*

■真木柚布子が新曲「しぐれ坂」発売記念コンサート。新曲や4つの一人芝居ダイジェストなどを披露

公開日: : 最終更新日:2016/05/19 ニュース

いのち花」でデビューして今年で27年目を迎えた演歌歌手・真木柚布子(56)が、5月18日にキングレコードから新曲「しぐれ坂」(詞・下地亜記子、曲・南郷孝)を発売したのを記念して同日昼夜2回、東京・渋谷区のマウントレーニアホール渋谷で「真木柚布子コンサート 2016『女ひとりの歌語り』」と銘打ったコンサートを開いた。

真木柚布子(その1)

開演前、「本日が新曲『しぐれ坂』の発売日でして、その新曲のお披露目、いままでやってきた4つの芝居のダイジェストなど盛りだくさんの内容のコンサートになっています。開演前からドキドキしていますが、すごく楽しみです」と笑顔を見せながら「今度の新曲は、昭和のギター演歌といっても過言ではないくらいゆったりとした時間の中でゆったりと歌わせていただいています。歌唱力が際立つ歌でして、どなたでも上手に聴こえる歌だと思いますので、皆さんも一生懸命練習して歌ってみてください」。

真木柚布子(その2)

 昼夜とも熱烈なファンで満席の中、「新曲の発売日当日にどうしてもコンサートをやりたかったのですが、こうしてたくさんの皆さまにお越しいただきありがとうございます。新曲の中に台詞が入っていますので、『女ひとりの歌語り』と題して、語り風のコンサートにしたいなと思いまして、いろいろと趣向を凝らしています。きのうは雨でしたが、今日は打って変わって暑いぐらいのいいお天気になりました。もしかしたらこのお天気が『しぐれ坂』」の大ヒットを予感しているんじゃないかなと思っています(笑)。これから大ヒットに向けて全国を走り回りたいと思っていますので、皆さま、ぜひ応援してください」とあいさつ。

 オープニングで新曲「しぐれ坂」を歌った後、4つの一人芝居をダイジェストで披露。第1の「思案橋悲恋」で「雨の思案橋」、第2の「北の浜唄」で「北の浜唄」、第3の「お光吾作物語」で「越佐海峡~恋情話」「夜叉」、第4の「能代お菊」で「紅吹雪」などを熱演&熱唱。

 後半は、リズム演歌から「助六さん」「大阪マンボ」、演歌メドレーから「夢追い舟唄」「下北半島」、ファイナルで新曲「しぐれ坂」、それにアンコールで自作詞の「愛をありがとう」など全15曲を熱唱した。

真木柚布子(その3)

その新曲「しぐれ坂」を作曲した南郷孝さんと担当ディレクター・中田信也さん(キングレコード)も駆けつけ、南郷さんは「中音から高音にかけて声に艶があり、しっとりとした演歌に感動しました」と絶賛。

真木は「昭和の懐かしさを感じさせるギター演歌です。コンサートやディナーショーは、いつもは秋にやっていたのですが、今回は、この新曲『しぐれ坂』を大ヒットさせるためにも発売日にコンサートを開くのが大事ではないかなと思いまして、この日を選ばせていただきました。とてもいい曲ですので、何としてでも大ヒットさせたいですね」と意欲を燃やしていた。 

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
井上由美子(その3)
■井上由美子が自ら構成・演出を手がけたコンサートで全20曲熱唱。1月9日発売の新曲「想い出の路」も披露

今年でデビュー16年目を迎え、1月9日に第20弾シングル「想い出の路(

松平-健(その3)
■松平健が名古屋・御園座で1月9日発売の新曲「マツケン・アスレチカ」披露。中村美律子と舞台では初共演

1月4日から名古屋・御園座で上演中の「松平健・中村美律子 新春特別公演

水森かおり&辰巳ゆうと(その2)
■水森かおりが、辰巳ゆうとと銀座山野楽器初売りイベントで初うた披露。水森は1月22日発売の新曲「高遠 さくら路」初お披露目

昨年大みそかの「第69回紅白歌合戦」に16年連続16回目の出場を果たし

由紀さおり(その2)
■由紀さおりが東京・明治座で50周年記念公演初日開幕。新作オリジナル喜劇&ショーを20日まで上演

大ヒット曲「夜明けのスキャット」でデビューして今年で50周年を迎え、1

森山愛子(その2)
■森山愛子が新曲「会津追分」ヒット御礼ご愛顧感謝コンサート&カラオケ王決定戦

デビュー15周年を迎え、最新シングル「会津追分」(発売・ユニーサルミュ

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる