*

■ささきいさおが55周年記念曲「今の向こうの今を」発売記念インストアイベント

公開日: : ニュース

昨年、デビュー55周年を迎え、「アニメソング界の大王」と呼ばれて現在も第一線で活躍中の歌手・ささきいさお(74)が、同記念曲「今の向こうの今を」(詞・畑亜貴、曲・黒須克彦)を日本コロムビアから5月25日に発売したのを記念して同日、東京・池袋のHMVエソラ池袋イベントスペースでミニライブ&サイン会を開いた。

ささきいさお(その1)

約120人の熱烈なファンが詰めかける中、「55年は長い年月ですが、たってしまうとあっという間で、15年ぐらいにしか感じませんね。楽しいことより苦労したことのほうが多かったですが、楽しいことがあったから苦労したことを忘れるのかもしれません。でも、この年齢で新曲が出せるのは(応援してくださる)皆さんのお陰です」と笑顔であいさつ。

アニソンの代表曲から「宇宙戦艦ヤマト」をはじめ、「銀河鉄道999」「秘密戦隊ゴレンジャー」、新曲のカップリング曲で、彼が大好きなエルビス・プレスリーを彷彿とさせるロックテイストの「始まりは何度でも」、それに新曲「今の向こうの今を」の全5曲を元気いっぱいに熱唱。

ささきいさお(その2)

 その中で新曲について「畑さんが、ご自分のお気に入りの作曲家とアレンジャーの方と一生懸命つくってくださって、いい作品が出来上がりました。今のちょっと先に自分がいるとすると、その自分が今を振り返ったときに『ああ、あんなこともあったよね』『苦しい思い出もあったけどさあ』といったいい思い出になってしまう。だから今を精いっぱい生きたほうがいいと…。いま苦労しても、努力すればその先に明るい自分がいますよという歌です。畑さんがたぶん僕のことをずっと見ていて、苦労したり、いろんなことがあったけど、『あんなこともあったよね』と笑い話にできる自分がいる。だから気持ちが通じたときは会いに行こうという、そういう歌です」と話していた。

 その後、サイン会を行い、ファン一人ひとりと握手を交わした。
 7月18日には、J―SQUARE SHINAGAWA(東京・港区)で「ささきいさお『大王祭』~ニコ生プレミアムライブ~」と銘打った200人限定のプレミアムイベントを行う。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
走-裕介(その4)
マススペシャルディナーショーでオリコン1位の新曲「春待ち草」も熱唱。同じ北海道出身のサクソフォーン奏者・西尾貴浩とコラボも披露

今年でデビュー10周年を迎え、同記念ツアー(全国13カ所13公演)を大

西方&和田(その3)
■西方裕之と和田青児が、あの「伝説のライブ」を平成最後の年に5年ぶりに再演。爆笑トークを交えながら熱唱

「第32回 藤田まさと記念 新作歌謡コンクール」(日本音楽著作家連合主

iwasa_sancha_A
岩佐美咲 新曲は三軒茶屋が舞台の歌謡曲!?

岩佐美咲の8枚目となるシングル「恋の終わり三軒茶屋」が2019年2月1

真木柚布子(その3)
■真木柚布子が30周年記念ディナーショー「三十年の歌語」開催。30年の集大成ステージでファン300人魅了

1989年に「いのちの花」でデビューして今年で30周年を迎え、11月2

中村雅俊(その1)
■中村雅俊が全国ツアーの東京公演を中野サンプラザホールで開催。新曲「だろう!!」も披露

今年4月から9月まで放送されたNHK連続テレビ小説「半分、青い。」でヒ

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる