*

■演歌新時代! 新世代歌謡グループ、はやぶさが浅草花やしき座で初のフルアルバム「はやぶさファースト」発売記念イベント

公開日: : ニュース

デビュー6年目を迎えた男性3人組新世代歌謡グループ、はやぶさ=ヤマト(23)、ヒカル(29)、ショウヤ(23)=が15日、東京・浅草の遊園地「花やしき」の園内にある「花やしき座」で1stフルアルバム「はやぶさファースト」(ビクターエンタテインメントから3月15日発売)発売記念イベントを開いた。

はやぶさ(その1)

花やしきは、日本初の遊園地で、はやぶさも初シングル「ヨコハマ横恋慕」のヒット祈願(浅草寺)や初のワンマンコンサート(浅草公会堂)など「浅草」と「初」との関係が深い。そんな浅草での初のフルアルバム発売記念イベントに大勢のマスコミやファン限定50人の招待者が詰めかける中、ヤマトは「一昨年12月から1年間かけて、Twitterのフォロワー数を1万人にする計画が、皆さんのお陰で達成することができまして、そのご褒美として今回のアルバムを発売させていただきました。言うなればこれは、皆さんに作っていただいたアルバムです」。

 ショウヤは「いつも応援していただいて、この1stフルアルバムの発売日を迎えることができて大変うれしいです」。ヒカルは「今日は、待ちに待った初めてのフルアルバムの発売日をこういう形で迎えさせていただき本当に幸せです。素晴らしい作品を作っていただき、DVDが入っていたり、3人がそれぞれにメインボーカルをとらせていただいているカバー曲なども入っていて、デビュー当時には考えられなかった夢のようなアルバムを出すことができて本当に幸せです」と笑顔であいさつ。

はやぶさ(その2)

 そのアルバムのために作曲家・鶴岡雅義さんが書き下ろした「北斗の町へ」をはじめ、同ボーナストラックに収録されている昭和の名曲のカバーからヤマトのソロで「おまえに」、ヒカルのソロで「花街の母」、ショウヤのソロで「千の風になって」、それに初収録オリジナル曲から「七転八起」の全5曲を熱唱。

 その後、メンバーたちと一緒にメリーゴーラウンドに搭乗できる3人のファンを選ぶじゃんけん大会を行い、園内にあるメリーゴーラウンドに3人のメンバーそれぞれがファンと一緒に遊園地でのひとときを楽しんだ。

はやぶさ(その3)

 同アルバムは、通常盤には、これまで発売した7枚のシングル表題曲に加え、初収録曲8曲の全15曲収録(内3曲は、メンバーセレクトのボーナス曲)。初回限定盤には、全シングル表題曲に加え、初収録曲5曲とミュージックビデオ7作品を収録したDVD付きで、ヤマトは「見て聴いて楽しめる盛りだくさんのアルバムです。このアルバム1枚を聴いていただければ、はやぶさのすべてがわかりますので、ぜひ皆さんに聴いていただきたい」とPRした。

 また、5月5日の「NAGARA FESTIVAL 2017」でメンバーのソロコンサートを開催。8月19日にZepp名古屋、同27日にZepp東京の2大ライブハウスでのワンマンコンサート開催。次作シングル「未来はジョー! ジョー!」(発売日は後日発表)が、4月2日スタートのテレビ東京系アニメ「デュエル・マスターズ」(毎週日曜、前8・30)のオープニングテーマに決まったことも発表された。

はやぶさ(その4)

はやぶさが同番組のオープニング曲を担当するのは、第6弾シングル「エボレボ!」に続いて2回目。同じアーティストが2度もオープニングテーマを担当するのは、アニメ「デュエル・マスターズ」シリーズでは初めてのこと。演歌新時代に台頭するはやぶさの今後の活躍に期待が高まる。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
水森かおり(その1)
■水森かおりが亡き恩人・徳間康快元社長の墓前に「NHK紅白歌合戦」15年連続15回目の出場を報告

今年でデビュー23年目を迎え、最新シングル「早鞆ノ瀬戸」(徳間ジャパン

伊藤美裕(その3)
■歌謡曲の歌姫・伊藤美裕が東京では2017年を締めくくる冬のワンマンライブ

「コロムビア創立100周年記念歌謡曲アーティスト」として2011年4月

原田悠里(その3)
■原田悠里が1年に一度のコンサート。歌謡浪曲の師匠・二葉百合子と7年ぶりの共演で、二葉の十八番「湯島の白梅」を熱演・熱唱

今年でデビュー36年目を迎え、新曲「佐原雨情」(発売・キングレコード)

舟木一夫(その2)
■舟木一夫が新橋演舞場12月公演のゲネプロ公開。尾上松也、里見浩太朗ら豪華キャストで12月2日から上演

今年で芸能生活55周年を迎え、1月の新橋演舞場でのコンサートからスター

中村雅俊(その3)
■中村雅俊が東京・中野サンプラザホールでコンサート総本数1500回突破記念公演。ステージ上で鏡割りも

通算54枚目となる両A面の最新シングル「どこへ時が流れても/まだ僕にで

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる