*

■井上由美子が鬼子母神堂で新曲「母情歌」ヒット祈願&作品奉納。「ヒットさせ、母に親孝行したい」

公開日: : ニュース

デビュー14年目を迎えた演歌歌手・井上由美子(40)が、キングレコードから3月22日にニュー・シングル「母情歌(ははじょうか)」(詞・志賀大介、曲・岡千秋)を発売することになり21日、東京・雑司が谷の鬼子母神堂で新曲ヒット祈願&作品奉納を行った。

井上由美子(その1)

今回は、母と子の絆をうたった作品を、母のシンボルとして祀られている「鬼子母神(きしもじん)」に奉納し、ヒットを祈願することになったもの。

 大勢のマスコミ関係者や熱烈なファンたちが詰めかける中、スタッフと一緒にヒット祈願を行ったあと、本堂前で新曲「母情歌」と同カップリング曲「母一輪」を披露した井上は「今日は、この鬼子母神さんでヒット祈願をさせていただきましたので、その御利益で新曲『母情歌』がヒットしそうな予感がしています。ぜひ大ヒットさせたい」と意欲を燃やしていた。

井上由美子(その2)

 新曲を聴いていたファンたちからは「頑張れよ~!」という熱い声援が送られ、「私はいま、母と二人で暮らしています。今日は天気になったらいいねと話していたんですけれど、あいにくの雨になってしまいましたが、記者の方から『雨降って地固まる』というお言葉をかけていただきました。そして今日の雨のように、母にも、支えてくださる親同然の皆さん(ファン)にもこれからいっぱいうれし涙を流してもらいたい、そんな思いを込めて『母情歌』がヒットするように心を込めて歌っていきたいと思います。どうか皆さん、私が紅白に出るまで長生きしてくださいね(笑)」とあいさつ。

 また、「プライベートでもまたここにお参りに来させていただきたいですし、私は子どもが大好きなので、自分に子どもができたらいいなと思いました。そのできた赤ちゃんを、応援してくださる皆さんに子守してもらうのも一つの夢だなと、そんなことも考えていました」。

井上由美子(その3)

 「母情歌」「母一輪」とも母をテーマにした楽曲で、「15歳のとき、大阪から歌手になりたくて母を連れてあてもない東京に出てきて、二人でずっと暮らしてきましたので、一日も早く母を楽にさせてあげたいという思いが、最近は特に強くなってきた矢先に今回の新曲をいただきました。この母をうたった曲がヒットして親孝行ができたら最高ですね。これからは母が喜ぶことを一つでも多くしてあげたいなと思っています。私自身も親の気分を味わってみたいので、急いで(結婚できるよう)頑張りたいです」と話していた。

 来る5月1日には、東京・北とぴあ・つつじホールで「井上由美子の♪またKITAKU(キタク)なるコンサート♪」と銘打ったコンサートを開く。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
香西かおり写真01
■香西かおりが東京・新宿文化センターで30周年記念リサイタル。ファンに感謝を込めながら全24曲熱唱

弾「わすれ花」(発売・ユニバーサルミュージック)が好セールス中の演歌歌

大川栄策(その1)
■「大川栄策歌謡塾」主催のカラオケ発表会&コンサート。大川栄策が自ら歌唱指導も

新曲「忍ぶの乱れ」(発売・日本コロムビア)が好調の演歌歌手・大川栄策(

走-裕介(その3)
■走裕介が東京で約1年ぶりのソロコンサート。師匠の船村徹メドレーや本格的な衣装での外郎売りを披露

第10弾シングル「星屑の恋」(詞・石原信一、作曲&編曲・蔦将包)=日本

福田みのる(その1)
■福田みのるが東京・赤坂で20周年記念曲&徳間ジャパン移籍第1弾「追憶はいつも雨」発売記念ライブ

新国劇・大山克己に師事し、舞台・映像俳優として10数年にわたって活動後

市川由紀乃(その1)
■市川由紀乃が金沢・主計町茶屋街で書にチャレンジ。演歌の「道」を歩んでいく覚悟、気持ちを込めて

新曲「はぐれ花」(詞・麻こよみ、曲・徳久広司)=キングレコードから3月

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる