*

山内惠介 ツアー初日を東京・浅草公会堂で開幕 3回目のセルフプロデュース公演

 デビュー14年目を迎えた山内惠介さんが2014年5月10日、東京・台東区の浅草公会堂でコンサート「演歌新時代 山内惠介 熱唱ライブ2014~永遠の愛・あなたと共に~」を開きました。

山内惠介コンサート 熱唱ライブ 浅草公会堂

自ら構成・演出を手がけるセルフプロデュース公演

 この日は、全国17カ所23公演を予定しているコンサーツアーの初日。山内さんにとって過去最大規模のコンサートツアーで、合計約3万人の動員を予定しています。

 またこのツアーは、今回で3回目となる、山内さん自身によるプロデュース公演。会場は昼夜合わせて約2000人の熱烈なファンで満席となりました。

「山内惠介の熱唱ライブ、今年で3年目になります。演出家の先生にお願いする秋のリサイタルとは違いまして、僕自身が構成・演出、しかも主演をやらせていただくのが“熱唱ライブ”です。今年のサブタイトルは、『永遠の愛・あなたと共に』と名付けさせていただきました。愛があれば乗り越えられる、そんなことをすごく実感しております。今日は、皆さんに歌を通じて少しでも愛をお届けできればなと思っていますので、最後までよろしくお願いいたします」

 オープニングは人気曲「恋する街角」。「「銀幕歌謡ショー・シーズン3」と題したラジオドラマ仕立ての目玉コーナーでは、石原裕次郎さんのカバー曲「赤いハンカチ」や、赤木圭一郎さんのカバー曲「霧笛が俺を呼んでいる」などを銀幕スターになりきって披露しました。

山内惠介コンサート 熱唱ライブ 浅草公会堂

「徹子の部屋」に出演を熱望!?

 途中、いつか出演するのが夢だという人気番組「徹子の部屋」をパロディーにしたコーナーも。客席の中から徹子役の女性を選び、その質問にゲストの山内さんが答えるというもので、即興トークのやりとりに会場は大爆笑でした。

「携帯で演歌」では、最新曲「恋の手本」から「恋する街角」「風蓮湖」「釧路空港」など歴代シングルまで、山内惠介さんの特集を展開中!

 その後、先輩歌手たちが山内さんと同じ30歳のときに歌ったカバー曲から由紀さおりさんの「トーキョー・バビロン」、美空ひばりさんの「真赤な太陽」、フランク永井さんの「霧子のタンゴ」などを歌い、後半はオリジナル曲から「風蓮湖」「流氷鳴き」「涙くれないか」、それに新曲「恋の手本」まで、全21曲を熱唱。

 山内さん自身が選んだ11着もの色とりどりのコスチュームで、見て聴いて体全体で存分に楽しめるバラエティーに富んだ熱唱ステージで、最後まで満員の客席を魅了しました。

山内惠介コンサート 熱唱ライブ 浅草公会堂

 終了後には、

 「銀幕歌謡ショーでは、二枚目でカッコよく決めたかったのですが、笑いが起きてしまいましたね。それが僕らしいのかもしれませんが、いつかカッコよく演技できるようになりたいですね。『徹子の部屋』は、まだ黒柳徹子さんにお目にかかったことはありませんが、いつかゲストに呼んでいただけるようこれからも頑張って歌っていきます」

とコメントしました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
船村徹巡礼(その2)
■鳥羽一郎、静太郎、天草二郎、走裕介、村木弾の船村徹内弟子五人の会が師匠の故郷、栃木県で「演歌巡礼」コンサート

村田英雄の「王将」、美空ひばりの「みだれ髪」、北島三郎の「風雪ながれ旅

永井裕子(その2)
■永井裕子が20周年カウントダウン記念コンサートを開催。なでしこ姉妹としての新曲も披露

最新シングル「ねんごろ酒」(詩・荒木とよひさ、曲・浜圭介、発売・キング

水森かおり(その2)
■水森かおりが長野・伊那市の「高遠しんわの丘ローズガーデン」で開催中の「バラ祭り」で新曲など全4曲熱唱

通算27枚目の最新シングル「高遠 さくら路」(徳間ジャパンコミュニケー

氷川きよし(その3)
■氷川きよしがニュー・アルバム「新・演歌名曲コレクション9」発売記念イベント。6月4日に発売

デビュー20周年を迎え、最新シングル「大丈夫/最上の船頭」(両A面シン

クミコ(その2)
■クミコが原点のシャンソニエで、大反響の詩「七日間」と書籍から誕生した純愛のうた「妻が願った最期の『七日間』」を披露

銀巴里が生んだ最後の歌姫として5年ぶりにリリースしたシャンソンフルアル

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる