*

ささきいさおが5年ぶりの新曲「ミッドナイトデカレンジャー~」発売記念イベント

公開日: : ニュース

1960年にデビューして今年で55周年を迎え、「アニメソング界の大王」と呼ばれていまなお第一線で活躍中の歌手・ささきいさお(73)が、ニュー・シングル「ミッドナイトデカレンジャー 10 YEARS AFTER」を日本コロムビアから10月7日に発売したのを記念して22日、東京・渋谷区のHMV&BOOKS TOKYOで新曲イベントを開いた。

ささきいさお(その1)

 今度の新曲は、5年ぶりのリリース。今月19日にオープンしたばかりの同店のイベントスペースに約300人の熱烈なファンが詰めかける中、「ロカビリーでデビューして、映画俳優になったり、TVタレントになって悪役ばかりをやっていたりしました。そんな中でアニメの世界と知り合いまして、『科学忍者隊ガッチャマン』が取り持つ縁でこうやって主題歌を歌うようになり、お陰様で55年、この厳しい芸能界で生き延びることができました。いくつまで歌えるかわかりませんが、声の出る限りは頑張っていこうと思います」とあいさつし、新曲「ミッドナイト~」をはじめ、同カップリング曲で自作詞の「悠久浪漫」、過去の大ヒット曲から「宇宙戦艦ヤマト」「銀河鉄道999」など全5曲を熱唱。

ささきいさお(その2)

 その中で、新曲「ミッドナイトデカレンジャー~」について「アレンジがガラっと変わりまして、フルバンド形式のビッグバンドでスイング感を出そうということで、うしろの演奏がすごいすてきになっています。昔はビッグバンドが全盛でしたが、その懐かしさを出して、ジャズ風にしてみました」。

もう一曲の『悠久浪漫』は、55周年なので何か作ろうよということになり、『じゃあ、ささきくん、詞を書かないか』と言われて、いろいろ書いてみて、それをディレクターに渡して、デカレンジャーを作詞した方に直していただきました。ちょっと宇宙的な話になりまして、僕が若いころ、エルビス・プレスリーにあこがれて、この世界に入っていろんな苦労を重ねてきました。そんなものを歌にしたいということで作りました」と話していた。

ささきいさお(その3)

 その後、シングル購入者を対象に、本人直筆サイン入りオリジナルクリアファイルのお渡し会を行った。
来年3月6日に東京・江東区のZepp Diver Cityで「デビュー55周年記念スペシャルライブ・アンコール」を行う。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
岩佐美咲(その2)
■岩佐美咲が「DAM CHANNEL 演歌」の2代目ナビゲーターに就任。交代式で初代ナビゲーター・川野夏美からバトンタッチ

7枚目の最新シングル「佐渡の鬼太鼓」(徳間ジャパンコミュニケーションズ

パク・ジュニョン(その3)
■パク・ジュニョンが新宿歌舞伎町のホストクラブ「愛 本店」でファン20人限定の新曲ヒット感謝ミニライブ

第8弾シングル「ブリキの玩具(おもちゃ)」(詞・松井五郎、曲・浜圭介)

市川由紀乃(その4)
■市川由紀乃が川崎市の新城神社の「納涼盆踊り大会」にゲスト出演。25周年を祝う470個の提灯を見て大感激

デビュー25周年を迎え、最新シングル「うたかたの女」(発売・キングレコ

中村美律子(その2)
■中村美律子が新曲「弥太郎鴉」発売イベントで夏の風物詩・風鈴づくりに挑戦

86年に発売したデビュー曲「恋の肥後つばき」以来、70枚目となるニュー

氷川きよし(その6)

■氷川きよしがプロ野球「ヤクルト×広島戦」で始球式。新曲「勝負の花道」

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる