*

■冠二郎が26回目のバーベキューパーティー&新曲発表会。妻・みなこさんのウエディングドレス姿披露

公開日: : ニュース

今年でデビュー50周年を迎えた演歌歌手・冠二郎(72)が26日、東京・千代田区のホテルニューオータニ東京・もみじ亭でバーベキューパーティー&新曲発表会を開いた。

冠-二郞(その1)

そのパーティーが始まる前、今年3月31日に入籍し、5月26日に挙式して幸せいっぱいの冠が、同ホテル内のチャペル・プリンチパーレで、新妻・みなこさん(41)とのツーショットを披露した。

 妻のウエディングドレス姿にうっとりの冠は「26という数字は『二郎』とも読めますが、挙式が5月26日、今日が8月26日、そして26回目のバーベキューパーティーと、偶然、今年は26という数字が重なりました。お陰さまで今年1月24日に電撃的な出会いがありまして、3月31日に入籍して、今日が149日目になります。彼女と出会う前は、来年の10月いっぱいで歌手をやめさせていただこうと思っていたのですが、そこに運命の出会いがありまして、これから20年は歌っていこうと思って頑張っているところです」。

冠-二郞(その3)

 新婚生活は「優しさといたわりと思いやりをかけてくれて、若さを取り戻しました。先日も血液検査をしましたら、どこも悪いところがないと言われました。この3カ月の間に胃袋をつかまれたというか、料理も非常にうまいですし、やっとよき伴侶に恵まれ、歌の仕事のほうも非常に充実していて、いまが最高に幸せですね」と満面に笑みを浮かべた。

 妻のみなこさんも「とにかく優しい人です。料理は好き嫌いがないので、何でもおいしいと言って食べてくれます。私もお仕事(歯科衛生士)をしていますので、外ではメールのやりとりをこまめにしています」と笑顔を見せた。

冠-二郞(その2)

 バーベキューパーティーには、みなこさんも顔を見せ、約100人の業界関係者が詰めかける中、同ホテル自慢のバーベキューを存分に味わいながら最後まで楽しい宴が繰り広げられた。

その中で、新曲「万里の嵐」と前作シングルの歌手生活50周年記念第1弾「友情の海」を熱唱した。
  
「万里の嵐」は、女性演歌歌手・藤あや子が「小野彩」のペンネームで作曲=冠に提供した作品は今回で10作目=。戦国時代の中国を舞台に戦う男のロマンを描いたスペクタクル演歌で、「映画を見ているような哀愁のあるいい歌をいただきましたので、これから年末に向けて、この新曲を大ヒットさせたい」と張り切っていた。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
水森かおり(その1)
■水森かおりが亡き恩人・徳間康快元社長の墓前に「NHK紅白歌合戦」15年連続15回目の出場を報告

今年でデビュー23年目を迎え、最新シングル「早鞆ノ瀬戸」(徳間ジャパン

伊藤美裕(その3)
■歌謡曲の歌姫・伊藤美裕が東京では2017年を締めくくる冬のワンマンライブ

「コロムビア創立100周年記念歌謡曲アーティスト」として2011年4月

原田悠里(その3)
■原田悠里が1年に一度のコンサート。歌謡浪曲の師匠・二葉百合子と7年ぶりの共演で、二葉の十八番「湯島の白梅」を熱演・熱唱

今年でデビュー36年目を迎え、新曲「佐原雨情」(発売・キングレコード)

舟木一夫(その2)
■舟木一夫が新橋演舞場12月公演のゲネプロ公開。尾上松也、里見浩太朗ら豪華キャストで12月2日から上演

今年で芸能生活55周年を迎え、1月の新橋演舞場でのコンサートからスター

中村雅俊(その3)
■中村雅俊が東京・中野サンプラザホールでコンサート総本数1500回突破記念公演。ステージ上で鏡割りも

通算54枚目となる両A面の最新シングル「どこへ時が流れても/まだ僕にで

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる