*

■冠二郎が26回目のバーベキューパーティー&新曲発表会。妻・みなこさんのウエディングドレス姿披露

公開日: : ニュース

今年でデビュー50周年を迎えた演歌歌手・冠二郎(72)が26日、東京・千代田区のホテルニューオータニ東京・もみじ亭でバーベキューパーティー&新曲発表会を開いた。

冠-二郞(その1)

そのパーティーが始まる前、今年3月31日に入籍し、5月26日に挙式して幸せいっぱいの冠が、同ホテル内のチャペル・プリンチパーレで、新妻・みなこさん(41)とのツーショットを披露した。

 妻のウエディングドレス姿にうっとりの冠は「26という数字は『二郎』とも読めますが、挙式が5月26日、今日が8月26日、そして26回目のバーベキューパーティーと、偶然、今年は26という数字が重なりました。お陰さまで今年1月24日に電撃的な出会いがありまして、3月31日に入籍して、今日が149日目になります。彼女と出会う前は、来年の10月いっぱいで歌手をやめさせていただこうと思っていたのですが、そこに運命の出会いがありまして、これから20年は歌っていこうと思って頑張っているところです」。

冠-二郞(その3)

 新婚生活は「優しさといたわりと思いやりをかけてくれて、若さを取り戻しました。先日も血液検査をしましたら、どこも悪いところがないと言われました。この3カ月の間に胃袋をつかまれたというか、料理も非常にうまいですし、やっとよき伴侶に恵まれ、歌の仕事のほうも非常に充実していて、いまが最高に幸せですね」と満面に笑みを浮かべた。

 妻のみなこさんも「とにかく優しい人です。料理は好き嫌いがないので、何でもおいしいと言って食べてくれます。私もお仕事(歯科衛生士)をしていますので、外ではメールのやりとりをこまめにしています」と笑顔を見せた。

冠-二郞(その2)

 バーベキューパーティーには、みなこさんも顔を見せ、約100人の業界関係者が詰めかける中、同ホテル自慢のバーベキューを存分に味わいながら最後まで楽しい宴が繰り広げられた。

その中で、新曲「万里の嵐」と前作シングルの歌手生活50周年記念第1弾「友情の海」を熱唱した。
  
「万里の嵐」は、女性演歌歌手・藤あや子が「小野彩」のペンネームで作曲=冠に提供した作品は今回で10作目=。戦国時代の中国を舞台に戦う男のロマンを描いたスペクタクル演歌で、「映画を見ているような哀愁のあるいい歌をいただきましたので、これから年末に向けて、この新曲を大ヒットさせたい」と張り切っていた。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
■ムード歌謡の貴公子・タブレット純がデビュー20周年記念リサイタル。5月11日に20周年記念シングル「百日紅」発売

 ムード歌謡の伝説的グループ〝和田弘とマヒナスターズ〟の最後のボーカ

■田川寿美が東京・花園神社でデビュー30周年記念曲「雨あがり」のヒット御礼詣で&さらなる飛躍を祈願。7月6日には新曲「白秋」も発売

 1992年に「女…ひとり旅」でデビューして今年で31年目を迎えた演

■門松みゆきが出身地・小田原市で3年ぶりに復活した市内最大の観光イベントの「武者隊パレード」に足軽に扮して参加。

 デビュー4年目を迎え、5月25日に第4弾シングル「彼岸花咲いて」(

■おかゆがニューシングル「赤いひまわり」発売を記念して東京・池袋でミニライブ配信。自ら出演のMVフルバージョンも同時公開

 メジャーデビューして4年目を迎える平成のおんなギター流し&シンガー

■水森かおりが福井・若狭町に4月21日オープンの桂由美記念館のオープニングセレモニーにサプライズで登場。6月発売の「九十九里浜」タイプC・Dのカップリング曲に福井県が舞台の曲と初のブライダルソングを収録

 今年でデビュー27年を迎え、千葉県を舞台にした最新シングル「九十九

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる