*

■水森かおりが八景島シーパラダイスでスペシャルイベント。イルカショーとブルーフォールに初挑戦

公開日: : ニュース

デビュー22年目を迎え、最新シングル「越後水原」(発売・徳間ジャパンコミュニケーションズ)が12万枚突破とロングヒット中の演歌歌手・水森かおり(43)が17日、神奈川・横浜市の八景島シーパラダイスで「水森かおりと一緒に過ごすスペシャルイベント」と銘打ったファンイベントを行った。

%e6%b0%b4%e6%a3%ae%e3%81%8b%e3%81%8a%e3%82%8a%ef%bc%88%e3%81%9d%e3%81%ae%ef%bc%91%ef%bc%89

これは、新曲「越後水原」購入者特典のスペシャル応募企画として実施されたもので、全国から2000通を超える応募者の中から抽選で25組50人を招待。

 昨年は、10月21日に千葉県のマザー牧場で人生初のバンジージャンプ(高さ21㍍)に挑戦して大きな話題を集めたが、今年は、高さ107㍍から垂直落下するアトラクション「ブルーフォール」とイルカショーに初挑戦することになったもの。

 最初に、ふれあいラグーンで「イルカショー」に挑戦。初めて着たウエットスーツ姿で14歳の雌のシロイルカ「パララ」と一緒に泳いだり、その背中に乗ったり、さらにキスをするなどして初めてとは思えないほどのエンターテインメントぶりを披露し、参加者たちを楽しませた。

%e6%b0%b4%e6%a3%ae%e3%81%8b%e3%81%8a%e3%82%8a%ef%bc%88%e3%81%9d%e3%81%ae%ef%bc%92%ef%bc%89

 また、パララともう1頭の「クルル」(14歳の雌)の2頭と一緒に記念撮影も行い、「楽しかったです。成功してよかったです」と目を細めながら「このウエットスーツは初めて着ました。ボディーラインがくっきり出てしまうので、ちょっぴり恥ずかしいです(笑)。水泳? 泳ぎは好きですが、イルカに乗るのは初めてなので、最初はちょっと怖かったのですが、体が柔らかくて、とても気持ちよかったです。それに、キスもできてうれしかったです。この八景島シーパラダイスに来たのは今回が2度目でして、1度目はデビュー前にデートで来まして、その当時のことを思い出しました。その男性? ここに来て以来、1度も会っていません(笑)。今日は、シロイルカに乗ることができましたので、大みそかに向かっていい波に乗れたらいいですね」と話していた。
  
 続いて、レストラン「ラグーンヒル」で歌唱イベントを開き、「今日は、ここにいらっしゃる皆さんとしか作れない時間ですので、ぜひ楽しんでいってください」とあいさつし、最新曲「越後水原」をはじめ、「松島紀行」「鳥取砂丘」など全5曲を熱唱。

%e6%b0%b4%e6%a3%ae%e3%81%8b%e3%81%8a%e3%82%8a%ef%bc%88%e3%81%9d%e3%81%ae%ef%bc%93%ef%bc%89

 最後に同複合型遊園地の目玉でもあるアトラクション「ブルーフォール」を初体験。最高速度が125㌔、高層ビル35階に匹敵する107㍍から垂直に落下する絶叫マシンに初挑戦。雨という悪天気にもかかわらず2回、挑戦することになっていたが、1度目で「もう無理。怖~い!」と言って、青ざめた表情を見せたところが、そこは持ち前のプロ根性を発揮し、2度目も見事にクリア。今度は笑顔も出るほどの余裕を見せていた。

 女性演歌歌手では「越後水原」が断トツの売り上げを誇っており、今年の紅白出場へ向けて好調をキープしている水森かおり。この年末までそのままいい波に乗り、今日のような笑顔で迎えられるのか、期待が高まる。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
水森かおり(その1)
■水森かおりが亡き恩人・徳間康快元社長の墓前に「NHK紅白歌合戦」15年連続15回目の出場を報告

今年でデビュー23年目を迎え、最新シングル「早鞆ノ瀬戸」(徳間ジャパン

伊藤美裕(その3)
■歌謡曲の歌姫・伊藤美裕が東京では2017年を締めくくる冬のワンマンライブ

「コロムビア創立100周年記念歌謡曲アーティスト」として2011年4月

原田悠里(その3)
■原田悠里が1年に一度のコンサート。歌謡浪曲の師匠・二葉百合子と7年ぶりの共演で、二葉の十八番「湯島の白梅」を熱演・熱唱

今年でデビュー36年目を迎え、新曲「佐原雨情」(発売・キングレコード)

舟木一夫(その2)
■舟木一夫が新橋演舞場12月公演のゲネプロ公開。尾上松也、里見浩太朗ら豪華キャストで12月2日から上演

今年で芸能生活55周年を迎え、1月の新橋演舞場でのコンサートからスター

中村雅俊(その3)
■中村雅俊が東京・中野サンプラザホールでコンサート総本数1500回突破記念公演。ステージ上で鏡割りも

通算54枚目となる両A面の最新シングル「どこへ時が流れても/まだ僕にで

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる