*

藤原浩 新曲「みちづれの花」発表会 カップリング曲はユニークな「とりあえずビール」

 デビュー21年目を迎え、5月21日に新曲「みちづれの花」を発売した演歌歌手・藤原浩さん。発売を記念して5月30日、東京・西東京市で新曲発表会を開きました。

藤原浩「みちづれの花」発表会

新曲「みちづれの花」をはじめ、同カップリング曲「とりあえずビール」、デビュー曲「真情」、過去のシングル作品から「ふたりの始発駅」「あなたが終着駅」、前作のデビュー20周年記念曲第2弾「こぼれ酒」などを熱唱。同じキングレコードの北川裕二さん、岩出和也さんと3人で結成したユニット「ザ・キングボーイズ」の「渚のムーンライト」も披露し、全13曲を熱唱しました。

「私にとっては悲しい思い出、恩師である作曲家・遠藤実先生の節子夫人の悲しい旅立ちが平成5年5月21日にあり、そして平成6年5月21日に歌手・藤原浩としての誕生があったわけです。丸々20年が過ぎて、21年目に精進して歩ませていただく歌手の道、その道の中でまた新たな出会い、キングレコードの中田信也プロデューサーとの出会いがありました。今回は、作詞を初めて仁井谷俊也先生に、作曲を8年ぶりに徳久広司先生にお願いしました」

藤原浩「みちづれの花」発表会

その中田プロデューサーのアイディアで、「連れ添う二人の温かい歌を作ろう」と、この新曲「みちづれの花」が誕生したそうです。

→「携帯で演歌」で、藤原浩の楽曲を配信中!

「これまで幸せ演歌はたくさんいただいていたんですけれども、ずっとそばに連れ添う女性に向けた優しいメッセージで、こんな歌は初めていただきました。スケール感の中にも藤原浩の優しさ、温かさをふんだんに入れていただきまして、一人の女性に向けた温かい気持ち、一途な思いを歌っています」

新曲のカップリング曲「とりあえずビール」は、いままでの藤原さんのカラーを打ち破った異色作。カントリーウエスタン調のアレンジに乗って、楽しくはじけて歌っています。

藤原浩「みちづれの花」発表会

「まじめな藤原浩の殻を破ろうということで作っていただいた作品です。タイトルだけで皆さんに興味を持っていただいています。お酒を飲みに行って何にしようかなというと、『とりあえずビール』だなと…。演歌ファンのみならず、サラリーマンの皆さんや頑張ってお仕事をされている皆さんの定番の歌になればいいなと思っています。ビール会社のコマーシャルに使っていただいてもいいくらいの歌ができました」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
水森かおり(その1)
■水森かおりが亡き恩人・徳間康快元社長の墓前に「NHK紅白歌合戦」15年連続15回目の出場を報告

今年でデビュー23年目を迎え、最新シングル「早鞆ノ瀬戸」(徳間ジャパン

伊藤美裕(その3)
■歌謡曲の歌姫・伊藤美裕が東京では2017年を締めくくる冬のワンマンライブ

「コロムビア創立100周年記念歌謡曲アーティスト」として2011年4月

原田悠里(その3)
■原田悠里が1年に一度のコンサート。歌謡浪曲の師匠・二葉百合子と7年ぶりの共演で、二葉の十八番「湯島の白梅」を熱演・熱唱

今年でデビュー36年目を迎え、新曲「佐原雨情」(発売・キングレコード)

舟木一夫(その2)
■舟木一夫が新橋演舞場12月公演のゲネプロ公開。尾上松也、里見浩太朗ら豪華キャストで12月2日から上演

今年で芸能生活55周年を迎え、1月の新橋演舞場でのコンサートからスター

中村雅俊(その3)
■中村雅俊が東京・中野サンプラザホールでコンサート総本数1500回突破記念公演。ステージ上で鏡割りも

通算54枚目となる両A面の最新シングル「どこへ時が流れても/まだ僕にで

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる