*

■井上由美子が新曲「ひとり北夜行」発売イベント。鉄道関連企業とのコラボ第1弾はアキバの鉄道居酒屋で

公開日: : ニュース

「恋の糸ぐるま」(2004年1月7日発売)でデビューして今年で13年目を迎えた演歌歌手・井上由美子(39)が、17枚目のニュー・シングル「ひとり北夜行」(詞・円香乃、曲・岡千秋)をキングレコードから5月11日に発売=オリコン演歌チャート初登場7位(5月23日付)を記録し、有線チャートで赤マル急上昇中=したのを記念して26日、東京・秋葉原の鉄道居酒屋 LittleTGVで新曲ベントを行った。

井上由美子(その1)

今回は、新曲のタイトルにちなんで様々な鉄道関連企業とのコラボ企画を計画中だそうで、この日はその第1弾。

 同店は、鉄道をモチーフとしたアキバ系鉄道居酒屋で、新秋葉電気鉄道の乗務員が来店客を出迎え、貴重な鉄道グッズや鉄道模型などで大人から子どもまで楽しめる店として人気を集めている。
 そんな異色の人気居酒屋に大勢のマスコミ関係者が詰めかけ、同店名物の可愛い乗務員、ねこさんとらんさんも取材会に参加する中、国鉄時代に使用された本物の帽子(自分で選んで購入)をかぶり、車掌のイメージで自らデザインした制服を着て、「本日はご乗車ありがとうございます」とあいさつして新曲「ひとり北夜行」を熱唱。 

井上由美子(その2)

 また、コラボメニューとして、オリジナルカクテル「ひとり北夜行」(ドリンク編)=カラーやスノースタイルのグラス、フルーツで楽曲の世界観「片想い」「ひとり」「夜」「北(冬、北国)」をイメージ。税込み800円=と「HKY(ひとり北夜行)プレート」(フード編)=SLのプレートに揚げ物3種を盛り付け(H→挟み揚げ、K→カキフライ、Y→山芋揚げ)。税込み900円)=の2つのオリジナルメニューを披露。
酒は一滴も飲めないという彼女だが「このカクテルはどんな味がするか飲んでみたい」と言いながら一口飲んでみたところ、「苦くて甘いです。『ひとり北夜行』という味がします。でも、ちょっと酔ったみたい…」と笑顔を見せながら「今月いっぱいの期間限定でこのオリジナルカクテルとHKYプレートを販売させていただきますので、よろしくお願いします」とPRしていた。

井上由美子(その3)

 新曲については「昭和の香りもちょっとするような曲でして、歌詞は未練を断ち切るために北に向かって旅に出る女性を描いています。曲がとてもノリがよくて、前に前にどんどん進んでいくテンポ感がとても心地いいです。私もいま前に進んでいきたい時期なので、背中を押してもらえるような曲に出合えてすごくうれしくて、ワクワクしながら歌っています。いままでのタイプとは違った曲ですので、聴いてくださる方がどんなふうに感じてくださるか楽しみです。皆さんが『こういう曲が由美子ちゃんに合っているよ』と言ってくださるので、心強いですし、ますますやる気が沸いているところです」と話していた。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
岩佐美咲(その3)
■岩佐美咲が東京・三軒茶屋の太子堂八幡神社で新曲「恋の終わり三軒茶屋」ヒット祈願。絵馬に大ヒットの願いを

 昨年2月27日発売の第7弾シングル「佐渡の鬼太鼓」がオリコン週間シン

みんかよ音楽祭(その2)
「みんかよ音楽祭」で加門亮、北野都、福田みのるら全10アーティストが3時間半にわたって競演

「みんかよ」の愛称で親しまれ、全国の演歌・歌謡曲ファンに愛読されている

山本あき(その3)
■山本あきが45回目のマンスリーライブ。昭和歌謡のカバー曲を中心に熱唱。20数年ぶりにドラムに挑戦

第14弾シングル「桜の小径」(発売・キングレコード)がロングヒット中の

渥美二郎(その3)
■渥美二郎が演歌道50年ファイナルのコンサートを東京・浅草公会堂で開催。民謡やピアノの弾き語りも披露

自身の作曲による演歌道50年記念曲「涙色のタンゴ」(詩・桜井幸介、曲・

福田&水城(その2)
■福田こうへい&水城なつみが東京・護国寺で豆まき&ミニライブ。共に2月発売の新曲を披露

「天竜流し」がロングヒット中の演歌歌手・福田こうへい(42)と、「江差

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる