弾シングル「佐渡の鬼太鼓」がオリコン週間シン

みんかよ音楽祭(その2)
「みんかよ音楽祭」で加門亮、北野都、福田みのるら全10アーティストが3時間半にわたって競演

「みんかよ」の愛称で親しまれ、全国の演歌・歌謡曲ファンに愛読されている

山本あき(その3)
■山本あきが45回目のマンスリーライブ。昭和歌謡のカバー曲を中心に熱唱。20数年ぶりにドラムに挑戦

第14弾シングル「桜の小径」(発売・キングレコード)がロングヒット中の

渥美二郎(その3)
■渥美二郎が演歌道50年ファイナルのコンサートを東京・浅草公会堂で開催。民謡やピアノの弾き語りも披露

自身の作曲による演歌道50年記念曲「涙色のタンゴ」(詩・桜井幸介、曲・

福田&水城(その2)
■福田こうへい&水城なつみが東京・護国寺で豆まき&ミニライブ。共に2月発売の新曲を披露

「天竜流し」がロングヒット中の演歌歌手・福田こうへい(42)と、「江差

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる