*

川﨑麻世が32年ぶりの新曲「無条件」を発売し、39周年記念パーティー。妻・カイヤもお祝いに

今年で芸能生活39年目を迎え、映画、テレビ、舞台、ミュージカルにと幅広く活躍中の川﨑麻世(52)が、7月1日に徳間ジャパンコミュニケーションズから新曲「無条件」を発売し、32年ぶりに音楽活動を再開することになり同日、東京・恵比寿のイーストギャラリーで芸能生活39周年記念パーティーを開いた。

川﨑麻世パーティー画像1
 同曲は、2005年に韓国のパク・サンチョルが歌って大ヒットした「MU JO KEON(ムジョコン)」のカバーで、これまでにも韓国や日本の多くのアーティストたちにカバーされている。

 音楽活動再開にあたって川﨑自身がこの曲を歌いたいとレコード会社に申し出て実現したそうで、今回、初めて日本語詞をつけ、彼にしかできないパフォーマンスを交えたノリノリの楽曲に仕上がっている。カップリング曲「WHY」は、川﨑自身が作詞し、彼の親友のGACKTが作曲したスローバラードだ。

川﨑麻世パーティー画像2
 約200人の熱狂的ファンが詰めかける中、「今日は、芸能生活39周年、サンキューということで感謝の気持ちと、32年ぶりの新曲『無条件』発売を記念してのパーティーにようこそお越しくださいました」と挨拶し、ダンサーをバックに自らも踊りながら新曲「無条件」をはじめ、同カップリング曲「WHY」、デビュー曲メドレーから1977年7月1日発売の「ラブショック」など全5曲を熱唱。

 会場には、妻のタレント・カイヤ(53)もサプライズでお祝いに駆けつけ、「今日は新曲発売という素晴らしい日を迎え、本当におめでとう」と笑顔を見せると、川﨑も「今日は君に新曲『無条件』をプレゼントするからね」と言ってニッコリ。

川﨑麻世パーティー画像3
 パーティーが始まる前、彼が「自分の家に帰っていい?」と妻に聞くと、カイヤは「しばらくは一人で住みたい」と拒否されたが、リハーサルで歌を歌って汗をかいている夫の顔を見て、すぐにティッシュで拭こうとしている姿は、結婚25年、銀婚式を迎えた仲のいい夫婦そのものだった。

また、記者から「『無条件』に愛している人は誰ですか?」という質問に川﨑は「カイヤです」と即答していた。

川﨑麻世パーティー画像4
39周年を振り返って、「長いような短いような39年でした。32年ぶりに新曲『無条件』を出すことになりましたが、長かったですねえ。やっとこのときがきてうれしいです。いまの時代、こんな曲を皆さんが待っているような予感がします。歌っていいですね。気持ちいいですよ。これからこの新曲でまた新しい自分を見せていきたい」と、音楽活動再開に意欲を燃やしていた。 

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
パクタクおたすけ隊(その2)
■パク・ジュニョンと中澤卓也の人気コンビ「パクタクおたすけ隊」が初のオンラインイベントを開催。CS放送・チャンネル銀河のバラエティー番組「パクタクおたすけ隊」8月放送再開を記念した初の試み

デビュー9年目を迎えた韓国出身の歌手、パク・ジュニョン(38)とデビュ

異次元ライブ(その2)

■異ジャンルのアーティストが集合! スペシャル音楽番組「五木ひろしの異

水森かおり(その2)
■水森かおりが新曲「瀬戸内 小豆島」のC・Dタイプ発売を記念して初のインターネットサイン会を開催

今年でデビュー25周年を迎え、香川県小豆島を舞台にした最新曲「瀬戸内 

夏木綾子(その2)
■夏木綾子が「あじさい雨情~令和版」を発売し、キングレコード本社から全国のラジオ局全19番組に電話で出演

今年でデビュー28年目を迎える演歌歌手・夏木綾子が、39枚目のニュー・

おかゆ(その2)
■おかゆが新曲「愛してよ/独り言」発売を記念して東京・池袋のライブハウスで無観客ライブを開催。7曲熱唱

平成のおんなギター流し&シンガーソングライターとして人気上昇中の「おか

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる