*

■中村美律子が新曲「かぼちゃの花」発売イベント。かぼちゃの馬車に見立てた人力車に乗って雷門周辺を駆け抜けながら新曲をPR

公開日: : ニュース

デビュー31年目を迎えた演歌歌手・中村美律子(66)が27日、東京・浅草で新曲「かぼちゃの花」(詞・喜多條忠、曲・叶弦大)=キングレコードから3月8日発売=発売記念イベントを行った。

中村美律子(その1)

タイトルにちなんで、浅草で人気の人力車を「かぼちゃの馬車」に見立てて、3人のイケメン車夫と一緒に雷門周辺を駆け抜けながら新曲をPR。

 前日から降り続ける雨の中、大勢の観光客や地元の人たちが立ち止まって、目の前を通る「かぼちゃの馬車」に興味深そうに目をやると、その視線に向かって「新曲『かぼちゃの花』をよろしくお願いします」と笑顔を見せながら手を振った。

中村美律子(その2)

 人力車から降りると、かぼちゃの花を絵柄にした着物を着た中村は「『かぼちゃの馬車』ということで、すごく期待しながら乗せていただきました。乗ってしまうと外側は見えていないので、どんなんだったかわからへんのですけれど、可愛かったんと違います。私は晴れ女なのに、今日は雨が降って寒かったのですが、いままでにはないことだったので、逆に『よし頑張るぞ!』、『雨降って地固まる』という気分にもなりました」とうれしそうだった。

中村美律子(その3)

新曲については「とても可愛い歌です。作詞の喜多條忠さんから『みっちゃんにぴったりの歌ができたんだよ』と言ってくださったので、『どんな歌ですか?』と聞いたら『かぼちゃの花』や、と言われて、こけそうになりました(笑)。でも、体にとてもいいかぼちゃの花ですから…。元気、明るい、そういうイメージのもとにこの歌が出来上がったそうです。男性側から歌っている曲でして、女性にプロポーズしているという感じの曲です。かぼちゃというのはすごい栄養があるんです。どんな病気も治してしまうくらいのパワーがあるそうなので、そういう意味でもありがたい歌をいただいたので、ぜひヒットさせたいですね」と意欲を燃やしていた。

中村美律子(その4)

「自分を花にたとえると何ですか?」という記者の質問には「明るくていつもニコニコ笑っているので、ひまわりだと言ってくださる方がいらっしゃいますが、かぼちゃは、花があって、実があって、その実はものすごく健康によくて、役に立つんだよということが伝わったらいいですね」と答えた。

 その後、CDショップ「ヨーロー堂」の店頭で大勢のファンや観光客が詰めかける中、「新曲『かぼちゃの花』を生で聴いていただき、『よしっ、応援してやろう』と思っていただけたらうれしいです」とあいさつし、新曲を披露。「かぼちゃは体にいいんです。この歌を聴いていただいて、気持ちもほっこりとしていただけたらうれしいです」と話していた。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
岩佐美咲(その3)
■岩佐美咲が東京・三軒茶屋の太子堂八幡神社で新曲「恋の終わり三軒茶屋」ヒット祈願。絵馬に大ヒットの願いを

 昨年2月27日発売の第7弾シングル「佐渡の鬼太鼓」がオリコン週間シン

みんかよ音楽祭(その2)
「みんかよ音楽祭」で加門亮、北野都、福田みのるら全10アーティストが3時間半にわたって競演

「みんかよ」の愛称で親しまれ、全国の演歌・歌謡曲ファンに愛読されている

山本あき(その3)
■山本あきが45回目のマンスリーライブ。昭和歌謡のカバー曲を中心に熱唱。20数年ぶりにドラムに挑戦

第14弾シングル「桜の小径」(発売・キングレコード)がロングヒット中の

渥美二郎(その3)
■渥美二郎が演歌道50年ファイナルのコンサートを東京・浅草公会堂で開催。民謡やピアノの弾き語りも披露

自身の作曲による演歌道50年記念曲「涙色のタンゴ」(詩・桜井幸介、曲・

福田&水城(その2)
■福田こうへい&水城なつみが東京・護国寺で豆まき&ミニライブ。共に2月発売の新曲を披露

「天竜流し」がロングヒット中の演歌歌手・福田こうへい(42)と、「江差

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる