*

ささきいさおが5年ぶりの新曲「ミッドナイトデカレンジャー~」発売記念イベント

公開日: : ニュース

1960年にデビューして今年で55周年を迎え、「アニメソング界の大王」と呼ばれていまなお第一線で活躍中の歌手・ささきいさお(73)が、ニュー・シングル「ミッドナイトデカレンジャー 10 YEARS AFTER」を日本コロムビアから10月7日に発売したのを記念して22日、東京・渋谷区のHMV&BOOKS TOKYOで新曲イベントを開いた。

ささきいさお(その1)

 今度の新曲は、5年ぶりのリリース。今月19日にオープンしたばかりの同店のイベントスペースに約300人の熱烈なファンが詰めかける中、「ロカビリーでデビューして、映画俳優になったり、TVタレントになって悪役ばかりをやっていたりしました。そんな中でアニメの世界と知り合いまして、『科学忍者隊ガッチャマン』が取り持つ縁でこうやって主題歌を歌うようになり、お陰様で55年、この厳しい芸能界で生き延びることができました。いくつまで歌えるかわかりませんが、声の出る限りは頑張っていこうと思います」とあいさつし、新曲「ミッドナイト~」をはじめ、同カップリング曲で自作詞の「悠久浪漫」、過去の大ヒット曲から「宇宙戦艦ヤマト」「銀河鉄道999」など全5曲を熱唱。

ささきいさお(その2)

 その中で、新曲「ミッドナイトデカレンジャー~」について「アレンジがガラっと変わりまして、フルバンド形式のビッグバンドでスイング感を出そうということで、うしろの演奏がすごいすてきになっています。昔はビッグバンドが全盛でしたが、その懐かしさを出して、ジャズ風にしてみました」。

もう一曲の『悠久浪漫』は、55周年なので何か作ろうよということになり、『じゃあ、ささきくん、詞を書かないか』と言われて、いろいろ書いてみて、それをディレクターに渡して、デカレンジャーを作詞した方に直していただきました。ちょっと宇宙的な話になりまして、僕が若いころ、エルビス・プレスリーにあこがれて、この世界に入っていろんな苦労を重ねてきました。そんなものを歌にしたいということで作りました」と話していた。

ささきいさお(その3)

 その後、シングル購入者を対象に、本人直筆サイン入りオリジナルクリアファイルのお渡し会を行った。
来年3月6日に東京・江東区のZepp Diver Cityで「デビュー55周年記念スペシャルライブ・アンコール」を行う。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
岡ゆう子(その3)
■岡ゆう子が浅草の民謡酒場「追分」で新曲「望郷貝がら節」発表会。仁井谷俊也先生の遺作を大ヒットさせたい

「歌う日本地図」の異名をとり、450曲を超える全国47都道府県の歌をレ

前川-清(その2)
■前川清が東京・中野サンプラザホールで50周年記念コンサート。50年を振り返りながら全39曲熱唱

内山田洋とクール・ファイブのボーカルとして「長崎は今日も雨だった」でデ

岩佐美咲(その2)
■岩佐美咲が第4弾コンサートを恵比寿ザ・ガーデンホールで。田川寿美からプレゼントされた着物で新曲「佐渡の鬼太鼓」を初歌唱

第6弾シングル「鯖街道」(発売・徳間ジャパンコミュニケーションズ)がオ

小金沢&水城(その2)
■小金沢昇司と水城なつみが東京・護国寺で豆まき。ミニライブで年男と年女がそれぞれに新曲などを披露

1月1日発売の新曲「おぼえていますか」(詞・麻こよみ、曲・大谷明裕)が

パク・ジュニョン(その3)
■パク・ジュニョンがデビュー5周年記念 5都市感謝ツアーの最終公演を東京・浅草公会堂で開催

ニュー・シングル「涙の流星」(詞・石原信一、曲・浜圭介)のCタイプ=A

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる