*

■水森かおりが新曲の舞台、山口・下関市の「しものせき馬関まつり」でミニステージ。下関市長・前田晋太郎さんと「しるもん」も応援に

公開日: : ニュース

最新シングル「早鞆ノ瀬戸(はやとものせと)」(徳間ジャパンコミュニケーションズから5月2日発売)がヒット中の演歌歌手・水森かおり(43)が19日、同曲の舞台になっている山口・下関市で開催の「第40回しものせき馬関まつり」にゲスト参加し、歌唱イベントを行った。

水森かおり(その1)

「馬関まつり」=「馬関」は下関の昔の呼称=は、夏の終わりを告げる風物として毎年8月に開催され、いまでは山口県下最大の40万人を超える人出で賑わう日本有数の夏祭りで、今年で40回目。

 同祭は、この日と翌20日の2日間開催。「しものせき海響大使」=今年6月7日に就任=でもある水森は、この日、シーモールエキマチ広場と海峡ゆめ広場(JCパーク)の2カ所の特設ステージでそれぞれミニステージ(両方で約1500人動員)を披露。

 シーモールエキマチ広場では、早朝から並んだという熱狂的ファンらが詰めかける中、「暑い中、たくさんのお客さまにお集まりいただきましてありがとうございます。今回、『しものせき馬関まつり』に初めて参加させていただきました。『早鞆ノ瀬戸』を発売からずっと応援していただいて、いい形でここまで来ることができましたが、もっともっと皆さまに応援していただいて、全国にこの『早鞆ノ瀬戸』が、そしてこの山口県の素晴らしさをお届けできたらいいなと思っています」と笑顔であいさつ。

水森かおり(その2)

前作シングル「越後水原」をはじめ、8月2日発売の「しものせき海響大使」就任記念盤「早鞆ノ瀬戸」(カップリングに山口県のご当地ソング2曲を新たに収録/ジャケット写真が異なる2タイプを同時発売)のカップリング曲から「角島大橋」「山口旅愁」、それに新曲「早鞆ノ瀬戸」の全4曲を熱唱。先日ブラジルにて事務所の後輩・岩佐美咲とはやぶさと共に「長良グループ・演歌まつり in ブラジル」を開催したばかりの水森だが、ブラジル帰り直後とは思えぬパワフルなステージで観客を圧倒した。

 また、下関市長・前田晋太郎さんとシーモールのマスコットキャラクター「しもるん」も応援に駆けつけ、前田市長が「馬関まつり』は40年目になりますが、私は市長になって初めてのお祭りですので、とにかく下関を元気にするために盛り上げていきたい」と言えば、水森も「私も『しものせき海響大使』としてお手伝いさせてください」と意気投合。

水森かおり(その3)

最後に水森は「この『早鞆ノ瀬戸』で今年も(15回目の)紅白を目指して頑張りますので、下関の皆さん、これからもぜひ応援してくださいね」と呼びかけていた。
 9月20日に「歌で旅するアルバム」第16作目となる「歌謡紀行16~早鞆ノ瀬戸~」を発売。9月25日には、東京・中野サンプラザホールで毎年恒例のメモリアルコンサートを開く。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
岩佐美咲(その3)
■岩佐美咲が東京・三軒茶屋の太子堂八幡神社で新曲「恋の終わり三軒茶屋」ヒット祈願。絵馬に大ヒットの願いを

 昨年2月27日発売の第7弾シングル「佐渡の鬼太鼓」がオリコン週間シン

みんかよ音楽祭(その2)
「みんかよ音楽祭」で加門亮、北野都、福田みのるら全10アーティストが3時間半にわたって競演

「みんかよ」の愛称で親しまれ、全国の演歌・歌謡曲ファンに愛読されている

山本あき(その3)
■山本あきが45回目のマンスリーライブ。昭和歌謡のカバー曲を中心に熱唱。20数年ぶりにドラムに挑戦

第14弾シングル「桜の小径」(発売・キングレコード)がロングヒット中の

渥美二郎(その3)
■渥美二郎が演歌道50年ファイナルのコンサートを東京・浅草公会堂で開催。民謡やピアノの弾き語りも披露

自身の作曲による演歌道50年記念曲「涙色のタンゴ」(詩・桜井幸介、曲・

福田&水城(その2)
■福田こうへい&水城なつみが東京・護国寺で豆まき&ミニライブ。共に2月発売の新曲を披露

「天竜流し」がロングヒット中の演歌歌手・福田こうへい(42)と、「江差

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる