*

■元宝塚トップスター、大和悠河がファーストアルバム「エロイーズ」発売記念イベント。1億円超の宝石も披露

公開日: : ニュース

元宝塚歌劇団・宙組トップスターで、2009年の卒業後は、女優、舞台、テレビ、コンサートなどで幅広く活躍中の大和悠河(やまと・ゆうが、39)が、ファーストアルバム「ELOISE(エロイーズ)」をユニバーサルミュージックから12月7日にリリースするのを記念して6日、東京・銀座の山野楽器本店Jam Spotで発売イベントを行った。

%e5%a4%a7%e5%92%8c%e6%82%a0%e6%b2%b3%ef%bc%88%e3%81%9d%e3%81%ae%ef%bc%91%ef%bc%89

同アルバムは、オリジナルの新曲「宝石の時間」をはじめ、自身が生まれたころ、世の中に流れていたヒット曲のカバーから沢田研二の「LOVE(抱きしめたい)、山口百恵の「絶体絶命」、ピンク・レディーの「渚のシンドバッド」、松田聖子の「風は秋色」、それに宝塚トップスター時代の大和悠河の歌から「A/L(アール)」(宝塚歌劇宙組 梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ公演「A/L」―怪盗ルパンの青春―より)など全10曲が収録。

 この日は、そのCDを予約した人を対象にしたトークイベントで、約100人のファンが詰めかける中、新曲「宝石の時間」にちなんで、総額1億円超のジュエリー=指輪、イヤリング、ネックレス=を身につけて登場し、「本物の宝石をつけると、女の子はテンションが上がりますね。私も女だったんだなって…(笑)。つけた途端、ぐっとテンションが上がりました」とニッコリ。

%e5%a4%a7%e5%92%8c%e6%82%a0%e6%b2%b3%ef%bc%88%e3%81%9d%e3%81%ae%ef%bc%92%ef%bc%89

タイトルの「ELOISE」は、彼女の大好きな絵本に出てくる女の子の名前からとったそうで、「念願がかなってのファーストアルバムで、とってもうれしいです。『エロイーズ』というのは、ニューヨークにあるプラザホテルに住んでいるエロイーズという女の子を主人公にした絵本があるんですけれど、このCD全体がエロイーズちゃんみたいに無邪気で自由奔放な大和悠河が見え隠れしているようなそんなCDに仕上がっています」。

新曲「宝石の時間」が収録されたCDをイメージして、「帝国ホテルに入っている宝石屋さんがサファイアを基調にしたネックレスとピアスと指輪を届けてくださいました。恋人と会うときとか、愛しい人、愛しいものと接しているときというのは、ときめいたり、いろんなことを思い出したり、すてきな時間、それを宝石の時間だと思うんです。そういう気持ちがちりばめられた曲ですので、この曲を聴いて皆さんもいろんな人、いろんなものを思い出しながら毎日聴いていただけるとうれしいです。まさに宝石箱をひっくり返したようなCDになっていますので、ぜひ聴いてみてください」とアピール。

%e5%a4%a7%e5%92%8c%e6%82%a0%e6%b2%b3%ef%bc%88%e3%81%9d%e3%81%ae%ef%bc%93%ef%bc%89

プライベートな「宝石の時間」は「この歌詞の中にも出てきますが、部屋の中にバラの花を飾って、シャンパンを用意して、チョコレートもあって全部そろっているんですけれど、あとは殿方が来てくださればバッチリです」。

また、サプライズで同アルバムの中から「When Destiny Calls」の1曲を披露し、今年1年を振り返って「いろいろな役にも挑戦させていただき、盛りだくさんの年で、宝石箱のような1年でした」と笑顔を見せながら「来年は、さらに羽ばたいていきたい」と話していた。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
夜桜演歌まつり(その1)
■長良グループ主催「第20回夜桜演歌まつり」が東京・杉並区で開催。山川豊ら全11組が競演、全24曲を熱唱

毎年恒例の演歌の一大イベント「第二十回・長良グループ 夜桜演歌まつり~

山内惠介(その1)
■山内惠介が47都道府県コンサートツアーを4月11日の東京・中野サンプラザからスタート。公開リハーサルを

昨年は、「NHK紅白歌合戦」に4年連続出場を果たし、今年3月6日発売の

山川-豊(その3)
■山川豊が「三重テラス」来館者350万人達成記念ご愛顧感謝キャンペーンのコンシェルジュに就任

自身初となる故郷・三重県を舞台にした最新シングル「今日という日に感謝し

坂本冬美(その2)
■坂本冬美が51歳最後の日に恩師・猪俣公章さんの生誕80周年記念作品を全10曲熱唱。マルシアとデュエットも

最新シングル「熊野路へ」がロングヒット中で、3月30日に52歳の誕生日

辰巳ゆうと(その3)
■辰巳ゆうとが東京・赤羽会館で初のワンマンコンサート。600席のチケットはわずか1分で完売

「力いっぱい、演歌です!」をキャッチフレーズに昨年1月17日「下町純情

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる