*

■井上由美子が鬼子母神堂で新曲「母情歌」ヒット祈願&作品奉納。「ヒットさせ、母に親孝行したい」

公開日: : ニュース

デビュー14年目を迎えた演歌歌手・井上由美子(40)が、キングレコードから3月22日にニュー・シングル「母情歌(ははじょうか)」(詞・志賀大介、曲・岡千秋)を発売することになり21日、東京・雑司が谷の鬼子母神堂で新曲ヒット祈願&作品奉納を行った。

井上由美子(その1)

今回は、母と子の絆をうたった作品を、母のシンボルとして祀られている「鬼子母神(きしもじん)」に奉納し、ヒットを祈願することになったもの。

 大勢のマスコミ関係者や熱烈なファンたちが詰めかける中、スタッフと一緒にヒット祈願を行ったあと、本堂前で新曲「母情歌」と同カップリング曲「母一輪」を披露した井上は「今日は、この鬼子母神さんでヒット祈願をさせていただきましたので、その御利益で新曲『母情歌』がヒットしそうな予感がしています。ぜひ大ヒットさせたい」と意欲を燃やしていた。

井上由美子(その2)

 新曲を聴いていたファンたちからは「頑張れよ~!」という熱い声援が送られ、「私はいま、母と二人で暮らしています。今日は天気になったらいいねと話していたんですけれど、あいにくの雨になってしまいましたが、記者の方から『雨降って地固まる』というお言葉をかけていただきました。そして今日の雨のように、母にも、支えてくださる親同然の皆さん(ファン)にもこれからいっぱいうれし涙を流してもらいたい、そんな思いを込めて『母情歌』がヒットするように心を込めて歌っていきたいと思います。どうか皆さん、私が紅白に出るまで長生きしてくださいね(笑)」とあいさつ。

 また、「プライベートでもまたここにお参りに来させていただきたいですし、私は子どもが大好きなので、自分に子どもができたらいいなと思いました。そのできた赤ちゃんを、応援してくださる皆さんに子守してもらうのも一つの夢だなと、そんなことも考えていました」。

井上由美子(その3)

 「母情歌」「母一輪」とも母をテーマにした楽曲で、「15歳のとき、大阪から歌手になりたくて母を連れてあてもない東京に出てきて、二人でずっと暮らしてきましたので、一日も早く母を楽にさせてあげたいという思いが、最近は特に強くなってきた矢先に今回の新曲をいただきました。この母をうたった曲がヒットして親孝行ができたら最高ですね。これからは母が喜ぶことを一つでも多くしてあげたいなと思っています。私自身も親の気分を味わってみたいので、急いで(結婚できるよう)頑張りたいです」と話していた。

 来る5月1日には、東京・北とぴあ・つつじホールで「井上由美子の♪またKITAKU(キタク)なるコンサート♪」と銘打ったコンサートを開く。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
夜桜演歌まつり(その1)
■長良グループ主催「第20回夜桜演歌まつり」が東京・杉並区で開催。山川豊ら全11組が競演、全24曲を熱唱

毎年恒例の演歌の一大イベント「第二十回・長良グループ 夜桜演歌まつり~

山内惠介(その1)
■山内惠介が47都道府県コンサートツアーを4月11日の東京・中野サンプラザからスタート。公開リハーサルを

昨年は、「NHK紅白歌合戦」に4年連続出場を果たし、今年3月6日発売の

山川-豊(その3)
■山川豊が「三重テラス」来館者350万人達成記念ご愛顧感謝キャンペーンのコンシェルジュに就任

自身初となる故郷・三重県を舞台にした最新シングル「今日という日に感謝し

坂本冬美(その2)
■坂本冬美が51歳最後の日に恩師・猪俣公章さんの生誕80周年記念作品を全10曲熱唱。マルシアとデュエットも

最新シングル「熊野路へ」がロングヒット中で、3月30日に52歳の誕生日

辰巳ゆうと(その3)
■辰巳ゆうとが東京・赤羽会館で初のワンマンコンサート。600席のチケットはわずか1分で完売

「力いっぱい、演歌です!」をキャッチフレーズに昨年1月17日「下町純情

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる