*

■新世代歌謡グループ、はやぶさが第3弾ワンマンコンサート。ボイスパーカッションにも初挑戦。サプライズでフルアルバム発売&Zeppライブを発表

公開日: : ニュース

デビュー5年目を迎え、第7弾シングル「流星のロマンス」(発売・ビクターエンタテインメント)がオリコン演歌・歌謡曲週間チャートで1位を獲得して絶好調の新世代歌謡グループ、はやぶさ=ヤマト(23)、ヒカル(29)、ショウヤ(23)=が16日、東京・恵比寿のザ・ガーデンホールで「はやぶさクリスマスコンサート 冬物語2016~聖なる夜に願いを~」と銘打ったコンサートを開いた。

%e3%81%af%e3%82%84%e3%81%b6%e3%81%95%ef%bc%88%e3%81%9d%e3%81%ae%ef%bc%92%ef%bc%89

今年1月の浅草公会堂での初ワンマン、8月には赤坂BLITZでの2Daysの2回目のワンマン、そして今回が第3弾目のワンマンコンサート。その間にも各メンバーによる初のソロコンサートや世界3大都市(パリ、ニューヨーク、ロンドン)でのイベント出演と、今年は世界進出の第一歩も踏み出した躍進の年でもある。

 そんな1年を締めくくる今年最後のワンマンコンサートで、開演前のリハーサルでは、プレミアムチケットを持ったファンに特別公開。囲み取材にはヤマトがツリー、ヒカルがトナカイ、ショウヤがサンタの格好を見せながらヤマトは「今年1月にファーストコンサート、夏場にはセカンドコンサート2Daysと、夢のような1年でしたので、はやぶさの1年を素晴らしい形で締めくくれるよう3人気合いを入れて臨ませていただきますし、ファンの皆さんにもお楽しみいただけるよういろいろ趣向を凝らしていますので、その全部を見ていただけるコンサートにしたいですね」。

%e3%81%af%e3%82%84%e3%81%b6%e3%81%95%ef%bc%88%e3%81%9d%e3%81%ae%ef%bc%93%ef%bc%89

 ヒカルは「今回はヒューマンビートボックスとのコラボもありまして、口だけでいろんな楽器、リズムを刻んでいくというパフォーマンスに初挑戦させていただきます。その中で僕がメインのドラムの音をやります。ヤマトとショウヤが効果音をやりまして、それぞれがいい音を出せるよう先生が選んでくださいました。この日のために1カ月間、練習してきました」。

 そして、今年1年を振り返ってショウヤは「1月に浅草で初めてのコンサート、夏には赤坂で2Days、そして海外のイベントと、今年に入ってからいろんなことに挑戦させていただきまして、今日がそのコンサートの締めくくりですので、僕たちはやぶさ3人で力を合わせ、スタッフの皆さんの力もお借りして、見に来てくださったファンの皆さんに存分に楽しんでいただけるよう精いっぱい頑張ります」。

%e3%81%af%e3%82%84%e3%81%b6%e3%81%95%ef%bc%88%e3%81%9d%e3%81%ae%ef%bc%91%ef%bc%89

 会場には、熱狂的なファン約700人が詰めかけ満席の中、新曲「流星のロマンス」をはじめ、デュエットコーナーで、ヤマトとヒカルが「蕾」、ヤマトとショウヤが「粉雪」、ショウヤとヒカルが「ハナミズキ」をそれぞれカバー。クリスマスソングから「サンタが街にやってくる」「雪」、ソロコーナーで、ヤマトが「ロード」をギター弾き語りとブルースハープも演奏しつつ熱唱、ショウヤは「千の風になって」をカバーし、ヒカルは「ラヴ・イズ・オーヴァー」をピアノ弾き語りでカバーした。後半はオリジナルシングルから「ヨコハマ横恋慕」「ちょっと待ってよヨコハマ」「月あかりのタンゴ」「なんで 横浜…」など全24曲を熱唱。

 また今回、ボイスパーカッションにも初挑戦。ビートボックス=ZU―nA、RinKa=の2人とともに「きよしこの夜」「ジングルベル」「津軽海峡・冬景色」などを披露したり、Twitterのアンケート機能を使用した「出張はや部」の企画コーナーなど盛りだくさんの内容のステージで客席は大喜び。

 そして昨年12月から1年間でTwitterのフォロワーを1万人に増やす計画を見事達成したご褒美として、はやぶさ初のフルアルバムのリリース決定が発表された。さらにサプライズとしてZeppライブ決定=来年8月19日に名古屋・Zepp名古屋(地方初のワンマンライブ)、同27日に東京・Zepp東京(過去最高のキャパ)=を発表し、メンバーたちは客席の人たちと一緒に感激していた。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
大川栄策(その1)
■「大川栄策歌謡塾」主催のカラオケ発表会&コンサート。大川栄策が自ら歌唱指導も

新曲「忍ぶの乱れ」(発売・日本コロムビア)が好調の演歌歌手・大川栄策(

走-裕介(その3)
■走裕介が東京で約1年ぶりのソロコンサート。師匠の船村徹メドレーや本格的な衣装での外郎売りを披露

第10弾シングル「星屑の恋」(詞・石原信一、作曲&編曲・蔦将包)=日本

福田みのる(その1)
■福田みのるが東京・赤坂で20周年記念曲&徳間ジャパン移籍第1弾「追憶はいつも雨」発売記念ライブ

新国劇・大山克己に師事し、舞台・映像俳優として10数年にわたって活動後

市川由紀乃(その1)
■市川由紀乃が金沢・主計町茶屋街で書にチャレンジ。演歌の「道」を歩んでいく覚悟、気持ちを込めて

新曲「はぐれ花」(詞・麻こよみ、曲・徳久広司)=キングレコードから3月

山内惠介(その3)
■山内惠介が自身のプロデュースで全国29カ所ツアーの初日を東京・浅草公会堂で。銀幕歌謡ショーでは寅さんに

昨年の「NHK紅白歌合戦」に2年連続出場を果たし、新曲「愛が信じられな

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる