*

■「演歌男子。」東京ライブで、ジェロ、純烈、徳永ゆうき、花見桜幸樹、最上川司の全5アーティストが共演

CS放送「歌謡ポップスチャンネル」(IMAGICA TVが運営)が主催の音楽イベント「大鵬薬品スペシャル『演歌男子。LIVE 春爛漫 in TOKYO』」が28日昼夜2回、東京・中央区の日本橋三井ホールで開かれ、ジェロ(34)、純烈=酒井一圭(40)、後上翔太(29)、白川裕二郎(39)、林田達也(34)、友井雄亮(36)、小田井涼平(45)=、徳永ゆうき(21)、花見桜幸樹(年齢非公表)、最上川司(年齢非公表)の演歌・歌謡曲系アーティスト全5組が共演して一日限りのコラボレーションライブを行った。

演歌男子。東京ライブ(その1)

演歌・歌謡界で活躍する若手イケメン歌手のトークバラエティー番組として人気を博している「演歌男子。」のライブ版として4回目を数え、今回は異色の経歴を持つ5組のアーティストが集結。代表曲&最新曲をはじめ、男性演歌歌手の名曲をカバーする「先輩演歌男子カバー」や様々なジャンルの名曲をコラボで披露。さらに「昭和タイムスリップ」と題して、懐かしい番組の名物コーナーに挑戦するなどバラエティーに富んだステージだ。

 昼夜で1000人を超えるファンが詰めかける中、全員で「東京ブギウギ」を歌ってオープニングの幕を開け、純烈が「今日は、東京で5組の演歌男子。が集結いたしました。テレビ収録も入っておりますので、皆さんも一緒に番組を盛り上げてください」とあいさつ。 

演歌男子。東京ライブ(その2)

ソロコーナーで、ジェロが「海雪」と新曲「うぬぼれ」、最上川が「まつぽいよ」と新曲「ひとひらの桜」、純烈が「今夜はドラマチック」と新曲「幸福あそび」、徳永が「平成ドドンパ音頭」と新曲「函館慕情」、花見桜が「恋のバカンス」と新曲「アイラブ東京」を熱唱。先輩演歌男子コーナーで、ジェロが、五木ひろしの「よこはま・たそがれ」、純烈が、内山田洋とクール・ファイブの「東京沙漠」など、コラボコーナーで、ジェロ&純烈が、西城秀樹の「ギャランドゥ」、徳永&花見桜が、中島みゆきの「時代」などを披露。

 昭和タイムスリップコーナーでは、早口ことばの挑戦や持ち歌シャッフルメドレー歌唱など盛りだくさんの見どころいっぱいのステージで最後まで客席を楽しませ、フィナーレは全員で沢田研二の「TOKIO」を歌って全24曲のプログラムに幕を閉じた。

演歌男子。東京ライブ(その3)

 最後に最上川は「このような素晴らしいステージで、先輩方からいろいろと勉強させていただいて楽しかったです」、花見桜は「僕は『演歌男子。ライブ』は初めてなんですけれども、温かく迎えていただき、素晴らしいアーティストの皆さまとのかけがえのないステージになりました」。徳永は「皆さまのファンの垣根を越えてのご声援、ありがとうございました。この『演歌男子。』のライブは僕も初めてですが、非常に楽しかったです」。純烈は「一言でチョー気持ちよかったです。1回きりで終わるのはもったいないので、ツアーで回りたいです」。ジェロは「力強いご声援をいただき、気持ちよく歌わせていただきました」と話していた。

 この日の模様は、7月22日午後6時から「歌謡ポップスチャンネル」で独占放送。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
真木柚布子(その3)
■真木柚布子が30周年記念ディナーショー「三十年の歌語」開催。30年の集大成ステージでファン300人魅了

1989年に「いのちの花」でデビューして今年で30周年を迎え、11月2

中村雅俊(その1)
■中村雅俊が全国ツアーの東京公演を中野サンプラザホールで開催。新曲「だろう!!」も披露

今年4月から9月まで放送されたNHK連続テレビ小説「半分、青い。」でヒ

氷川きよし(その2)
■氷川きよしが東京・池袋サンシャインシティで「勝負の花道」G,H.Iタイプ発売イベント

最新シングル「勝負の花道」が20万枚突破と大ヒット中の演歌歌手・氷川き

藤原-浩(その3)
■藤原浩がデビュー25周年記念リサイタル。ゲスト歌手の水田竜子、岩出和也とコラボも披露

1994年5月21日に師匠・遠藤実さんが作曲した「真情」でデビューして

オルリコ(その2)
■中国・内モンゴル出身のオルリコ が新曲発表会&バースデーライブ。 100人のファンとお祝いを

中国・内モンゴル出身、今年デビュー9年目を迎える女性歌手・オルリコ(3

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる