*

■香西かおりが話題のカバーアルバム「うたびと」を引っ提げてジャズクラブで超限定スペシャルライブ

公開日: : ニュース

来年でデビュー30周年を迎え、4月27日発売の最新シングル「秋恋歌(しゅうれんか)」(発売・ユニバーサルミュージック)が好セールス中の演歌歌手・香西かおり(52)が、昨年12月9日に発売した話題のカバーアルバム「うたびと~Stage Singer~」を引っ提げて10日、東京・渋谷区のジャズクラブ、JZ Brat Sound of Tokyoでスペシャルライブを開いた。

香西かおり(その1)

ムード歌謡、ブルースから民謡まで、彼女のルーツともいえる音楽を気心のしれたミュージシャン仲間とリラックスした雰囲気の中でレコーディングした同カバーアルバムを発売したことから今回のライブが実現。そのレコーディングにも参加した一流ミュージシャンの仙波清彦(ドラムス)、バカボン鈴木(ベース)、三好〝Sankichi〟功郎(ギター)、久米大作(キーボード)、Mitch(トランペット)がバックを務め、演歌の世界とは趣を異にしたステージを披露することになったもの。

 約1万通の中から抽選で20組40人が招待される中、「とても昼間とは思えないムーディーな雰囲気ですが…。今日は、昨年末に発売になりました『うたびと~Stage Singer~』というアルバムの中からふんだんにお届けしようと思います」とあいさつ。

香西かおり(その2)

同カバーアルバムから「気分を変えて」「アカシアの雨がやむとき」「センチメンタル・ジャーニー」「プカプカ」、民謡「南部俵積み歌」、代表曲「無言坂」、それに前作の大ヒットシングル「とまり木夢灯り」など、同ライブならではのアレンジで、ジャジーかつブルージーに全12曲を熱唱した。

香西かおり(その3)

 歌い終わって、「今回のような演歌とは違うワンマンライブは初めてです。途中、涙するお客さまや満面に笑みを浮かべるお客さまがいらっしゃいましたね。始まってから自分たちの気持ちが徐々に乗ってきて、楽しくやれたと思います。
ジャンルは違いますが、かれこれ20数年来の付き合いがあるミュージシャンの人たちと一緒でしたので、緊張感はありながらもすごく安心感のあるステージでした。このメンバーで歌うと、ふだん歌っている演歌もまたひと味違った色合いが出てきますよね。今回のアルバムのタイトルは『うたびと』ですが、私自身がうたびととしてどういったものを提供していけるのか、これからも探求していきたいと思っています。こういうライブは、これからもぜひ続けていきたい」と話していた。

 同ライブの模様は、8月13日午後9時からBSスカパー!で放送予定。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
水森かおり(その2)
■水森かおりが第26弾「水に咲く花・支笏湖へ」の舞台、北海道・支笏湖で新曲発売記念イベント。支笏湖にヒメマスの稚魚を放流

デビュー23年目を迎え、3月20日発売の第26弾シングル「水に咲く花・

辰巳ゆうと(その5)
■20歳の現役大学生演歌歌手・辰巳ゆうとが、歌の原点・赤羽で限定100人のファンと初めてのふれあいイベント

「力いっぱい、演歌です!」をキャッチコピーに今年1月17日にビクターエ

大川栄策(その4)
■大川栄策が「大川栄策歌謡塾」主催による2回目のカラオケ発表会&ショー。歌唱指導も披露

今年でデビュー50周年を迎え、100枚目のニュー・シングル「夜霧の再会

杉山清貴(その3)
■杉山清貴がデビュー35周年を記念して東京・日比谷野音でオメガトライブが再集結

キングレコードから5月16日にニュー・アルバム「MY SONG MY 

山内惠介(その3)
■山内惠介がセルフプロデュースによる熱唱ライブツアーの初日を浅草公会堂で。銀幕歌謡ショーで一人芝居も

昨年は「NHK紅白歌合戦」に3年連続出場を果たし、デビュー18年目を迎

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる