*

氷川きよしが「KIYOSHI」名義で3年ぶりのポップスコンサート。英語詩の曲や未発表の新曲も披露

最新シングル「さすらい慕情」がヒットし、7月8日発売のニュー・アルバム「新・演歌名曲コレクション―さすらい慕情―」(発売・日本コロムビア)も、オリコンアルバムチャート初登場3位(7月20日付)を獲得して好セールス中の演歌歌手・氷川きよし(37)が、「KIYOSHI」名義で28日、千葉・浦安市の舞浜アンフィシアターで「KIYOSHI special concert 2015~KIYOSHI’S SUMMER~」と銘打ったポップスコンサートを開いた。

氷川きよしライブ画像1
 KIYOSHI名義でのコンサートは、今回が3年ぶり2回目。前回は2012年9月27日に東京・メルパルクホール東京で行い、2公演で3164人動員。演歌・歌謡曲のみならず、幅広いジャンルの曲を歌いこなす歌唱力では定評のある彼だが、この日のステージは、「演歌界の貴公子・氷川きよし」とはまたひと味違った一面が見られるポップス曲のみで構成されたスペシャルコンサートで、この日(1公演)と翌29日(2公演)の両日開催(3公演で6510人動員)。

2170席の会場は、オープニングから熱い声援が飛び交う中、「僕が演歌を歌い始めたのは16歳のときだったんですけれども、その前はポップスを歌っていまして、青春時代に励まされたりしました。

今日は、等身大の僕をこの歌(ポップス)で表現させていただきたいと思います。演歌とポップスは、僕の中では和食と洋食の違いでして、おそばもおいしいし、スパゲッティーもおいしい。ポップスは僕の中では洋食でして、歌を料理して歌わせていただきます。どうぞ最後まで楽しんでいってください」と挨拶。

氷川きよしライブ画像2
 井上陽水の「少年時代」をはじめ、彼が生まれた年、1977年にヒットした曲から山口百恵の「イミテーション・ゴールド」や沢田研二の「勝手にしやがれ」、西条秀樹の「情熱の嵐」、6歳のときに好きだったTVアニメのエンディングテーマ「ぼくのジュリアーノ」、TVドラマやCMでヒットしたラブソングから米米CLUBの「君がいるだけで」、松田聖子の「SWEET MEMORIES」、TV番組に出演して歌ったカバー曲からTHE ALFEEの「星空のディスタンス」、尾崎豊の「I LOVE YOU」など全23曲を熱唱。

 また、全編、英語詩で歌うのは初めてというニルソンの「Without You」に初挑戦したり、TM NETWORKの木根尚登が彼のために作曲したポップス曲「hug」(CD化未定)を初披露。アンコールでは、ファンへのサービスとして最新シングル「さすらい慕情」とニュー・アルバム「新・演歌名曲コレクションーさすらい慕情―」に収録の「男花」の2曲の演歌も歌って、最後まで満員の客席を楽しませた。

氷川きよしライブ画像3
歌い終わって、「すごく気持ちよく歌わせていただきました。またポップスコンサートを開きたいですし、できたらツアーもやってみたいですね」と目を輝かせていた。 

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
岩佐美咲(その3)
■岩佐美咲が東京・三軒茶屋の太子堂八幡神社で新曲「恋の終わり三軒茶屋」ヒット祈願。絵馬に大ヒットの願いを

 昨年2月27日発売の第7弾シングル「佐渡の鬼太鼓」がオリコン週間シン

みんかよ音楽祭(その2)
「みんかよ音楽祭」で加門亮、北野都、福田みのるら全10アーティストが3時間半にわたって競演

「みんかよ」の愛称で親しまれ、全国の演歌・歌謡曲ファンに愛読されている

山本あき(その3)
■山本あきが45回目のマンスリーライブ。昭和歌謡のカバー曲を中心に熱唱。20数年ぶりにドラムに挑戦

第14弾シングル「桜の小径」(発売・キングレコード)がロングヒット中の

渥美二郎(その3)
■渥美二郎が演歌道50年ファイナルのコンサートを東京・浅草公会堂で開催。民謡やピアノの弾き語りも披露

自身の作曲による演歌道50年記念曲「涙色のタンゴ」(詩・桜井幸介、曲・

福田&水城(その2)
■福田こうへい&水城なつみが東京・護国寺で豆まき&ミニライブ。共に2月発売の新曲を披露

「天竜流し」がロングヒット中の演歌歌手・福田こうへい(42)と、「江差

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる