*

■三代沙也可が江の島で新曲「逗子の恋港」発表ライブ&大ヒット祈願。湘南3部作で10万枚突破

公開日: : ニュース

1月13日発売の23枚目の最新シングルで、〝湘南3部作〟の第3弾「逗子の恋港」(詞・志賀大介、曲・伊藤雪彦、発売・キングレコード)がロングセラー中の演歌歌手・三代沙也可(56)が17日、神奈川・藤沢市の岩本楼で新曲発表ライブを開き、江島神社で大ヒット祈願を行った。

三代沙也可(その1)

2014年3月22日に「江ノ島ひとり」を発売し、2015年3月25日に第2弾「鎌倉恋歌」、そして今回の「逗子の恋港」で〝湘南3部作〟が完結。

三代沙也可(その2)

 今回は、その湘南3部作が合わせて10万枚を突破したことに感謝して、「江ノ島ひとり」の新曲発表会(2014年7月2日実施)と同じ「岩本楼」で新曲発表ライブを開催し、合わせて江島神社でさらなるヒットを祈願することになったもの。

三代沙也可(その3)

 「東日本大震災のあと、落ち込んでいた私に伊藤雪彦先生が『気晴らしに江の島にでも行ってみるか』と誘われて江の島に来て以来、すっかり江の島の美しい景色と人の温かさに魅せられてしまいまして、先生に『ぜひ江の島を舞台にした歌を歌ってみたいです』とお願いしたのがきっかけで、『江ノ島ひとり』を歌わせていただくことになりました。そして、『鎌倉恋歌』に続いて、今回も私の好きな『逗子』を舞台に、志賀先生と伊藤先生に作っていただいたのが『逗子の恋港』です。徳冨蘆花の小説『不如帰』をモチーフにした悲恋歌ですが、その湘南3部作が完結し、新曲発表ライブを私の大好きな江の島のこの『岩本楼』さんでやらせていただけてとても幸せです」

三代沙也可(その4)

 そんなお気に入りの江の島にある老舗旅館「岩本楼」に約100人の熱烈なファンが詰めかける中、新曲「逗子の恋港」をはじめ、「江ノ島ひとり」「鎌倉恋歌」、同じレコード会社の故先輩歌手・三橋美智也さんの「おんな船頭唄」「哀愁列車」、ギター伴奏で昭和の名曲から「船頭小唄」「波浮の港」、それに伊東ゆかりの「小指の想い出」など全19曲を熱唱した。

三代沙也可(その5)

 大ヒット祈願では、師匠の作曲家・伊藤雪彦さんも駆けつけ、「三代沙也可のおきゃんなところ、情熱的でありながら寂しがり屋なところ、そんな部分が引き出せるようにと作曲しました。いまCDはなかなか売れない時代ですが、そんな中でこの3部作を10万枚も売ったのは、僕の弟子でありながらたいしたものだなと思います」と絶賛。

三代沙也可(その6)

 三代は「この8月でデビュー25年目という節目の年を迎えさせていただきますが、新曲『逗子の恋港』をぜひ私の代表作にしたいです。3部作の中でも『逗子の恋港』が一番人気がありますので、まずは10万枚を目指して頑張って歌っていきたい」と話していた。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
■ムード歌謡の貴公子・タブレット純がデビュー20周年記念リサイタル。5月11日に20周年記念シングル「百日紅」発売

 ムード歌謡の伝説的グループ〝和田弘とマヒナスターズ〟の最後のボーカ

■田川寿美が東京・花園神社でデビュー30周年記念曲「雨あがり」のヒット御礼詣で&さらなる飛躍を祈願。7月6日には新曲「白秋」も発売

 1992年に「女…ひとり旅」でデビューして今年で31年目を迎えた演

■門松みゆきが出身地・小田原市で3年ぶりに復活した市内最大の観光イベントの「武者隊パレード」に足軽に扮して参加。

 デビュー4年目を迎え、5月25日に第4弾シングル「彼岸花咲いて」(

■おかゆがニューシングル「赤いひまわり」発売を記念して東京・池袋でミニライブ配信。自ら出演のMVフルバージョンも同時公開

 メジャーデビューして4年目を迎える平成のおんなギター流し&シンガー

■水森かおりが福井・若狭町に4月21日オープンの桂由美記念館のオープニングセレモニーにサプライズで登場。6月発売の「九十九里浜」タイプC・Dのカップリング曲に福井県が舞台の曲と初のブライダルソングを収録

 今年でデビュー27年を迎え、千葉県を舞台にした最新シングル「九十九

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる