*

由紀さおり 45周年記念コンサートツアーをスタート!秋元康さんがプロデュース

10月3日、歌手・由紀さおりさんが、神奈川・座間市のハーモニーホール座間で「偶然の結晶~45年の歌声~」と銘打った45周年記念コンサートツアー初日の幕を開けました。

201410030001

この日を皮切りに、12月12日の東京・Bunkamuraオーチャードホールまで全国15カ所で開催される45周年記念コンサートツアーで、プロデュースを秋元康さんが手がけたもの。
俳優・伊東四朗さんが場内アナウンスを担当するという珍しい演出でスタートし、「手紙」「生きがい」「ルームライト」とヒット曲を立て続けに3曲歌った後、

「1969年にデビューし、今年で45歳の由紀さおりです(笑)。1969年、昭和44年、あなたは何をしてらっしゃいましたか? アポロ11号が月に着陸。サザエさんの放送が始まり、『アッと驚く為五郎』というハナ肇さんのフレーズが大流行。ドリフターズの『全員集合』もこの年の秋からスタートしました。ラジオからは『夜明けのスキャット』が流れていませんでしたか?」

とコメントした後、ニュー・アルバム「VOICE」(ユニバーサルミュージックから9月24日発売)からの楽曲を中心にパフォーマンス。

201410030002

第1部の後半は、特別ゲストとして迎えた姉・安田祥子と2人で童謡を歌唱。
第2部は、6人の男女ダンサーと一緒に踊りながら「スマイル」「トーキョー・バビロン」などでステージを盛り上げ、デビュー曲「夜明けのスキャット」、世界的に大ヒットした米国のジャズオーケストラ「ピンク・マルティーニ」とのコラボレーションアルバム「1969」からの楽曲など全31曲を熱唱。

201410030003

最後まで満員の客席を楽しませた由紀さんは

「『夜明けのスキャット』が最初のターニングポイントであるならば、姉・安田祥子とのユニットは2度目の大きなターニングポイントになりました。そして3回目のターニングポイントは、ピンク・マルティーニというジャズオーケストラの皆さんとの出会いでした。人生は、いくつになってもターニングポイントってあるんですね。いまの私の毎日は、明日また歌えるためにあります。食事をするのも睡眠をとるのも運動をするのも、みんな明日また元気で歌えるためです。だから50周年もまた来てくださいね」

と話していました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
岩佐美咲(その3)
■岩佐美咲が東京・三軒茶屋の太子堂八幡神社で新曲「恋の終わり三軒茶屋」ヒット祈願。絵馬に大ヒットの願いを

 昨年2月27日発売の第7弾シングル「佐渡の鬼太鼓」がオリコン週間シン

みんかよ音楽祭(その2)
「みんかよ音楽祭」で加門亮、北野都、福田みのるら全10アーティストが3時間半にわたって競演

「みんかよ」の愛称で親しまれ、全国の演歌・歌謡曲ファンに愛読されている

山本あき(その3)
■山本あきが45回目のマンスリーライブ。昭和歌謡のカバー曲を中心に熱唱。20数年ぶりにドラムに挑戦

第14弾シングル「桜の小径」(発売・キングレコード)がロングヒット中の

渥美二郎(その3)
■渥美二郎が演歌道50年ファイナルのコンサートを東京・浅草公会堂で開催。民謡やピアノの弾き語りも披露

自身の作曲による演歌道50年記念曲「涙色のタンゴ」(詩・桜井幸介、曲・

福田&水城(その2)
■福田こうへい&水城なつみが東京・護国寺で豆まき&ミニライブ。共に2月発売の新曲を披露

「天竜流し」がロングヒット中の演歌歌手・福田こうへい(42)と、「江差

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる