*

田川寿美 新曲「女の舟唄」発売記念イベント!着物をプロデュースした中村玉緒が応援に

公開日: : 最終更新日:2015/03/06 ニュース , , ,

2015年2月24日、今年4月でデビュー24年目を迎える演歌歌手・田川寿美さんが、29枚目のニュー・シングル「女の舟唄」を発売するのを記念して、東京・池袋のサンシャインシティ・アルパ噴水広場で新曲発売イベントを行いました。

201502250002

約500人の熱烈なファンや買い物客らが詰めかける中、

「このサンシャインで新曲発表会をやらせていただくのは、『女人高野』のとき以来、13年ぶりになります。今回、またここで新曲イベントをさせていただくということで、何か縁(えにし)を感じます」

と笑顔であいさつしながら新曲「女の舟唄」をはじめ、同カップリング曲「花冷えのとき」、前作シングル「一期一会」を熱唱。

201502250001

その後、今回の新曲で着る着物をプロデュースした同じ長良グループの先輩で女優・中村玉緒さんが花束を持って応援に駆けつけ、田川さんの黒地に格子柄の着物姿を見ながら

「私にとって娘のような存在です。着物をプロデュースするのは夢だったので、今日は本当に楽しみにして来ました。この着物は、歌舞伎の弁慶格子といいまして、歌舞伎の男の役の弁慶をモチーフにして、少し大人の雰囲気を出してデザインしました。うれしいですねえ、こうやって着てくださって…。これからも1枚だけではなく、次もプロデュースしていきたいですね」

とうれしそうに語りました。
その着物を着て歌うのはこの日が初めてという田川さんは

「モダンなお着物ですね。いままでは古典柄が多かったのですが、そろそろいい大人になり、少し粋な着物もどうかということで、中村玉緒さんにプロデュースしていただきました。これを着ると、身が引き締まる思いがします。それも着物の魅力ですよね」

と満足そうでした。

201502250003

最後に、中村玉緒さんがステージ横で見守る中、再度、新曲を披露。全4曲を歌った田川さんは、演歌色を前面に出したダイナミックな本格的演歌作品で、海を舞台に恋をなくした女性のせつない女心を歌った新曲について、

「オーソドックスな王道演歌ですが、イントロの躍動感あふれる部分だとか、愛する男性が何も言わずに去って行ったあと、残された女性は明日に向かって船を漕いでいくという現代の女性の心境も描いている部分もありますので、ちょっとでも新鮮さをこの演歌に感じていただけたらうれしいなと思います」

と話していました。
歌い終わってからファンと一緒に中村玉緒さんを含む3ショット撮影に臨んだ田川さんは

「中村玉緒さんにお守りのようなお着物をプロデュースしていただき、来年は25周年を迎えますので、その前の年である今年は、年末の紅白の返り咲きを目指して頑張りたい」

と張り切っていました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
岩佐美咲(その3)
■岩佐美咲が東京・三軒茶屋の太子堂八幡神社で新曲「恋の終わり三軒茶屋」ヒット祈願。絵馬に大ヒットの願いを

 昨年2月27日発売の第7弾シングル「佐渡の鬼太鼓」がオリコン週間シン

みんかよ音楽祭(その2)
「みんかよ音楽祭」で加門亮、北野都、福田みのるら全10アーティストが3時間半にわたって競演

「みんかよ」の愛称で親しまれ、全国の演歌・歌謡曲ファンに愛読されている

山本あき(その3)
■山本あきが45回目のマンスリーライブ。昭和歌謡のカバー曲を中心に熱唱。20数年ぶりにドラムに挑戦

第14弾シングル「桜の小径」(発売・キングレコード)がロングヒット中の

渥美二郎(その3)
■渥美二郎が演歌道50年ファイナルのコンサートを東京・浅草公会堂で開催。民謡やピアノの弾き語りも披露

自身の作曲による演歌道50年記念曲「涙色のタンゴ」(詩・桜井幸介、曲・

福田&水城(その2)
■福田こうへい&水城なつみが東京・護国寺で豆まき&ミニライブ。共に2月発売の新曲を披露

「天竜流し」がロングヒット中の演歌歌手・福田こうへい(42)と、「江差

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる