*

■水森かおりが山口・下関市で開催の「下関海響マラソン」前夜祭で「しものせき海響大使」として応援PR

公開日: : ニュース

最新シングル「早鞆ノ瀬戸」(徳間ジャパンコミュニケーションズから5月2日発売)が13万枚を突破し、ロングヒット中の演歌歌手・水森かおり(44)が11月4日、同曲の舞台になっている山口・下関市の海峡ゆめ広場と海峡メッセ下関イベントホールの2カ所で歌唱イベントを開き、翌5日開催の「第10回記念大会 下関海響マラソン2017」の応援PRを行った。

水森かおり(その1)

「下関海響マラソン」は、2008年から始まり、これまでに約7万4000人のマラソンランナーによる数々のドラマが繰り広げられ、今年がちょうど10回目。マラソンコース(42・195㌔)、5㌔コース、2㌔コースの3種目に分かれ、合わせて1万2929人がエントリー。

今回は中本健太郎、千葉真子、猫ひろしら5人がゲストランナーとして招待され、6月7日に「しものせき海響大使」に就任した水森かおりが、市川良子、初代タイガーマスク(佐山サトル)、波田陽区ら6組の「応援大使」と一緒に同大会を盛り上げていく役目を担うことになったもの。

水森かおり(その2)

 そんな市をあげてのビッグイベント前夜祭のこの日、水森は、海峡ゆめ広場で野外ミニコンサートを開き、約500人のファンやランナーが見守る中、新曲「早鞆ノ瀬戸」をはじめ、「松島紀行」「鳥取砂丘」の全3曲を熱唱し、「前回もこの野外ステージで歌わせていただきましたが、特に今日は、明日のマラソン大会に参加するランナーの方々もたくさん見てくださり、いつもとは違った空気感があり、うれしかったです」と笑顔を見せていた。

また、「最初、私にも2㌔コースを走りませんかというお誘いを受けたので、本格的にトレーニングをしてみようかなと思ったんですけれど、スケジュールの都合でその時間がとれなくなったので、今回は、歌のほうで応援させていただくことになりました。マラソンを見るのは好きですし、以前は大学駅伝の応援に行ったこともあります。今後は、機会があったらぜひ参加させていただきたいです」と話していた。

水森かおり(その3)

 その後、大会のスタート&フィニッシュ地点になる「海峡メッセ下関」のイベントホールで開催された「おもてなし前夜祭」では、大会会長・前田晋太郎市長のあいさつ、選手宣誓、来賓ランナー紹介、海外選手紹介などが行われた後、アトラクションとして応援大使の紹介やゲストランナーのトークショーがあり、その中で水森が「しものせき海響大使」として紹介され、新曲を披露。

 「下関市を訪れるたびに新曲『早鞆ノ瀬戸』に対する地元の皆さんの熱い思いがより大きくなってきているような気がします。そんな皆さんへの恩返しのためにもぜひ大みそかの紅白に出場させていただき、この曲を歌いたいと思っていますし、そのためにもこれからラストスパートをかけて完走できるよう頑張りたい」と張り切っていた。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
岩佐美咲(その3)
■岩佐美咲が東京・三軒茶屋の太子堂八幡神社で新曲「恋の終わり三軒茶屋」ヒット祈願。絵馬に大ヒットの願いを

 昨年2月27日発売の第7弾シングル「佐渡の鬼太鼓」がオリコン週間シン

みんかよ音楽祭(その2)
「みんかよ音楽祭」で加門亮、北野都、福田みのるら全10アーティストが3時間半にわたって競演

「みんかよ」の愛称で親しまれ、全国の演歌・歌謡曲ファンに愛読されている

山本あき(その3)
■山本あきが45回目のマンスリーライブ。昭和歌謡のカバー曲を中心に熱唱。20数年ぶりにドラムに挑戦

第14弾シングル「桜の小径」(発売・キングレコード)がロングヒット中の

渥美二郎(その3)
■渥美二郎が演歌道50年ファイナルのコンサートを東京・浅草公会堂で開催。民謡やピアノの弾き語りも披露

自身の作曲による演歌道50年記念曲「涙色のタンゴ」(詩・桜井幸介、曲・

福田&水城(その2)
■福田こうへい&水城なつみが東京・護国寺で豆まき&ミニライブ。共に2月発売の新曲を披露

「天竜流し」がロングヒット中の演歌歌手・福田こうへい(42)と、「江差

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる