*

■中村美律子が神奈川県民ホールで30周年記念コンサート。3枚の豪華着物が当たるプレゼント抽選会も

公開日: : ニュース

最新シングル「つづれ織り」(発売・キングレコード)がロングヒット中の演歌歌手・中村美律子(66)が31日昼夜2回、神奈川・横浜市の神奈川県民ホールで「中村美律子デビュー30周年記念~歌う門には福来る~」と銘打ったコンサートを開いた。

中村美律子(その2)

約2500席の会場は、昼夜ともに満席=約5000人動員=の中、「ようこそ、ようこそ、ようこそ、お越しくださいました。めちゃくちゃうれしいです。今日のこの舞台、とても楽しみにしていました。この会場で歌えること、そして久しぶりに皆さんの前で歌わせていただけることに気持ちが高まっています。今日のコンサートは全部オリジナルですので、退屈せんようにしっかりついてきてくれたらうれしいです」と笑顔であいさつ。

中村美律子(その3)

 「河内酒」をはじめ、「大阪情話」「島田のブンブン」、メドレーでデビュー曲「恋の肥後つばき」「人生桜」「だんじり」、昨年7月6日にシングル発売の「長編歌謡浪曲『無法松の恋』」、来る3月8日発売のニュー・シングル「かぼちゃの花」、現在ヒット中の新曲「つづれ織り」、それに代表曲「河内おとこ節」などメドレーを含めて全17曲を熱唱し、最後まで満員の客席を楽しませた。

中村美律子(その4)

また、「中村美律子 30周年『ほんまに おおきに!』Wプレゼント」と題したプレゼント企画を実施。昨年発売の3枚のシングル「土佐女房」(応募数1406人)、「無法松の恋~松五郎と吉岡夫人~」(応募数1969人)、「つづれ織り」(応募数1657人)=を購入したユーザーを対象に合わせて5032人が応募。一つ目は、30周年を記念して作成した豪華パンフレット=抽選で各100人、計300人=、二つ目は、「情け川」「長良川鵜情」「土佐女房」を発売したときにそれぞれのCDジャケットで着た着物、全3着=帯を含めて総額約500万円=などをプレゼント。その着物の抽選会が、同公演内で行われ、中村自らが応募はがきを引いて当選者3人を発表した。

中村美律子(その1)

最後に「昨年は、30周年を記念して3枚のシングルを立て続けに発売し、今回のプレゼント企画では、3という数字にちなんで私が選んだ着物を3着、ファンの皆さんにプレゼントさせていただくことになりました。私、もう太っ腹やから…(笑)。当選された方には、この着物を着て喜んでいただけたらうれしいですね」と笑顔を見せながら「『みっちゃんの歌を聴くと元気になる』と言ってくださる方が多いので、これからも私自身がいつも元気でいられるよう努力したいと思っています。40周年? ここまで来たらあと10年は間違いなく元気で歌っていけると思います。目標は120歳まで歌いたいと言っていますが、目標は高くもって、これからも元気に歌い続けていきたい」と話していた。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
香西かおり写真01
■香西かおりが東京・新宿文化センターで30周年記念リサイタル。ファンに感謝を込めながら全24曲熱唱

弾「わすれ花」(発売・ユニバーサルミュージック)が好セールス中の演歌歌

大川栄策(その1)
■「大川栄策歌謡塾」主催のカラオケ発表会&コンサート。大川栄策が自ら歌唱指導も

新曲「忍ぶの乱れ」(発売・日本コロムビア)が好調の演歌歌手・大川栄策(

走-裕介(その3)
■走裕介が東京で約1年ぶりのソロコンサート。師匠の船村徹メドレーや本格的な衣装での外郎売りを披露

第10弾シングル「星屑の恋」(詞・石原信一、作曲&編曲・蔦将包)=日本

福田みのる(その1)
■福田みのるが東京・赤坂で20周年記念曲&徳間ジャパン移籍第1弾「追憶はいつも雨」発売記念ライブ

新国劇・大山克己に師事し、舞台・映像俳優として10数年にわたって活動後

市川由紀乃(その1)
■市川由紀乃が金沢・主計町茶屋街で書にチャレンジ。演歌の「道」を歩んでいく覚悟、気持ちを込めて

新曲「はぐれ花」(詞・麻こよみ、曲・徳久広司)=キングレコードから3月

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる