*

■中村美律子が新曲「京都二寧坂」発売記念イベント。京都の芸妓&舞妓とお座敷遊び

公開日: : ニュース

今年でデビュー31年目を迎えた演歌歌手・中村美律子(67)が、キングレコードから9月27日にニュー・シングル「京都二寧坂」(詞・松井由利夫、曲・叶弦大)を発売するのに先がけて9月12日、東京・赤坂の和風レストラン&バー「うさぎや」で新曲発売記念イベントを行った。

中村美律子(その1)

同曲は、京都・清水寺の参道にある「二寧坂(にねんざか)」(二年坂)を舞台に、一人旅をする女性が別れた男性とのせつない恋を振り返る女心をうたった作品だ。

 それにちなんで、この日は、京都のお茶屋「小田本(おだもと)」から芸妓・佳つ江(かつえ)さん、舞妓・佳つ扇(かつせん)さんの2人が駆けつけ、中村と一緒にぐい呑みを使ったお座敷遊び「金比羅船々」で楽しんだ。

中村美律子(その2)

わずかな時間だったが、初めての遊びに夢中になりながら「きれいなお姉さんが京都から来てくれはって、不思議な緊張感がありました。私はお酒が飲めないんですが、お酒を飲みながらこんな遊びをしたらもっと楽しいでしょうね」と笑顔を見せた。

 新曲は、作詞家・松井由利夫さんが生前、書き下ろし、担当ディレクター・中田信也さんが温めていた作品で、「坂道を歩きながらいろんなことを思い出している女性の気持ちをうたった曲でして、私の中では、京都の二寧坂を案内しているイメージで、その二寧坂の雰囲気の中で女心をからませて歌っています」。

中村美律子(その3)

また、「京都は好きでよく行きますが、祇園のお店に入ったことはありません。私はあの祇園の雰囲気が好きでして、ちょっと入ってみたいなと、そそられますね。祇園を通ると、女性でもどんな遊びをするのか、ちょっとのぞいてみたいなという気持ちになります」と話していた。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
■ムード歌謡の貴公子・タブレット純がデビュー20周年記念リサイタル。5月11日に20周年記念シングル「百日紅」発売

 ムード歌謡の伝説的グループ〝和田弘とマヒナスターズ〟の最後のボーカ

■田川寿美が東京・花園神社でデビュー30周年記念曲「雨あがり」のヒット御礼詣で&さらなる飛躍を祈願。7月6日には新曲「白秋」も発売

 1992年に「女…ひとり旅」でデビューして今年で31年目を迎えた演

■門松みゆきが出身地・小田原市で3年ぶりに復活した市内最大の観光イベントの「武者隊パレード」に足軽に扮して参加。

 デビュー4年目を迎え、5月25日に第4弾シングル「彼岸花咲いて」(

■おかゆがニューシングル「赤いひまわり」発売を記念して東京・池袋でミニライブ配信。自ら出演のMVフルバージョンも同時公開

 メジャーデビューして4年目を迎える平成のおんなギター流し&シンガー

■水森かおりが福井・若狭町に4月21日オープンの桂由美記念館のオープニングセレモニーにサプライズで登場。6月発売の「九十九里浜」タイプC・Dのカップリング曲に福井県が舞台の曲と初のブライダルソングを収録

 今年でデビュー27年を迎え、千葉県を舞台にした最新シングル「九十九

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる