*

由紀さおり 45周年記念コンサートツアーをスタート!秋元康さんがプロデュース

10月3日、歌手・由紀さおりさんが、神奈川・座間市のハーモニーホール座間で「偶然の結晶~45年の歌声~」と銘打った45周年記念コンサートツアー初日の幕を開けました。

201410030001

この日を皮切りに、12月12日の東京・Bunkamuraオーチャードホールまで全国15カ所で開催される45周年記念コンサートツアーで、プロデュースを秋元康さんが手がけたもの。
俳優・伊東四朗さんが場内アナウンスを担当するという珍しい演出でスタートし、「手紙」「生きがい」「ルームライト」とヒット曲を立て続けに3曲歌った後、

「1969年にデビューし、今年で45歳の由紀さおりです(笑)。1969年、昭和44年、あなたは何をしてらっしゃいましたか? アポロ11号が月に着陸。サザエさんの放送が始まり、『アッと驚く為五郎』というハナ肇さんのフレーズが大流行。ドリフターズの『全員集合』もこの年の秋からスタートしました。ラジオからは『夜明けのスキャット』が流れていませんでしたか?」

とコメントした後、ニュー・アルバム「VOICE」(ユニバーサルミュージックから9月24日発売)からの楽曲を中心にパフォーマンス。

201410030002

第1部の後半は、特別ゲストとして迎えた姉・安田祥子と2人で童謡を歌唱。
第2部は、6人の男女ダンサーと一緒に踊りながら「スマイル」「トーキョー・バビロン」などでステージを盛り上げ、デビュー曲「夜明けのスキャット」、世界的に大ヒットした米国のジャズオーケストラ「ピンク・マルティーニ」とのコラボレーションアルバム「1969」からの楽曲など全31曲を熱唱。

201410030003

最後まで満員の客席を楽しませた由紀さんは

「『夜明けのスキャット』が最初のターニングポイントであるならば、姉・安田祥子とのユニットは2度目の大きなターニングポイントになりました。そして3回目のターニングポイントは、ピンク・マルティーニというジャズオーケストラの皆さんとの出会いでした。人生は、いくつになってもターニングポイントってあるんですね。いまの私の毎日は、明日また歌えるためにあります。食事をするのも睡眠をとるのも運動をするのも、みんな明日また元気で歌えるためです。だから50周年もまた来てくださいね」

と話していました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
夜桜演歌まつり(その1)
■長良グループ主催「第20回夜桜演歌まつり」が東京・杉並区で開催。山川豊ら全11組が競演、全24曲を熱唱

毎年恒例の演歌の一大イベント「第二十回・長良グループ 夜桜演歌まつり~

山内惠介(その1)
■山内惠介が47都道府県コンサートツアーを4月11日の東京・中野サンプラザからスタート。公開リハーサルを

昨年は、「NHK紅白歌合戦」に4年連続出場を果たし、今年3月6日発売の

山川-豊(その3)
■山川豊が「三重テラス」来館者350万人達成記念ご愛顧感謝キャンペーンのコンシェルジュに就任

自身初となる故郷・三重県を舞台にした最新シングル「今日という日に感謝し

坂本冬美(その2)
■坂本冬美が51歳最後の日に恩師・猪俣公章さんの生誕80周年記念作品を全10曲熱唱。マルシアとデュエットも

最新シングル「熊野路へ」がロングヒット中で、3月30日に52歳の誕生日

辰巳ゆうと(その3)
■辰巳ゆうとが東京・赤羽会館で初のワンマンコンサート。600席のチケットはわずか1分で完売

「力いっぱい、演歌です!」をキャッチフレーズに昨年1月17日「下町純情

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる