*

■島津悦子ら全6アーティストが熊本復興支援コンサート。熊本にパワーを届けながら全40曲熱唱。弦哲也さん、大島親方も応援に

島津悦子をはじめ、梓夕子、北川大介、こゆり、知里、パク・ジュニョンの演歌系アーティスト全6人が一堂に会して2日、東京・銀座の銀座ブロッサム中央会館で「熊本復興支援コンサート」が開かれた。

島津悦子ら(その1)

 これは、今年4月に発生した熊本地震で熊本県と大分県に甚大な被害を及ぼしたことから、歌を通じて復興支援の手を差しのべたいとして演歌歌手・島津悦子(54)が立ち上がり「歌の応援団」を結成。その趣旨に賛同した歌手たちが集まって今回のコンサートが実現したもの。

 開演前、パクは「デュエットとかトリオの曲もありますので、楽しく歌わせていただきたいと思います。それを見て、皆さんに元気になってもらいたい」。こゆりは「私も何かできないかなと思っていたところに島津先輩からお誘いのお電話をいただきまして、ぜひお力になりたいと思って参加させていただきました。今日は熊本の人たちに声が届くよう頑張って歌いたい」。

島津悦子ら(その2)

 梓は「歌の持つパワーと笑顔と元気を皆さまにお届けしたい。まだまだご苦労されていらっしゃる熊本の皆さんがもっと笑顔になれるよう島津先輩、歌仲間の皆さんと楽しく元気に心を込めて最後まで頑張って歌いたい」。島津は「歌の力を信じて、こういうことで応援できるのなら歌手でよかったと思えるような一日にしたい」。

北川は「少しでもお役になれるならと参加させていただきましたが、事務所に伝えるのがあとになったくらいのイベントなので、その思いが皆さんに伝わるような温かいコンサートにしたい」。知里は「熊本の復興支援はもちろんですが、自分も先輩方から勉強させていただく大事なコンサートですので頑張りたいと思います」と、それぞれが同公演にかける思いを語った。

島津悦子ら(その3)

 900席の会場は、各アーティストらのファンらで満席の中、全員で「東京音頭」を歌って幕を開け、島津が「今回は、『熊本復興支援コンサート』として開催させていただきました。歌手仲間の皆さんに声をかけたところ、こうして真っ先に手を挙げてくれたメンバーです。うれしいじゃないですか…。『一緒にやりましょう』と言ってくれたこのメンバーで今日は一日、一生懸命頑張りたいと思います」とあいさつ。

 第1部は、東京から熊本へパワーをという気持ちを込めながらパクが「東京HOLD ME TIGHT」、知里が「東京ドドンパ娘」、こゆりが「東京ブルース」、北川が「東京」、梓が「東京キッド」、島津が「東京アンナ」、全員で「東京ラプソディー」、デュエットコーナーで島津と梓が、ピンク・レディーの「UFO」「ペッパー警部」、こゆりと知里とパクの3人で「黄色いシャツ」、島津と梓と北川の3人で「麦畑」などを熱唱。

島津悦子ら(その4)

 第2部は、それぞれにオリジナル曲を披露し、新曲コーナーでパクが「羽田発」、知里が「虹のかなたに」、こゆりが「貴船路」、北川が「愛をありがとう」、梓が「冬恋かなし」を歌った後、客席から特別応援ゲストの作曲家・弦哲也さんがステージに上がり、島津が同氏作曲の新曲「紅ひと夜」を同氏のギター伴奏で熱唱。さらに特別応援ゲストの大島親方が駆けつけ、島津とのデュエット曲「バヤルラー~ありがとう~」を2人で歌い、全員がコーラスで参加。1部と合わせて全40曲のプログラムで最後まで客席を楽しませた。

 また途中、義援金セレモニーが行われ、出演者を代表して島津から熊本県東京事務所総務課長・右田省二さんに同公演の収益金の一部が義援金として手渡された。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
岩佐美咲(その2)
■岩佐美咲が「DAM CHANNEL 演歌」の2代目ナビゲーターに就任。交代式で初代ナビゲーター・川野夏美からバトンタッチ

7枚目の最新シングル「佐渡の鬼太鼓」(徳間ジャパンコミュニケーションズ

パク・ジュニョン(その3)
■パク・ジュニョンが新宿歌舞伎町のホストクラブ「愛 本店」でファン20人限定の新曲ヒット感謝ミニライブ

第8弾シングル「ブリキの玩具(おもちゃ)」(詞・松井五郎、曲・浜圭介)

市川由紀乃(その4)
■市川由紀乃が川崎市の新城神社の「納涼盆踊り大会」にゲスト出演。25周年を祝う470個の提灯を見て大感激

デビュー25周年を迎え、最新シングル「うたかたの女」(発売・キングレコ

中村美律子(その2)
■中村美律子が新曲「弥太郎鴉」発売イベントで夏の風物詩・風鈴づくりに挑戦

86年に発売したデビュー曲「恋の肥後つばき」以来、70枚目となるニュー

氷川きよし(その6)

■氷川きよしがプロ野球「ヤクルト×広島戦」で始球式。新曲「勝負の花道」

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる