*

■大人気漫画の箏曲バーチャルCD「この音とまれ!」が出荷枚数1万枚突破と異例の大ヒットに

公開日: : ニュース

2012年9月号より「ジャンプSQ.(ジャンプスクエア)」(集英社)に連載中で、最新刊の14巻までのコミックスの累計発行部数が150万部突破と大人気の漫画「この音とまれ!」(アミュー・著)のバーチャルCD「この音とまれ!~時瀬高等学校箏曲部~」がキングレコードから3月8日に発売され、オリコンのデイリーランキング初登場10位(3月7日付)、ウィークリーランキング初登場14位(3月20日付)を記録し、出荷枚数が1万枚突破と大ヒットの兆しを見せている。

CDジャケ写「この音とまれ!」

1万枚?というとそれほど驚く数字ではないかもしれないが、これがかつて「純邦楽」のジャンルに入っていた「箏曲」の演奏CDと言ったら驚くべき数字ではないだろうか。

 同漫画は、3年生の卒業によって部員が1人になり、廃部寸前の「時瀬高校箏曲部」を舞台にした部活もので、10代の男女を中心に愛読されている青春漫画として人気上昇中だ。

 このCDは、主人公たちの高校「時瀬高校箏曲部」やライバル校の生徒たちが、作中で演奏した楽曲と演奏をそのままに収録したバーチャルCDで、作中オリジナル曲「龍星群」「久遠(くおん)」「堅香子(かたかご)」「天泣(てんきゅう)」をはじめ、箏曲の代表的作品「六段の調」、日本古謡「さくらさくら~十三絃三重奏のための~」、宮城道雄作曲「さらし風手事(ふうてごと)」など全12曲が収録。

 それらの箏曲が漫画のストーリーと連動して演奏されており、その中の1曲「六段の調」では、時瀬高校箏曲部部長・倉田武蔵(くらた・たけぞう)が部活紹介でぎこちない演奏を聴かせる=もう一つの全曲演奏で箏の天才少女であるヒロインの鳳月さとわによる完璧な演奏を披露=が、それもバーチャルCDならではの聴かせどころの一つになっている。

なかでもオリジナル曲「龍星群」はYouTubeで約70万回、同「久遠」は約30万回も再生されていることからもいかに「箏曲」への関心度が高まっているかがわかるだろう。

同CDのキングレコード宣伝担当は「実は都内だけでもかなりの中学・高校に箏曲部があるんですが、原作をきっかけに徐々に脚光を浴びてきているんじゃないかと思っています。近年日本の伝統文化や伝統芸能に改めて関心が集まっているのも相まって、CDの売れ行きを見ても、若い人々の間でブームになりつつあると言っても過言ではないと思います。純邦楽のインストゥルメンタルのCDは1000枚も売れたらいいほうだと言われていますので、今回のCDは予想をはるかに超えたヒットになっています。この勢いに乗って更なる大ヒットになるよう全社上げて売っていきたい」と話していた。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
香西かおり写真01
■香西かおりが東京・新宿文化センターで30周年記念リサイタル。ファンに感謝を込めながら全24曲熱唱

弾「わすれ花」(発売・ユニバーサルミュージック)が好セールス中の演歌歌

大川栄策(その1)
■「大川栄策歌謡塾」主催のカラオケ発表会&コンサート。大川栄策が自ら歌唱指導も

新曲「忍ぶの乱れ」(発売・日本コロムビア)が好調の演歌歌手・大川栄策(

走-裕介(その3)
■走裕介が東京で約1年ぶりのソロコンサート。師匠の船村徹メドレーや本格的な衣装での外郎売りを披露

第10弾シングル「星屑の恋」(詞・石原信一、作曲&編曲・蔦将包)=日本

福田みのる(その1)
■福田みのるが東京・赤坂で20周年記念曲&徳間ジャパン移籍第1弾「追憶はいつも雨」発売記念ライブ

新国劇・大山克己に師事し、舞台・映像俳優として10数年にわたって活動後

市川由紀乃(その1)
■市川由紀乃が金沢・主計町茶屋街で書にチャレンジ。演歌の「道」を歩んでいく覚悟、気持ちを込めて

新曲「はぐれ花」(詞・麻こよみ、曲・徳久広司)=キングレコードから3月

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる