*

■三笠優子が新曲「おんなの真田丸」の舞台、長野・上田市の上田城を訪れ、真田神社で大ヒット祈願

公開日: : ニュース

最新シングル「おんなの真田丸」=キングレコードから昨年7月27日発売=がロングセラー中の演歌歌手・三笠優子(68)が13日、同曲の舞台、長野・上田市の上田城を訪れ、同城内にある「真田神社」で大ヒット祈願を行った。

三笠優子(その1)

昨年は、NHK大河ドラマ「真田丸」で、真田丸ブームが巻き起こったが、「おんなの真田丸」はその真田丸をモチーフにした作品で、同ドラマの人気と相まって「USENリクエスト演歌」で第1位を獲得するなどして人気曲の仲間入りを果たした。

三笠優子(その2)

 そんな新曲が歌の舞台の地でも盛り上がっている中、上田市役所に行き、上田市長の母袋創一さん(64)を表敬訪問。「大河ドラマ『真田丸』の人気のお陰で、この上田市への観光客も大幅に増えていますし、三笠さんの『おんなの真田丸』もたくさんの方に歌われ、親しまれているようですので、われわれも広く市民の皆さんに伝わっていけばいいなと思っています」と期待を寄せていた。

三笠優子(その4)

 続いて、同大河ドラマの主人公・真田信繁(幸村)ゆかりの上田城を訪れ、「私も大河ドラマ『真田丸』が好きで、毎週楽しみに見てきましたし、今度の新曲を発売したときからずっと、真田幸村ゆかりの場所に行きたかったので、それが今日実現できてうれしかったです。上田城に来たのは今日が初めてですが、なぜか自分の故郷に帰ってきたような懐かしさを感じましたし、まるで真田一族の子孫のような錯覚を覚えました。

三笠優子(その5)

命がけで主人を守り、真実一筋に生きてきた女性の気持ちが歌われている歌ですが、いまの時代にも通じるものがありますし、そんな素晴らしい詞と曲ですので、一人でも多くの方に聴いていただきたい」と話していた。

三笠優子(その3)

同城は、幸村の父・真田昌幸が1583年に築城した難攻不落の城として知られているが、その城内にある真田神社でさらなるヒットを願い、「この詞を初めて見せていただいたとき、これはいい作品なので、ぜひ歌わせてほしいなと思いました。発売してから7カ月半がたちましたが、私のミリオンヒット曲『夫婦舟』がヒットするまでに1年以上がかかったように、これからもじっくりとこの新曲に取り組んで、全国の皆さんに聴いていただきながら大ヒットを目指し、私の代表曲になるよう頑張りたい」と新たな意欲に燃えていた。

三笠優子(その6)

 前日12日には、長野・松川村のパラオ特設会場で200人を超えるファンが詰めかける中、「ふれあいコンサート」を開き、新曲をはじめ、「夫婦川」「無法松の一生」「母ごころ」「夫婦舟」など全11曲を熱唱。

ファイナルでは客席全員と新曲を大合唱して最後まで大盛況を呈し、「いまでは各地のコンサートの最後に『おんなの真田丸』をアンコールされたり、たくさんの方がカラオケで歌ってくださったりしていますので、確かな手ごたえを感じている今日このごろです」と目を輝かせていた。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
IMG_9180
「市川由紀乃&福田こうへい 夢の競演 スペシャル生配信ライブ」オフィシャル原稿

演歌歌手・市川由紀乃(45)と福田こうへい(44)が1月24日、都内ス

田川寿美(その3)
田川寿美が東京・豪徳寺で新曲「楓」ヒット御礼詣で。浅草ヨーロー堂で初めての生配信キャンペーンも開催

今年4月でデビュー30年目を迎える演歌歌手・田川寿美(45)が22日、

古都清乃(その2)
■古都清乃が恩師・吉田正さんの生誕100年の日に歌手生活55周年記念曲「笑顔の花」発売&新曲発表ライブ

国民栄誉賞を受賞した昭和を代表する作曲家・吉田正さん(享年77)の門下

福田こうへい(その2)
■福田こうへいが地元・盛岡市の中学校での講演で令和3年の仕事をスタート

昨年、第62回日本レコード大賞最優秀歌唱賞を受賞、元日に10枚目のシン

中澤卓也
USEN唄小屋  『中澤卓也&新浜レオン バレンタインDAY~愛と感謝を込めて~』

昨年11月14日に開催した配信コンサート「有線唄小屋」の第2弾開催が発

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる