*

■中村美律子がデビュー30周年記念コンサート。22分間の長編歌謡浪曲に挑戦

公開日: : ニュース

デビュー30周年を迎え、同記念曲第1弾「土佐女房」(詞・石本美由起、曲・叶弦大)=キングレコードから3月9日発売=が好調の演歌歌手・中村美律子(65)が20日昼夜2回、東京・新宿区の新宿文化センター大ホールで「デビュー30周年記念コンサート~歌う門には福来る~」と銘打ったコンサートを開いた。

中村美律子(その1)

1800席の会場は、昼夜ともに熱烈な中高年ファンで満席の中、「今年で30周年になりますが、30年はあっという間でした。その節目やから祝うてやろうということで、遠いところからもお越しいただいている方がようさんいてはります。足腰がたいへんなのにこうして来ていただいて、感謝、感謝です。今日は、私の歌を聴いていただいて皆さんは元気いっぱいになって、スキンシップで帰れるかなと思います」と笑顔であいさつ。

中村美律子(その2)

 2部構成で、第1部は「河内酒」をはじめ、「大阪情話」「島田のブンブン」、オリジナルメドレーから「恋の肥後つばき」「男道」「人生桜」「人生一度」「だんじり」、それに今回の目玉コーナーでもある約22分間にわたる「長編歌謡浪曲『無法松の恋』松五郎と吉岡夫人」=荒くれ者の富島松五郎(通称・無法松)が吉岡夫人・良子に抱く淡い想いを、時には力強く、時には優しく、時には淋しく、中村美律子が浪曲を交えて歌い語る長編歌謡浪曲=などを披露。

中村美律子(その3)

 第2部は、「美律子の河内音頭」をはじめ、「下津井・お滝・まだかな橋」「土佐女房」「壺坂情話」「瞼の母」、そしてファイナルは「河内おとこ節」など、メドレーを含めて全18曲を熱唱。最後まで元気いっぱいの見ごたえ、聴きごたえ満点のステージで満員のファンを楽しませた。

中村美律子(その4)

 今回披露した「長編歌謡浪曲『無法松の恋』松五郎と吉岡夫人」は、7月6日にシングル発売される。
来る7月25日から8月13日まで大阪・新歌舞伎座で30周年記念公演=第一部「雲の上の青い空~中村美律子物語~」(作・演出=ジェームス三木)、第二部「中村美律子オンステージ 浪花の夏祭り2016」=を上演。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
岩佐美咲(その3)
■岩佐美咲が東京・三軒茶屋の太子堂八幡神社で新曲「恋の終わり三軒茶屋」ヒット祈願。絵馬に大ヒットの願いを

 昨年2月27日発売の第7弾シングル「佐渡の鬼太鼓」がオリコン週間シン

みんかよ音楽祭(その2)
「みんかよ音楽祭」で加門亮、北野都、福田みのるら全10アーティストが3時間半にわたって競演

「みんかよ」の愛称で親しまれ、全国の演歌・歌謡曲ファンに愛読されている

山本あき(その3)
■山本あきが45回目のマンスリーライブ。昭和歌謡のカバー曲を中心に熱唱。20数年ぶりにドラムに挑戦

第14弾シングル「桜の小径」(発売・キングレコード)がロングヒット中の

渥美二郎(その3)
■渥美二郎が演歌道50年ファイナルのコンサートを東京・浅草公会堂で開催。民謡やピアノの弾き語りも披露

自身の作曲による演歌道50年記念曲「涙色のタンゴ」(詩・桜井幸介、曲・

福田&水城(その2)
■福田こうへい&水城なつみが東京・護国寺で豆まき&ミニライブ。共に2月発売の新曲を披露

「天竜流し」がロングヒット中の演歌歌手・福田こうへい(42)と、「江差

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる