*

■クラシカル・クロスオーバーの歌姫、ラピスラズリがメジャー後、初のミニライブ。全5曲を熱唱

公開日: : ニュース

いま話題のクラシカル・クロスオーバーの美人歌姫、ラピスラズリ(年齢非公表)が、9月6日発売のアルバム「ケルティック・レターズ」でキングレコードからメジャーデビュー後、初のミニライブを10月20日、東京・八重洲のGibson Brands Showroom TOKYOで開いた。

ラピスラズリ(その1)

抜群の美貌と、淡く心地よい高音が特徴の癒やしボイスで多くのファンを魅了している彼女は、クラシック音楽が好きな英国人の祖父の影響を受け、幼少から声楽やバレエ、ピアノを通してクラシック音楽とふれあい、14歳から本格的に歌手の道を志し、様々な声楽コンクールで入賞。

 クラシックコンサートをはじめ、オペラ、音楽劇、映画出演、作詞などで幅広く活動し、インディーズでアルバム2枚をリリース。2014年からハイレゾ配信を開始し、多くの作品が総合ランキングTOP10入りを果たし、「森の詩」のレコーディングでは、その様子がNHKニュース「おはよう日本」で特集され、e―onkyo musicアルバム総合ランキング1位を獲得。

ラピスラズリ(その2)

 そんな実力派アーティストとして注目されている中での今回のメジャーデビューとなったもので、同アルバムは、スコットランド民謡やアイルランド民謡など古くから歌い継がれてきたケルティックミュージックの数々を、情感豊かな甘く透き通った歌声でやさしく語りかけるように歌い、その癒やしサウンドが人気を博している。

 この日は、限定50人のファンの前で、メジャーアルバムの収録曲から「グリーンスリーヴス」「キャリックファーガス」、オリジナル曲で、自身が作詞した「ア・スモール・フラワー・ソング」(曲・五木田岳彦)など全5曲を熱唱。

 透明感あふれる天性の歌声で客席を癒やしながら「メジャーデビューしたことで、インディーズ時代とは違って、多くの方が私の音楽に関わってくださり、より多くの方に聴いていただきたいなと思いました。このアルバムを聴いて、多くの方の心を癒やすことができればうれしいですね。今回のアルバムでは、ケルト音楽やイギリス民謡を歌わせていただきましたが、これからは日本の民謡なども歌ってみたいですし、私の声質に合ったいろんなジャンルの曲を歌ってみたい」と話していた。

ラピスラズリ(その3)

 プロデュースを担当した作曲家・五木田岳彦さんは「ラピスラズリのプロデュースを手がけて5年ぐらいになりますが、とにかく彼女の声には誰もが癒やされると思いますので、今回のアルバムは、癒やしをメーンに、テンポもゆっくりめに、彼女の声が一番聴き心地よく聴けるアルバムにしました」と制作意図を語った。

芸名の「ラピスラズリ」は、ラテン語で瑠璃のこと。自身が12月生まれで、本名が瑠璃であることから自ら名付けた。
 12月17日には、東京・六本木クラップスでライブを開く。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
岡ゆう子(その3)
■岡ゆう子が浅草の民謡酒場「追分」で新曲「望郷貝がら節」発表会。仁井谷俊也先生の遺作を大ヒットさせたい

「歌う日本地図」の異名をとり、450曲を超える全国47都道府県の歌をレ

前川-清(その2)
■前川清が東京・中野サンプラザホールで50周年記念コンサート。50年を振り返りながら全39曲熱唱

内山田洋とクール・ファイブのボーカルとして「長崎は今日も雨だった」でデ

岩佐美咲(その2)
■岩佐美咲が第4弾コンサートを恵比寿ザ・ガーデンホールで。田川寿美からプレゼントされた着物で新曲「佐渡の鬼太鼓」を初歌唱

第6弾シングル「鯖街道」(発売・徳間ジャパンコミュニケーションズ)がオ

小金沢&水城(その2)
■小金沢昇司と水城なつみが東京・護国寺で豆まき。ミニライブで年男と年女がそれぞれに新曲などを披露

1月1日発売の新曲「おぼえていますか」(詞・麻こよみ、曲・大谷明裕)が

パク・ジュニョン(その3)
■パク・ジュニョンがデビュー5周年記念 5都市感謝ツアーの最終公演を東京・浅草公会堂で開催

ニュー・シングル「涙の流星」(詞・石原信一、曲・浜圭介)のCタイプ=A

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる