*

■パク・ジュニョンが35歳のバースデーライブ。5周年を迎え、700人のファンに感謝感激

公開日: : ニュース

デビュー5周年目を迎え、第6弾シングル「羽田発」=「羽田発(Cタイプ)」がキングレコードから2月8日発売=が、前作シングル「河口湖」に続いて2作連続オリコン演歌・歌謡曲チャートで第1位を獲得してロングヒット中の韓国人歌手、パク・ジュニョン(34)が10日昼夜2回、東京・新宿区の明治安田生命ホールで「パク・ジュニョン バースデーライブ“マイ・フレンド”」と銘打ったバースデーライブを開いた。

パク・ジュニョン(その1)

 昼夜合わせて約700人の熱烈なファンが詰めかける中、元気いっぱいの曲「チャラ」で幕を開け、「今日は満席になって、とても幸せです。パク・ジュニョン、あさって(3月12日)で35歳になります。こんなにたくさんの方に来ていただけてうれしいです。いつも誕生日は寂しい限りでしたが、皆さんのお陰で、毎年、毎年、幸せな愛あふれる誕生日が迎えられてうれしいです。お陰さまでデビュー5周年を迎えることができましたが、今日のコンサートは、いままでの5年を振り返りながらこれまで歌ってきたオリジナル曲を中心に皆さんにお届けしたいと思います」と笑顔であいさつ。

パク・ジュニョン(その2)

 デビュー曲「愛・ケセラセラ」をはじめ、過去のシングル作品から「嘆きの雨」「顔」「河口湖」、人気バラード曲「黄昏のバラード」、新曲「羽田発」、同カップリング曲「マイ・フレンド」など全14曲を熱唱。途中、客席を回りながらファンと握手を交わし、最後まで盛大なライブとなった。

 また、バースデーケーキがプレゼントされ、大感激の彼は「デビューして4年目からバースデーライブをやらせていただいていますが、10周年のバースデーライブは日本武道館でやってみたいですね。夢は言葉にすると形になると言われていますので、皆さんのお力をお借りしてぜひ夢をかなえたい」と目を輝かせていた。

パク・ジュニョン(その3)

 同ライブ終了後、「今日は楽しく歌わせていただけて、幸せなバースデーライブでした。5周年を振り返ってみると、あっという間でした。日本に来てから6年、本当に楽しい日々でした。これからもそんな楽しい日々が続いたらいいなと思います。日本に来て、山本譲二さん(歌手で所属事務所社長)と出会えて本当にラッキーだったなと、いつも感謝しています」。

パク・ジュニョン(その4)

 そして、記者から「ファンの皆さんに感謝の想いを漢字一文字で表すと何ですか?」と質問されると、その場で得意の筆文字で「愛」と書き記し、「結婚? 結婚するんだったら日本の女性がいいですね。優しい人がタイプです。料理ができたらもっといいですね。そんな人に早く出会いたい…。パク・ジュニョンにもぜひ愛をください」と話していた。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
水森かおり(その1)
■水森かおりが亡き恩人・徳間康快元社長の墓前に「NHK紅白歌合戦」15年連続15回目の出場を報告

今年でデビュー23年目を迎え、最新シングル「早鞆ノ瀬戸」(徳間ジャパン

伊藤美裕(その3)
■歌謡曲の歌姫・伊藤美裕が東京では2017年を締めくくる冬のワンマンライブ

「コロムビア創立100周年記念歌謡曲アーティスト」として2011年4月

原田悠里(その3)
■原田悠里が1年に一度のコンサート。歌謡浪曲の師匠・二葉百合子と7年ぶりの共演で、二葉の十八番「湯島の白梅」を熱演・熱唱

今年でデビュー36年目を迎え、新曲「佐原雨情」(発売・キングレコード)

舟木一夫(その2)
■舟木一夫が新橋演舞場12月公演のゲネプロ公開。尾上松也、里見浩太朗ら豪華キャストで12月2日から上演

今年で芸能生活55周年を迎え、1月の新橋演舞場でのコンサートからスター

中村雅俊(その3)
■中村雅俊が東京・中野サンプラザホールでコンサート総本数1500回突破記念公演。ステージ上で鏡割りも

通算54枚目となる両A面の最新シングル「どこへ時が流れても/まだ僕にで

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる