*

■中村美律子が新曲「京都二寧坂」発売記念イベント。京都の芸妓&舞妓とお座敷遊び

公開日: : ニュース

今年でデビュー31年目を迎えた演歌歌手・中村美律子(67)が、キングレコードから9月27日にニュー・シングル「京都二寧坂」(詞・松井由利夫、曲・叶弦大)を発売するのに先がけて9月12日、東京・赤坂の和風レストラン&バー「うさぎや」で新曲発売記念イベントを行った。

中村美律子(その1)

同曲は、京都・清水寺の参道にある「二寧坂(にねんざか)」(二年坂)を舞台に、一人旅をする女性が別れた男性とのせつない恋を振り返る女心をうたった作品だ。

 それにちなんで、この日は、京都のお茶屋「小田本(おだもと)」から芸妓・佳つ江(かつえ)さん、舞妓・佳つ扇(かつせん)さんの2人が駆けつけ、中村と一緒にぐい呑みを使ったお座敷遊び「金比羅船々」で楽しんだ。

中村美律子(その2)

わずかな時間だったが、初めての遊びに夢中になりながら「きれいなお姉さんが京都から来てくれはって、不思議な緊張感がありました。私はお酒が飲めないんですが、お酒を飲みながらこんな遊びをしたらもっと楽しいでしょうね」と笑顔を見せた。

 新曲は、作詞家・松井由利夫さんが生前、書き下ろし、担当ディレクター・中田信也さんが温めていた作品で、「坂道を歩きながらいろんなことを思い出している女性の気持ちをうたった曲でして、私の中では、京都の二寧坂を案内しているイメージで、その二寧坂の雰囲気の中で女心をからませて歌っています」。

中村美律子(その3)

また、「京都は好きでよく行きますが、祇園のお店に入ったことはありません。私はあの祇園の雰囲気が好きでして、ちょっと入ってみたいなと、そそられますね。祇園を通ると、女性でもどんな遊びをするのか、ちょっとのぞいてみたいなという気持ちになります」と話していた。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
岩佐美咲(その3)
■岩佐美咲が東京・三軒茶屋の太子堂八幡神社で新曲「恋の終わり三軒茶屋」ヒット祈願。絵馬に大ヒットの願いを

 昨年2月27日発売の第7弾シングル「佐渡の鬼太鼓」がオリコン週間シン

みんかよ音楽祭(その2)
「みんかよ音楽祭」で加門亮、北野都、福田みのるら全10アーティストが3時間半にわたって競演

「みんかよ」の愛称で親しまれ、全国の演歌・歌謡曲ファンに愛読されている

山本あき(その3)
■山本あきが45回目のマンスリーライブ。昭和歌謡のカバー曲を中心に熱唱。20数年ぶりにドラムに挑戦

第14弾シングル「桜の小径」(発売・キングレコード)がロングヒット中の

渥美二郎(その3)
■渥美二郎が演歌道50年ファイナルのコンサートを東京・浅草公会堂で開催。民謡やピアノの弾き語りも披露

自身の作曲による演歌道50年記念曲「涙色のタンゴ」(詩・桜井幸介、曲・

福田&水城(その2)
■福田こうへい&水城なつみが東京・護国寺で豆まき&ミニライブ。共に2月発売の新曲を披露

「天竜流し」がロングヒット中の演歌歌手・福田こうへい(42)と、「江差

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる