*

■中村美律子が新曲「京都二寧坂」発売記念イベント。京都の芸妓&舞妓とお座敷遊び

公開日: : ニュース

今年でデビュー31年目を迎えた演歌歌手・中村美律子(67)が、キングレコードから9月27日にニュー・シングル「京都二寧坂」(詞・松井由利夫、曲・叶弦大)を発売するのに先がけて9月12日、東京・赤坂の和風レストラン&バー「うさぎや」で新曲発売記念イベントを行った。

中村美律子(その1)

同曲は、京都・清水寺の参道にある「二寧坂(にねんざか)」(二年坂)を舞台に、一人旅をする女性が別れた男性とのせつない恋を振り返る女心をうたった作品だ。

 それにちなんで、この日は、京都のお茶屋「小田本(おだもと)」から芸妓・佳つ江(かつえ)さん、舞妓・佳つ扇(かつせん)さんの2人が駆けつけ、中村と一緒にぐい呑みを使ったお座敷遊び「金比羅船々」で楽しんだ。

中村美律子(その2)

わずかな時間だったが、初めての遊びに夢中になりながら「きれいなお姉さんが京都から来てくれはって、不思議な緊張感がありました。私はお酒が飲めないんですが、お酒を飲みながらこんな遊びをしたらもっと楽しいでしょうね」と笑顔を見せた。

 新曲は、作詞家・松井由利夫さんが生前、書き下ろし、担当ディレクター・中田信也さんが温めていた作品で、「坂道を歩きながらいろんなことを思い出している女性の気持ちをうたった曲でして、私の中では、京都の二寧坂を案内しているイメージで、その二寧坂の雰囲気の中で女心をからませて歌っています」。

中村美律子(その3)

また、「京都は好きでよく行きますが、祇園のお店に入ったことはありません。私はあの祇園の雰囲気が好きでして、ちょっと入ってみたいなと、そそられますね。祇園を通ると、女性でもどんな遊びをするのか、ちょっとのぞいてみたいなという気持ちになります」と話していた。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
水森かおり(その1)
■水森かおりが亡き恩人・徳間康快元社長の墓前に「NHK紅白歌合戦」15年連続15回目の出場を報告

今年でデビュー23年目を迎え、最新シングル「早鞆ノ瀬戸」(徳間ジャパン

伊藤美裕(その3)
■歌謡曲の歌姫・伊藤美裕が東京では2017年を締めくくる冬のワンマンライブ

「コロムビア創立100周年記念歌謡曲アーティスト」として2011年4月

原田悠里(その3)
■原田悠里が1年に一度のコンサート。歌謡浪曲の師匠・二葉百合子と7年ぶりの共演で、二葉の十八番「湯島の白梅」を熱演・熱唱

今年でデビュー36年目を迎え、新曲「佐原雨情」(発売・キングレコード)

舟木一夫(その2)
■舟木一夫が新橋演舞場12月公演のゲネプロ公開。尾上松也、里見浩太朗ら豪華キャストで12月2日から上演

今年で芸能生活55周年を迎え、1月の新橋演舞場でのコンサートからスター

中村雅俊(その3)
■中村雅俊が東京・中野サンプラザホールでコンサート総本数1500回突破記念公演。ステージ上で鏡割りも

通算54枚目となる両A面の最新シングル「どこへ時が流れても/まだ僕にで

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる