*

■森山愛子が成願寺で新曲「待ったなしだよ人生は」ヒット祈願&座禅初験。事務所先輩・坂本冬美の曲をカバー

公開日: : ニュース

アントニオ猪木が名付け親となり、平成16年5月19日に「おんな節」でデビューして今年で13年目を迎えた演歌歌手・森山愛子(31)が、9月7日にユニバーサルミュージックから約3年ぶりのニュー・シングル「待ったなしだよ人生は」(詞・多野亮、曲・四方章人)を発売したのを記念して同日、東京・中野区の成願寺でヒット祈願&座禅を行った。

%e6%a3%ae%e5%b1%b1%e6%84%9b%e5%ad%90%ef%bc%88%e3%81%9d%e3%81%ae%ef%bc%91%ef%bc%89

今度の新曲は、所属事務所「ティアンドケイ・ミュージック」の先輩歌手・坂本冬美が2001年にリリースしたアルバム「冬美ルネッサンス」と2003年にリリースしたシングル「気まぐれ道中」のカップリング曲として発表された曲のカバーで、軽快なリズムに乗った元気の出る人生応援歌だ。

 この日は、抽選で選ばれた13人のファンも参加。大勢の報道陣が詰めかける中、「いつもとはまた違った雰囲気で私の新曲をお届けいたしますので、どうぞじっくりお付き合いいただいて、歌唱のあとは、皆さんと一緒に座禅を組んで心を一つにしたいと思っています」と笑顔であいさつし、新曲「待ったなしだよ人生は」とカップリング曲「ぞっこん」の2曲を披露。

%e6%a3%ae%e5%b1%b1%e6%84%9b%e5%ad%90%ef%bc%88%e3%81%9d%e3%81%ae%ef%bc%92%ef%bc%89

その後、別室に移って座禅を体験。同寺の僧侶から座禅の組み方の指導を受けながらファンと一緒に座禅に初挑戦。しばらくの間、真剣な面持ちで無の境地に入って瞑想に耽っていた。

座禅が終わって、「今日が新しいスタートなので、座禅を組ませていただいて、気持ちがぎゅっと引き締まったような感じです。邪念を捨てて、無になって座禅を体験させていただきました」と感想を述べた。

久しぶりの新曲に「うれしかったですね。曲調も自分にぴったりだなと思いましたし、うれしい気持ちとワクワク感がありました。レコーディングも久しぶりだったので、緊張しました。でも、徐々に感覚が戻ってきて、スムーズに歌うことができました」。

%e6%a3%ae%e5%b1%b1%e6%84%9b%e5%ad%90%ef%bc%88%e3%81%9d%e3%81%ae%ef%bc%93%ef%bc%89

新曲の2曲とも坂本冬美のカバー曲で、「最初は、冬美さんの曲だとは知らなかったのですが、いい曲だなと思いました。歌詞が、いまの崖っぷちの自分にぴったりだなと。約3年ぶりの新曲ですので、再デビューのような心境で、また新たな気持ちで頑張りたいですね。冬美さんからは『愛ちゃんらしく歌ってね』と言っていただいたので、その言葉通り私らしく歌えたらいいなと思います。冬美さんに勝てるところは若さぐらいしかないので(笑)、思いっきり声を出して歌っていきたいですし、生意気ですが、冬美さんよりもヒットさせたいですね」。

また、「いま13年目ですので、少しでもいい結果を出したいですし、名付け親の猪木さんにそろそろビンタをしていただかないと…。座禅の次はビンタですね」と話していた。

 9月11日に「NHKのど自慢」に出演。10月1日から同26日まで東京・明治座で開催の「歌手生活30周年 坂本冬美 特別公演」にも出演。「お芝居は13歳の女の子の役で、冬美さん演じる一座の座長のお世話係です。この新曲も歌わせていただきますので、ぜひ見に来てください」。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
夜桜演歌まつり(その1)
■長良グループ主催「第20回夜桜演歌まつり」が東京・杉並区で開催。山川豊ら全11組が競演、全24曲を熱唱

毎年恒例の演歌の一大イベント「第二十回・長良グループ 夜桜演歌まつり~

山内惠介(その1)
■山内惠介が47都道府県コンサートツアーを4月11日の東京・中野サンプラザからスタート。公開リハーサルを

昨年は、「NHK紅白歌合戦」に4年連続出場を果たし、今年3月6日発売の

山川-豊(その3)
■山川豊が「三重テラス」来館者350万人達成記念ご愛顧感謝キャンペーンのコンシェルジュに就任

自身初となる故郷・三重県を舞台にした最新シングル「今日という日に感謝し

坂本冬美(その2)
■坂本冬美が51歳最後の日に恩師・猪俣公章さんの生誕80周年記念作品を全10曲熱唱。マルシアとデュエットも

最新シングル「熊野路へ」がロングヒット中で、3月30日に52歳の誕生日

辰巳ゆうと(その3)
■辰巳ゆうとが東京・赤羽会館で初のワンマンコンサート。600席のチケットはわずか1分で完売

「力いっぱい、演歌です!」をキャッチフレーズに昨年1月17日「下町純情

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる