*

■市川由紀乃が本所警察署の一日署長を務め、墨田区民に交通安全をPR。新曲「はぐれ花」が好スタート

公開日: : ニュース

昨年大みそかの「NHK紅白歌合戦」に初出場し、新曲「はぐれ花」(詞・麻こよみ、曲・徳久広司)=キングレコードから3月22日発売=がオリコン演歌 歌謡曲ランキング初登場1位(4月3日付)と幸先のいいスタートを切った演歌歌手・市川由紀乃(41)が30日、東京・墨田区の本所警察署(署長・島田幸治)の一日署長を務めた。

市川由紀乃(その1)

4月6日から同15日まで全国で開催される「春の全国交通安全運動」に先がけて行われたもの。婦人警官の制服を着てスカイツリーが一望できる太平2丁目周辺の横断歩道に立った市川は、一日署長として道行く人たちを安全に誘導しながら笑顔で交通安全をPRした。

 これまでに何度か一日警察署長を経験しているが、「背筋がぴんとする思いです。なかなか経験できることではないですし、歌の世界に入ったからこそできることですので、改めて感謝しています」と気を引き締めた。

 新曲が発売されたばかりで、「とてもうれしいです。いいスタートを切らせていただくことが毎回の目標ですが、今回はその目標を達成してからのスタートですので、これから長く、長く皆さんに愛していただけるように頑張ります」とヒットに意欲を燃やし、「昨年は紅白に出させていただいたお陰で(歌の)会場に駆けつけてくださるお客さまが以前よりとても多くなって、とても感謝しています」。

市川由紀乃(その2)

 交通安全については「私は免許証を持っていませんが、仕事の移動ではいつも車に乗っています。いま自転車の事故がとても多いとうかがっていますし、私自身も自転車に乗る機会が多いので、そのマナーとルールを守ることにはいつも心がけています。スマホなどをしながら自転車に乗るのが一番事故につながると思いますので、そこは皆さんにもぜひ気をつけていただきたいですね」と話していた。

その後、江戸東京博物館大ホールで「子供と高齢者交通安全のつどい」と銘打った式典が開かれ、その式典に出席し、「本日は、本所警察署の一日署長を務めさせていただきます市川由紀乃と申します。今日は、地域の皆さまとのふれあいの時間をとても楽しみにやってまいりました。この時間を大事に、そして交通安全について皆さまと一緒に私自身もたくさんのことを学ばせていただきたいと思っております」とあいさつ。

続いてアトラクションの歌謡ショーを開き、「由紀乃太鼓」をはじめ、大ヒット曲「命咲かせて」、紅白でも歌唱した「心かさねて」、それに新曲「はぐれ花」など全6曲を熱唱。

市川由紀乃(その3)

その新曲については「たった一度の人生ならば、せめて笑顔で春を待って生きていこうという切なく悲しい女心の中にも、3番の歌詞の部分では、前を向いて凜としたそんな女性の姿が描かれている作品に仕上がっています」とアピールしていた。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
岩佐美咲(その2)
■岩佐美咲が「DAM CHANNEL 演歌」の2代目ナビゲーターに就任。交代式で初代ナビゲーター・川野夏美からバトンタッチ

7枚目の最新シングル「佐渡の鬼太鼓」(徳間ジャパンコミュニケーションズ

パク・ジュニョン(その3)
■パク・ジュニョンが新宿歌舞伎町のホストクラブ「愛 本店」でファン20人限定の新曲ヒット感謝ミニライブ

第8弾シングル「ブリキの玩具(おもちゃ)」(詞・松井五郎、曲・浜圭介)

市川由紀乃(その4)
■市川由紀乃が川崎市の新城神社の「納涼盆踊り大会」にゲスト出演。25周年を祝う470個の提灯を見て大感激

デビュー25周年を迎え、最新シングル「うたかたの女」(発売・キングレコ

中村美律子(その2)
■中村美律子が新曲「弥太郎鴉」発売イベントで夏の風物詩・風鈴づくりに挑戦

86年に発売したデビュー曲「恋の肥後つばき」以来、70枚目となるニュー

氷川きよし(その6)

■氷川きよしがプロ野球「ヤクルト×広島戦」で始球式。新曲「勝負の花道」

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる