*

■坂本冬美が40代最後!「私は命がけの恋をしたことがない」―通算50枚目のニュー・シングル「百夜行」発売記念スペシャルライブイベント

公開日: : ニュース

昨年はデビュー30周年を迎え、「女は抱かれて鮎になる」の大ヒットや東京・明治座での15年ぶりの単独座長公演などで話題を集めた演歌歌手・坂本冬美(49)が、通算50枚目のニュー・シングル「百夜行」(詞・荒木とよひさ、曲・弦哲也)をユニバーサルミュージックから3月8日に発売するのを記念して7日、東京・目黒区のめぐろパーシモンホールで「一夜限りの坂本冬美スペシャルライブイベント」と銘打ったライブを開いた。

坂本冬美01

これは、演歌の名曲を現代版にリニューアルしたアレンジで歌ったカバーアルバム「ENKA~情歌~」(昨年10月日発売)の購入者を対象にしたプレミアムイベントで、全国から5000通を超える応募があり、その中から抽選で75組150人を無料招待。

 客席のあちこちから「冬美ちゃ~ん!」という熱い声援が飛び交う中、「昭和62年3月4日にデビューして31年目に入りました。(このホールの最寄り駅の)都立大学は、(内弟子としてお世話になった)猪俣公章先生のところを離れて、初めて一人暮らしをしたところです。この思い出の地で31年目の新たなスタートを切らせていただくことになりました」とあいさつ。

坂本冬美02

 オリジナル曲とはひと味違ったポップな新アレンジで、同アルバムから「石狩挽歌」(北原ミレイ)をはじめ、「大阪しぐれ」(都はるみ)、「越冬つばめ」(森昌子)、「人生いろいろ」(島倉千代子)、「愛燦燦」(美空ひばり)、「津軽海峡・冬景色」(石川さゆり)、それに新曲「百夜行」など全9曲を1時間にわたって熱唱。

 その中で、「津軽海峡・冬景色」について「このアルバム『ENKA』の中で一番思い出のある曲です。私が小学校5年生のとき、初めて買ったレコードです。当時は、600円の時代でした。石川さゆりさんのような歌手になりたいとあこがれていまして、いまだに石川さゆりさんとお会いすると、直立不動になって緊張します」と語った。

坂本冬美03

 今度の新曲「百夜行」は、「火の国の女」「夜桜お七」に続く情念の世界を歌い上げた作品で、心を惑わす煩悩、過ぎたる欲を鬼にたとえた「百鬼夜行」がテーマ。

坂本冬美04

3月30日に50歳になる彼女が等身大で歌うスケールの大きな力強い女唄で、「これが50枚目のシングルになります。『百鬼夜行』の鬼を隠しました。なぜ隠したかと言いますと、女性の心には鬼がいるからです。でも、鬼と言っても怖い鬼ではありません。愛するがゆえに、いろんな感情が入り交じっているとてもせつない歌です。私は、この歌のような命がけの恋をしたことはありませんし、去年、恋愛は封印しましたので、50歳になってからは、この演歌の道をまっしぐらに歩んでいきたい」と話していた。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
水森かおり(その1)
■水森かおりが亡き恩人・徳間康快元社長の墓前に「NHK紅白歌合戦」15年連続15回目の出場を報告

今年でデビュー23年目を迎え、最新シングル「早鞆ノ瀬戸」(徳間ジャパン

伊藤美裕(その3)
■歌謡曲の歌姫・伊藤美裕が東京では2017年を締めくくる冬のワンマンライブ

「コロムビア創立100周年記念歌謡曲アーティスト」として2011年4月

原田悠里(その3)
■原田悠里が1年に一度のコンサート。歌謡浪曲の師匠・二葉百合子と7年ぶりの共演で、二葉の十八番「湯島の白梅」を熱演・熱唱

今年でデビュー36年目を迎え、新曲「佐原雨情」(発売・キングレコード)

舟木一夫(その2)
■舟木一夫が新橋演舞場12月公演のゲネプロ公開。尾上松也、里見浩太朗ら豪華キャストで12月2日から上演

今年で芸能生活55周年を迎え、1月の新橋演舞場でのコンサートからスター

中村雅俊(その3)
■中村雅俊が東京・中野サンプラザホールでコンサート総本数1500回突破記念公演。ステージ上で鏡割りも

通算54枚目となる両A面の最新シングル「どこへ時が流れても/まだ僕にで

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる