*

■長山洋子が新曲「ふれ逢い橋」発売記念イベント。舞台の「小名木川」を訪れ、ヒットに意欲を

公開日: : 最終更新日:2016/05/18 ニュース

今年で演歌デビュー24年目を迎えた歌手・長山洋子(48)が、5月18日にビクターエンタテインメントからニュー・シングル「ふれ逢い橋」(詞・たかたかし、曲・市川昭介)を発売するのを記念して16日、新曲の舞台になっている東京・江東区の小名木川を訪れた。

長山洋子(その1)

前作「金毘羅一段」から約1年ぶりの新曲。下町を流れる「小名木川(おなぎがわ)」に架かる橋を行き交う人々との古くから日本人が大切に持っている思いやり、いたわり助け合う「人情」を、情緒あふれる歌詞と市川メロディーで表現した聴きごたえのある作品だ。

 この日、初めて訪れたという小名木川を見て、「今度の新曲は、江戸時代から流れている『小名木川』に架かる橋をテーマに作っていただきましたが、こんなに大きな川だとは思いませんでした。詞のイメージとはちょっと違いましたけれど、来られてよかったです」と笑顔を見せながら「この江東区にはあまり土地勘はありませんが、スカイツリーの頭が見えたり、広々とした大地や広く見える空など住みやすそうな街だなと思いました」と好印象を持った。

長山洋子(その2)

 小名木川にかかる「小名木川橋」のたもとで、ニュー・シングルのジャケット写真で着たのと同じあでやかな和服姿を披露し、「この曲は、平成18年9月にお亡くなりになった作曲家・市川昭介先生の未発表曲に、たかたかし先生が詞をつけてくださいました。メロディーは暗めですが、夢、希望、未来に向けた作品ですので、前向きな明るいメッセージが伝えられたらということでこの着物を着させていただきました」。

 現在、コンサートなどで津軽三味線の立ち弾きを披露しているが、「日本の伝統文化である着物、和楽器、津軽三味線、演歌を、海を越えて(海外に)発信できたらいいなと思っています。ジャンルを越えて、いろんなジャンルの人とのふれあいをしてみたいですね。たとえば、三味線とそれぞれの国の伝統楽器である弦楽器の演奏者とのコラボとか…。そして、私の津軽三味線の立ち弾きを見て、津軽三味線を弾いてみたいなという人が増えたらうれしいですね」。

長山洋子(その3)

 「これからは、書道や茶道、華道も習ってみたい」としながら「いま興味があるのが、剣道なんです。同級生の女の子が剣道をやっているのを見て、カッコいいなと思いました。私もちょっとトライしてみたいですね」と話していた。

 コンサートのほうもスケジュールが続々と決まっており、今月14日に東京・大田区民ホール・アプリコ、同18日に兵庫・姫路文化センター、同19日に兵庫・神戸文化ホール、同20日に兵庫・あましんアルカイックホール、6月6日に神奈川・神奈川県民ホール、同27日に愛知・一宮市民会館…などで開催。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
水木一郎(その2)
■アニソン界の帝王、水木一郎がデビュー50周年記念ライブ。「原点」のステージで全30曲熱唱。サプライズも

〝アニキ〟の愛称で親しまれ、〝アニメソング界の帝王〟としていまなお第一

岩佐美咲(その2)
■岩佐美咲が「DAM CHANNEL 演歌」の2代目ナビゲーターに就任。交代式で初代ナビゲーター・川野夏美からバトンタッチ

7枚目の最新シングル「佐渡の鬼太鼓」(徳間ジャパンコミュニケーションズ

パク・ジュニョン(その3)
■パク・ジュニョンが新宿歌舞伎町のホストクラブ「愛 本店」でファン20人限定の新曲ヒット感謝ミニライブ

第8弾シングル「ブリキの玩具(おもちゃ)」(詞・松井五郎、曲・浜圭介)

市川由紀乃(その4)
■市川由紀乃が川崎市の新城神社の「納涼盆踊り大会」にゲスト出演。25周年を祝う470個の提灯を見て大感激

デビュー25周年を迎え、最新シングル「うたかたの女」(発売・キングレコ

中村美律子(その2)
■中村美律子が新曲「弥太郎鴉」発売イベントで夏の風物詩・風鈴づくりに挑戦

86年に発売したデビュー曲「恋の肥後つばき」以来、70枚目となるニュー

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる