*

香西かおりが東京・渋谷公会堂でコンサート。新曲「とまり木夢灯り」など18曲熱唱

レーモンド松屋が作詞・作曲した新曲「とまり木夢灯り」(発売・ユニバーサルミュージック)が大ヒット中の演歌歌手・香西かおり(51)が29日昼夜2回、東京・渋谷区の渋谷公会堂でコンサートを開いた。

香西かおりイベント画像1
 2084席の会場は、昼夜ともに熱烈なファンで満席の中、「今朝、(大阪から)新幹線でえっちらこっちらとやってまいりまして、富士山も見えずだったんですけれども、この暑い季節の中、こんなにも大勢の皆さまにお集まりいただきました。ありがとうございます。(毎年、彼女が東京公演を行っている)この渋谷公会堂も建て替えをするらしいですね。

 ですから、しばらくこのステージに立てなくなるということで、今日はここにお運びいただきました皆さま、そしてこのステージを陰で支えてくださっているたくさんの皆さまに感謝の思いを持って1曲1曲、丁寧に一生懸命歌わせていただきますので、最後までお付き合いのほどよろしくお願いいたします」と笑顔で挨拶。

香西かおりイベント画像2
 色柄様々な着物はもちろん、エレガンスなドレス姿も交えながら新曲「とまり木夢灯り」をはじめ、ヒットシングルから「恋草紙」「流恋草」「一夜宿」「すき」「無言坂」「酒のやど」「氷雪の海」、1988年発売のデビュー曲「雨酒場」、前作シングル「くちなし悲歌」、それに11歳のときから習い始めた得意の民謡ナンバーから「津軽じょんがら節」「秋田長持唄」など全18曲を熱唱。

香西かおりイベント画像3
その中で、新曲について「今年もすてきなご縁で、すてきな作品が誕生しました。レーモンド松屋さんに書いていただいた『とまり木夢灯り』という新曲です。いい歌ですよねえ。最近、カラオケでよく歌っていただいているみたいなんです。香西かおりのCDをよく聴いて(笑)、正しく覚えて歌ってみてくださいね」と話していた。

 昨年は、「第56回日本レコード大賞・作曲家協会選奨」を受賞し、大みそかの「NHK紅白歌合戦」に18回目の出場を果たしたが、再来年のデビュー30周年に向けて今年も最新シングル「とまり木夢灯り」が大ヒット中と絶好調。同曲は、「大人のムード歌謡」の決定版としてカラオケでも盛んに歌われており、「大人のカラオケの大定番」と言われて話題沸騰中だ。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
岩佐美咲(その3)
■岩佐美咲が東京・三軒茶屋の太子堂八幡神社で新曲「恋の終わり三軒茶屋」ヒット祈願。絵馬に大ヒットの願いを

 昨年2月27日発売の第7弾シングル「佐渡の鬼太鼓」がオリコン週間シン

みんかよ音楽祭(その2)
「みんかよ音楽祭」で加門亮、北野都、福田みのるら全10アーティストが3時間半にわたって競演

「みんかよ」の愛称で親しまれ、全国の演歌・歌謡曲ファンに愛読されている

山本あき(その3)
■山本あきが45回目のマンスリーライブ。昭和歌謡のカバー曲を中心に熱唱。20数年ぶりにドラムに挑戦

第14弾シングル「桜の小径」(発売・キングレコード)がロングヒット中の

渥美二郎(その3)
■渥美二郎が演歌道50年ファイナルのコンサートを東京・浅草公会堂で開催。民謡やピアノの弾き語りも披露

自身の作曲による演歌道50年記念曲「涙色のタンゴ」(詩・桜井幸介、曲・

福田&水城(その2)
■福田こうへい&水城なつみが東京・護国寺で豆まき&ミニライブ。共に2月発売の新曲を披露

「天竜流し」がロングヒット中の演歌歌手・福田こうへい(42)と、「江差

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる