*

舟木一夫 新橋演舞場で「シアターコンサート」のファイナル公演

 一昨年に芸能生活50周年の節目を迎え、コンサートや座長舞台で大活躍するベテラン歌手、舟木一夫さん。5月31日、東京・新橋演舞場で「舟木一夫シアターコンサート in 新橋演舞場」を開催しました。

舟木一夫シアターコンサート

今回は、芸能生活55周年に向けて様々なチャレンジをしていく新たな試みの一つとして、舟木さん自身が選ぶ「日本名曲たち」を含んだコンサートを企画。その第1弾として、今年2月から京都・南座、名古屋・中日劇場、大阪・新歌舞伎座で、この「シアターコンサート」を行ってきました。
今年で7回忌を迎える、舟木さんの恩師である作曲家・遠藤実さんの名曲の数々をカバーするという構成のステージです。

ファイナル公演となったこの日、「あゝ青春の胸の血は」でオープニングの幕を開けました。

舟木一夫シアターコンサート

「実は三回忌のときにこのお話があったんですが、そのときは遠藤先生が亡くなった事実が生々しくて、まだ僕の中ではつらかったので、七回忌ぐらいではということで今回になりました。こういうコンサートをやらせていただけるのは最高にうれしいですが、ふだんのステージの10倍ぐらいプレッシャーがかかってきます」

→「携帯で演歌」で、「高校三年生」「学園広場」など、舟木一夫の楽曲を多数配信中!

第1部は「舟木一夫ヒットパレード」と題して、「花咲く乙女たち」「絶唱」「銭形平次」「高校三年生」「学園広場」など往年のヒット曲を立て続けに披露。
続いて第2部は「~七回忌に偲ぶ~遠藤実スペシャル『決して散らない花々』」と題して、遠藤さんの数々のヒット曲の中からカバーで「くちなしの花」「すきま風」「からたち日記」「星影のワルツ」「みちづれ」「夢追い酒」「ソーラン渡り鳥」など、ベテランならではの確かな歌唱力で楽しませ、第1部と合わせて全27曲を熱唱しました。

また、2年半ぶりとなる新曲「眠らない青春」(6月18日発売)も披露しました。

舟木一夫シアターコンサート

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
夜桜演歌まつり(その1)
■長良グループ主催「第20回夜桜演歌まつり」が東京・杉並区で開催。山川豊ら全11組が競演、全24曲を熱唱

毎年恒例の演歌の一大イベント「第二十回・長良グループ 夜桜演歌まつり~

山内惠介(その1)
■山内惠介が47都道府県コンサートツアーを4月11日の東京・中野サンプラザからスタート。公開リハーサルを

昨年は、「NHK紅白歌合戦」に4年連続出場を果たし、今年3月6日発売の

山川-豊(その3)
■山川豊が「三重テラス」来館者350万人達成記念ご愛顧感謝キャンペーンのコンシェルジュに就任

自身初となる故郷・三重県を舞台にした最新シングル「今日という日に感謝し

坂本冬美(その2)
■坂本冬美が51歳最後の日に恩師・猪俣公章さんの生誕80周年記念作品を全10曲熱唱。マルシアとデュエットも

最新シングル「熊野路へ」がロングヒット中で、3月30日に52歳の誕生日

辰巳ゆうと(その3)
■辰巳ゆうとが東京・赤羽会館で初のワンマンコンサート。600席のチケットはわずか1分で完売

「力いっぱい、演歌です!」をキャッチフレーズに昨年1月17日「下町純情

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる