*

藤原浩が、新曲「骨まで凍える女です」を作曲した樋口義高さんとジョイントライブ。得意なものまねも披露

デビュー22年目を迎えた演歌歌手・藤原浩(54)が、キングレコードから3月25日にニュー・シングル「骨まで凍える女です」(詞・仁井谷俊也、曲・樋口義高)を発売したのを記念して18日、東京・渋谷区のマウントレーニアホールで、新曲を作曲した樋口義高さんとジョイントライブを開いた。

藤原浩ライブ画像1
 320席の会場は熱烈なファンで満席の中、プレスリー風のコスチュームとサングラスという奇抜なスタイルで登場し、「昨年10月にここでキングボーイズのコンサートをやったんですが、椅子もゆったりしていて、とてもよかったとご好評をいただきましたので、また渋谷まで皆さんに足を運んでいただきました。

 デビューして22年目を迎えますが、作曲家・遠藤実先生に内弟子という形で入門して、3年間ほど先生のもとで修行させていただきました。今回はキングボーイズからのご縁で樋口義高先生に素晴らしい曲を書いていただきました。その先生とのジョイントもありますので、最後までお付き合いください」と笑顔であいさつ。

藤原浩ライブ画像2
 得意なものまねから冠二郎の「炎」や小林旭の「昔の名前で出ています」などをメドレーで顔まねも交えて披露した後、「ザ・キングボーイズ」=同じキングレコード所属の演歌歌手・北川裕二と同・岩出和也と3人で結成したユニット=のナンバーから「渚のムーンライト」「涙のロンリーボーイ」などを樋口さんとデュエット。

 続いて樋口さんがギターの弾き語りを披露した後、藤原は、前作シングル「みちづれの花」をはじめ、「こぼれ酒」「ふたりの始発駅」「とりあえずビール」、新曲のカップリング曲「星空のパラダイス」、そしてファイナルは新曲「骨まで凍える女です」など、樋口さんと合わせて全18曲を熱唱した。

 藤原は「キングボーイズのお仕事以来、ぜひソロでも歌わせてほしいと中田信也ディレクターに嘆願して今回の新曲を出させていただきました。歌いやすくて、心地よくて、1日で覚えてしまいました。

 それからメロディーが鼻歌のように出てきました。今回は、タイトルもインパクトがあるし、1、2カ所、前川清さん風のクール・ファイブ時代の歌い方を入れてみたりして、藤原浩のいままでの歌い方とは違った骨太な歌い方をしてみました。歌いいい、心地いい、気持ちいい、そういう歌になったと思います」。

藤原浩ライブ画像3
 樋口さんは「最初、キングボーイズの曲をやったとき、こういう一面があるんだということがわかりました。歌のうまい人は何を歌ってもうまいんだということを発見しました。演歌でも歌のうまい人は、ポップスを歌ってもうまいんだと…。『骨まで愛して』を意識? 全く意識していません。メロディーの流れも違いますし、最初はタイトルも違っていたんですよ」。

 新曲について藤原は「今回は少しムーディーな曲に、あえて骨太な歌い方で『骨まで凍える女です』を出させていただきました。昭和41年発売で城卓矢さんが歌われた『骨まで愛して』という曲を連想されると思うんですけれど、とても斬新なタイトルの歌を発売させていただきました。一筋に好きな人を愛し続けるせつない女心を歌った作品です」と話していた。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
原田悠里(その2)
■原田悠里が「台湾フェスティバル」でミニコンサート。「台湾ライチ種飛ばし親善大使」にも任命

新曲「萩しぐれ」(発売・キングレコード)が好調の演歌歌手・原田悠里(6

人仁の会(その2)
■渥美二郎が主宰の「人仁の会」で角川博、走裕介ら7アーティストが共演。昭和39年、東京五輪の年にヒットした曲などを熱唱

ベテラン演歌歌手・渥美二郎(66)が主宰し、今年で25回目を迎える震災

山本あき(その2)
■山本あきが「キャサリン山本」に変身してマンスリーライブ。昭和歌謡のカバーなど18曲熱唱

6月2日に北海道・千歳市で開催された「第39回千歳JAL国際マラソン」

船村徹巡礼(その2)
■鳥羽一郎、静太郎、天草二郎、走裕介、村木弾の船村徹内弟子五人の会が師匠の故郷、栃木県で「演歌巡礼」コンサート

村田英雄の「王将」、美空ひばりの「みだれ髪」、北島三郎の「風雪ながれ旅

永井裕子(その2)
■永井裕子が20周年カウントダウン記念コンサートを開催。なでしこ姉妹としての新曲も披露

最新シングル「ねんごろ酒」(詩・荒木とよひさ、曲・浜圭介、発売・キング

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる