*

■水森かおりが千葉・市原サユリワールド&市原ぞうの国でファン50人と秋のスペシャルイベント。キリンに餌をやり、カバの背中乗りにも挑戦

公開日: : ニュース

最新シングル「早鞆ノ瀬戸」(徳間ジャパンコミュニケーションズから5月2日発売)が13万枚突破とロングヒット中の演歌歌手・水森かおり(44)が11月1日、千葉・市原市にある人気動物園「サユリワールド」&「市原ぞうの国」の2カ所で秋のスペシャルイベントを行った。

水森かおり(その1)

同イベントは、最新シングル購入者特典として「水森かおりと一緒に過ごすスペシャルイベント2017」と題したスペシャル企画で、全国より寄せられた2000通を超える応募の中から抽選で25組50人のファンを招待して実施されたもの。

 昨年は、神奈川・八景島シーパラダイスでイルカの背中に乗り、高さ107㍍から急降下するブルーフォールにも挑戦するなどして話題を呼び、参加者たちに大好評だった。

水森かおり(その2)

 この日は、最初に「サユリワールド」を訪れ、水森自身が飼育員の一員となり、放し飼いになっているカピバラやアルパカなど数々の動物たちに餌をやり、また、3頭のキリン=大きい順にハニー、シゲキ、ハッチ(ハニーの子ども)=にも餌をやりながら動物たちと楽しくふれ合った。

水森かおり(その3)

つなぎを着て、プロ顔負けの飼育員ぶりを見せた水森は「こんな間近でたくさんの動物たちとふれ合いながら餌をやったりすることができるとは思ってもいなかったので、今日はとても楽しかったです。動物? 私はどんな動物も好きですし、さわるのも平気です。ここにいる動物は、みんなペットにしたいくらい可愛かったです。なかでもキリンは目がとてもきれいですし、私が好きなジラフ柄だったので可愛いですね。キリンのシゲキくん(6歳)=人間の年齢で17歳=の鼻息がずっと私の首筋に当たっていたので、きっと私のお色気で興奮したんでしょうねえ(笑)」とご機嫌だった。

水森かおり(その4)

 その後、「市原ぞうの国」に移動し、園内にあるガーデンレストラン「ウッディヒル」でミニステージを披露。ファンたちからの「かおりちゃんコール」が鳴り響く中、「山小屋の合宿みたいな雰囲気でいいですね。今日は、ずっと私を応援してくださっている皆さまへの恩返しとして特別な時間を作れたらいいなと思って企画していただいたイベントですが、今回のような動物への餌やりというのは、ふだんはなかなか経験できることではないので、そんな私の姿も見ていただけてうれしかったです」と笑顔であいさつ。

水森かおり(その5)

新曲「早鞆ノ瀬戸」をはじめ、「越後水原」「松島紀行」「鳥取砂丘」の全4曲を熱唱し、「今年もあと2カ月。年末に向けて気が引き締まる思いですが、また今年も紅白の舞台に立てるよう頑張っていきたいですし、(紅白の発表を)キリンのように首を長くして待ちたいです(笑)」と話していた。

 最後にカバの背中乗りに初チャレンジ。初めての体験のため恐る恐るヒッポくん(32歳)の背中にまたがったが、いざ乗ってみると、「まるで高級ソファに座っているみたい!」とはしゃぎながら気持ちよさそうだった。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
岩佐美咲(その3)
■岩佐美咲が東京・三軒茶屋の太子堂八幡神社で新曲「恋の終わり三軒茶屋」ヒット祈願。絵馬に大ヒットの願いを

 昨年2月27日発売の第7弾シングル「佐渡の鬼太鼓」がオリコン週間シン

みんかよ音楽祭(その2)
「みんかよ音楽祭」で加門亮、北野都、福田みのるら全10アーティストが3時間半にわたって競演

「みんかよ」の愛称で親しまれ、全国の演歌・歌謡曲ファンに愛読されている

山本あき(その3)
■山本あきが45回目のマンスリーライブ。昭和歌謡のカバー曲を中心に熱唱。20数年ぶりにドラムに挑戦

第14弾シングル「桜の小径」(発売・キングレコード)がロングヒット中の

渥美二郎(その3)
■渥美二郎が演歌道50年ファイナルのコンサートを東京・浅草公会堂で開催。民謡やピアノの弾き語りも披露

自身の作曲による演歌道50年記念曲「涙色のタンゴ」(詩・桜井幸介、曲・

福田&水城(その2)
■福田こうへい&水城なつみが東京・護国寺で豆まき&ミニライブ。共に2月発売の新曲を披露

「天竜流し」がロングヒット中の演歌歌手・福田こうへい(42)と、「江差

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる